このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
イタリア語体験レッスン3
[パオラへの手紙]
2009年7月29日 23時38分の記事

これは受け狙いではなく、真面目に、真剣に、一生懸命に書いた
イタリア語作文集です。

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


E per di piu`…

"Ah, e` un Italia del nord, eh?"
"L'hai a schifo?"

Trasalisco!!

Angelo era informatissimo dei segreti altrui!

Ho pensato che lui avesse l'orecchio fine come
Syoutoku-taishi, un principe d'Epoca Asuka.

"Crediamo che lui abbe un potere soprannaturale!!"

Syoutoku-taishi(572-622)

Si dice che lui pote` sentire le parole che dissero
tante persone in una volta.

Comunque ho deciso di frequentare quella scuola a Aoyama.
Adesso ci vado il sabato mattina.

Ma il mio insegnante non e` Angelo, si chiama "C", e` piemontese.

----------------------------------------------------------------

その上…

「あー北イタリアなんだね〜?」(他の生徒との会話中)
「嫌いですか?」(遠くからアンジェロが声をかけて…)

吃驚!!

アンジェロは地獄耳だった!

彼は飛鳥時代の皇子、聖徳太子の様に耳が良かった。

聖徳太子は、沢山の人が言っていることを一度に聞くことが出来たと
いわれているの。

「彼は超能力者だった信じられているの」

とにかく、その青山の学校に通うことに決めたの。
でもね、先生はアンジェロじゃなくて、C先生といってピエモンテ人よ。

(現役の先生なので、悪いから名前は伏せておきます)

-----------------------------------------------------------------
余談ですが、聖徳太子はかなり作られた人物像で、厩戸皇子という
皇子は実在したものの、伝えられているような聖徳太子は存在しな
かったという説があるんです。

誰かにとって、聖徳太子というパーフェクトな人物を作り上げ
る必要があったわけで、そこに古代日本は権謀術数うずまく混沌
とした時代だったことが窺えます。




このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。
コメントするにはログインが必要です。


◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/italy/83024
くる天
ランキングバナー
プロフィール
イタリアのはなし-ブロくる
まあと さん
イタリアのはなし
地域:埼玉県
性別:女性
ジャンル:日記 一般
ブログの説明:
イタリアのこと、いろいろ思いつくまま書いてみます。イタリア人が見たら笑っちゃうイタリア語の作文と日本語訳もあります。
カテゴリ
全て (94)
トリノ (22)
うさこ (9)
職場で (0)
宿題のレポート (0)
サッカー (15)
パオラへの手紙 (11)
リンク集 (2)
イタリア文化 (11)
カレンダー
<<2009年07月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
フリースペース
東京目黒区のお勧めホームページ作成業者(個人事業)
SEOコンサルティング(東京のSEOコンサルタント)
個人事業者のHP制作ブログ
ホームページ運営のコツ
SOHOのHP制作ブログ
東京のHP製作(SOHO)
アクセス数
総アクセス数: 73371
今日のアクセス: 7
昨日のアクセス: 17
RSS


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved