このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
切手買取事情-ブロくる
ji-ta さん
切手買取事情
地域:富山県
性別:女性
ジャンル:趣味 コレクター
ブログの説明:
最近、流行の切手の買取について書いていきます・・・
カテゴリ
全て (2023)
アクセス数
総アクセス数: 80200
今日のアクセス: 18
昨日のアクセス: 33
RSS
古い葉書や書き損じた葉書を郵便局で交換し
 
2021年11月30日 10時6分の記事

古い葉書や書き損じた葉書を郵便局で交換しますよね。


そのときは切手と交換すると、買取が有利です。


コツとしては、専門の業者に持ち込んだとき高く売れるように手数料を払ってでも、シートにまとめて引き換えるよう郵便局で引き換えるのがポイントです。


切手を買い取ってもらうときは、お店によって買取価格が異なることを頭に置いて、できる限り多くの業者の目を通し一番高い査定額のお店に売却すると良いでしょう。


もう使わない様な切手を買い取ってもらいたい場合もあると思います。


その様な時には買取業者に送りそこで査定をしてもらうというやり方もあります。


活用されていないなら是非売りましょう。


予想していたよりも高値の物があるかもしれません。


是非試してみましょう。


父にとって、生涯の楽しみだった切手が遺されてしまいました。


うちに置いておくより、処分した方がいいと思います。


シートでまとまっているものも、そうでないものもあるので買取が一度で済めば大変ありがたいです。


おそらく状態はとてもよいと思うので父が好きだった切手を、欲しいと思う方に渡せるようにしたいです。


思えば、多彩な切手を集めていたのですね。


毎年、梅雨の時期にはカビが気になります。


今年はラッキーなことに目立った被害もなく掃除が終われそうだと思ったら、在りし日の父が整理していた切手シートやバラ切手、記念切手類も含め多種の切手アルバムの束を発見しました。


一見、傷みなどはないように見えますが、今後もうちで保管した場合、質が落ちてしまいそうな気がします。


いずれ近いうちに、買取に出してしまってもいいタイミングが来たのでしょうか。


お住まいに送られてきた郵便物にあっと驚くような値打ちがある切手が貼ってあることもあります。


もしもそんな切手ならば、ぜひ買い取ってもらうことを勧めます。


既に消印がついていても構いませんが汚れていない未使用の切手に比べ低い金額で買い取られることになります。


貴重な切手があるのなら、売買に出してみましょう。


驚くほど高値で売れる切手がある可能性もあります。

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved