このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
兄嫁は一生、私のあなたに借りがある
 
2014年11月29日 8時14分の記事

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


私の3歳のあれで、両親は交通事故が死亡しました。兄は私と暮らし。日過ぎるのが辛いけど、兄の愛が、私は過ごした幸せな子供時代。まさか、十二歳、1度の鉱山事故も奪った私の唯一の家族は、兄も私を殘した。その時、兄嫁さっき家に嫁いで。

送っていたが、ある人に兄嫁縁談相手は死んだ妻の食肉処理業者、家庭の暮らし向きはいいし、人も丈夫。兄嫁は聞いた一言、「明ちゃんを連れていいですか」あの赤い服を着ます戴緑のおばさんは二度と訪れない。その後、また何家が相次いで来縁談、義姉はいつも要求を持って、暁明できて、さもなくばだめ。

兄嫁は裕福な家の娘で、当初は兄貴に嫁いで、家族の反対されても、彼女と手を切るのに、兄嫁は嫁に来て、彼女の人柄を重視するのは兄貴。

兄貴が亡くなった後、義姉さんが家族に罵倒され追い詰め、彼女は早く再婚、彼女はそれでは横暴な弟もない私たちの家と焼き。兄嫁はその言葉を、「再婚、アキラに持っていかなければならない。」おしとやかで美しいにもかかわらず兄嫁が、誰の家はまた彼女を引っ張ってたい荷物嫁の過去か?彼女の家は人気て足を踏み鳴らすも、少しの往来。

兄嫁は1家の縫製工場に出勤して、一ヶ月が100元、時々工場で効率よくない、たまった粗悪な服装で充作賃金。あの時、私は正念中学校、毎月少なくとも三四十元で。兄嫁はこれまで私を待たない開口要していつも自発的、私に聞いて、「明ちゃん、お金がないでしょう」言いながら私に向かってお金をポケットに詰め込んで、「省から花が、この花の時は省長は、身体を打点ご飯を食べ。」

私は一つの専用ノートが記されている義姉たびにしてくれたお金は、日付と数もはっきりしている。私は、お金を稼ぐなど私が成長して、きっとよくなるの恩に報いる。

試験の前に、私は兄嫁は「嫂、私が受けた中等専門学校、早く出て仕事。」兄嫁と聞いて、怒りに私を見て、「あなたはどうしてこんな、あなたは将来大学の受験。だめだ、私に改めた。」翌日、兄嫁否応なしにに引っ張って行って先生はあえて誌望、直して。

私は顺調に合格した県の重点高校、義姉知らせ、豊富な夕食を祝う「明よく本を読む、兄嫁争い口調。」兄嫁はとても楽で、私がとても重い。

翌日、義姉は腫れて目。私は彼女に聞いてどうしたの?兄嫁ハスキーと言いましたが、大丈夫、さっき砂を突っ込んが目に入った。急いで顔を洗うと水汲み。第三日彼女は弟に来て皮肉彼女に、私はやっと知っていて、義姉は私に調達のために学費、行方が実家に借金、実家人追い返して。

兄嫁はまだむくみの目を見て、私は「義姉さん、私は本を読まない、今証書もあんなに重要で、多くの工場は学歴が何を求めて……」私はまだなどの話を最後に、兄嫁の平手電話した、「読まなくても読むように、まさかあなたの兄にマイニングですね!」兄嫁は私に向けて大声で怒鳴り込ん。兄嫁はずっと温和な人で、それは私が初めて会って彼女が怒る。

その時間、義姉はいつも遅く帰った、帰ってくるたびにも提げた大きな編み袋、疲れ果てます。私は彼女に聞きます袋に入っているのか、ずっと見ててくれないの兄嫁。ある晩の学友の家まで本を取り、遠く見える街燈の下でしゃがんでおなじみの姿に敷いて、ひとつの白布、上がいっぱい置いてみて、针头线脑なんて。は兄嫁。

私は歩いて「を」兄嫁と、遠くには彼女を見ていて時に身を他人との駆け引きを下げたり、システムの钱理をもか。薄暗い照明の下に、兄嫁の目に希望の光に輝いている。

11時半、兄嫁こそ持って編み袋、大口あえぎながら、疲れ切った顔をして、いっぱいの笑顔はさける。私を見て座って本を復習する、歩いて私の頭をすこし触って、「明ちゃん、おなかがすいたでしょう?兄嫁は料理を作って食べさせて。」私は彼女を背にうなずいて、彼女は私を見て涙目に余る。

あの夜、兄嫁でぶっ倒れ台所に。私の耳に入って台所轟音とともに後、彼女側地の上で横たわって、顔色が愬鬚ぁ私は彼女を背負って急いで病院へ。

医者が言うには兄嫁から栄養不良貧血に加え、過労が原因失神。私は病院で彼女を配慮し、兄嫁轟てきて、「早く帰る課業を復習する、学校が始まって、高い1のとても重要な年。」

兄嫁が住んでいた一日院から帰りましたが、まだ愬鬚ご蘓Аしかし彼女はいつも通りに出勤し、夜は提げたそれだけで編む袋に露店を並べる。私は本当に我慢できないで、走りを編む袋を奪って。兄嫁は知っている私が見つかりました彼女の秘密、笑顔は私に、「暁明は、もう少し、更に稼ぐ少しだけでいい。」そう言ってなめらかに私の手に持った編み袋から斜めに入って、肩の夜。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/caomei/313030
くる天
プロフィール
caomei123 さん
皆(o’ω’o)ノオツカレサマ〜☆
地域:北海道
性別:女性
ジャンル:日記 20代
ブログの説明:
ライフ、健康、恋愛などの雑談です。
カテゴリ
全て (51)
アクセス数
総アクセス数: 8490
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 2
RSS
最近の記事
12/07 08:14 初冬の雨が降りました
12/06 08:44 骨の啓示
12/05 08:36 初対面の男の子?
12/04 08:57 暖かい女子として、そっと笑って、淺い愛
12/03 08:29 病気の夜、病気の小儿
12/02 08:09 明日こんにちは
12/01 08:25 病気で荒れ、病
11/30 08:07 吾の心、吾が思、我が語、吾記
11/29 08:14 兄嫁は一生、私のあなたに借りがある
11/28 08:41 一言一言一情、一感
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved