このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
「今」について感じること
 
2013年10月26日 14時1分の記事

未来 過去 今

未来や過去はいつも一緒にいるような気がするけど
実際にはないよね

未来をイメージして引き寄せることはできる
でもそのイメージを作ってるのは過去のデータだったりする

今だけのことを感じると幸せ 瞑想ってそういうことかな?と思った

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


瞑想中は「今」を感じているみたい
それは過去が作ってきた概念や制限のない世界なんだと思う

瞑想中はとても幸せだ
固定概念や制限がなくて自由だからだと思う
それが魂の感覚なのかな?と思う
今ここにいるのは魂だと感じるんだよね
今存在するのは魂と身体
わからないけどw

未来はまだ起こっていない
イメージすると現実になる それが引き寄せの法則なんだと思う
三次元ではとても役にたった
お金や地位や物質ややりたいことをやるのに役にたった

でもこれからの未来は本当に想像を超えるものがいい
だからイメージしない

イメージには制限がかかるから

今しかないってよく言うけど
実際にはないもんねw


あるブログに過去のことが書いてあってコメントさせていただいて
今気が付いたこと
ありがとうございます

でもあたしはよく過去を利用する
一個前を振り返って今に足す フィナボッチ数列の応用だw

そうするときれいな型になるからw
人間の型 お花や貝の型 自然のエネルギーの型

それが今は楽しいし役にたつ

本当は過去は必要なくて限界のない今を積み重ねた方が美しいのかもしれないね

フィナボッチ数列でできた型が美しいと思うのは それ以上を知らないからかもしれなくて
あたし達を型づくっている数列、銀河を型づくっている数列だからで
型がなくなるとそれはなくなる

それ以上に踏み込むタイミングにそれはいらなくなるのかもしれないな

でも進むとは 本当の自分を思い出すこと
進むって未来っぽいし
思い出すって過去みたいだよね
故郷に帰るというのもそう

でも瞑想を「今」を重ねるたびに近くなって行くような気がする
本当は「今」に全部が備わっているのかもしれないな

魂には全てが備わっていると思う
全ての魂は充分だ

それと同じかもしれないなぁなんて思ってた

魂の記憶について考えたりするけど
それは記憶ではなくて魂の存在そのものなんじゃないかな?


感謝 愛

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(新着順)
1. 2013年10月26日 16時24分 [返信する]
こんにちは!いつも拝見させていただいています。ブログコメントありがとうございました!フィナボッチ数列、数学に弱い私は理解するのが難しかったですが、見て感覚的に、美しいと思いました。そして、『魂の記憶は、魂そのもの』この言葉、なんだかすっとしました。私もそんな気がします。
いろいろなヒントをありがとうございます。
これからもよろしくお願いいたします。

 ■このコメントへの返信■
1. 花まる 2013年10月26日 17時48分
彩さん
コメントまでありがとうございます(*^^)v
彩さんの記事がきっかけで「今ここ」な感じです
ありがとうございます
あたしも数学は全然わかりませんw
でも黄金比は感覚的にうつくしいと感じる
そういうシステムになっているのだと思います
これからあたしたちはそこを超えるのでしょうね
これからもどうぞうおろしくお願いいたします


 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:


くる天
アクセス数
総アクセス数: 314247
今日のアクセス: 6
昨日のアクセス: 90
RSS
プロフィール
夢とリアルと魂の進化-ブロくる
花まる さん
夢とリアルと魂の進化
地域:北海道
性別:女性
ジャンル:美容・健康 心と身体
ブログの説明:
自分自身の魂の進化、次元上昇を実況に近い形で記録しています。
その時感じたことを、そのままに書いちゃってます。
これはあたしの世界です。自分用のメモです。
ピュアインスピレーションを愛読させていただいています。
カテゴリ
全て (1508)
ブログ内検索

ランキングバナー
カレンダー
<<2013年10月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved