このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
40億年前から地球を訪れていた宇宙人;あなたは宇宙人の子孫です
 
2012年1月5日 22時28分の記事

あなたはUFOが地球に来ていると思いますか。
宇宙人が地球に来ていると思いますか。

私は、UFOに乗った宇宙人は古代から何回も地球に来ていたし、今も来ていると思います。

その証拠は?


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


それは、あなたです。

私たちは、過去、地球に訪れた多くの宇宙人の子孫であると思います。

「真地球の歴史」 足立育朗 著 によりますと

宇宙人の地球への移住は

第一次―第一期=約40億年前・・・現在の地球より500年進んだ文化

ケフェウス座のクモス(CUMOH)星の人々でした。
クモス星は159億年ぐらい前に誕生した、現在の地球より100万年位宇宙の仕組を理解している度合いの進んだ、調和のとれた文化を持った星です。
約40億年前の当時は現在の地球より500年位進んだ文化を持っていました。
現在の地球から3万5500光年離れた銀河の重心近くに存在しています。
約40億年前は地球が今の場所にテレポーテーションする前で銀河の重心近くにありましたので470光年位の距離しか離れていませんでした。
1100年にわたり、延べ800万人のクモス星の人々がUFOで訪問し、地球を視察し調査をしましたが、その頃の地球の状態は原始生物のみで、海はありましたが、空気は現在の地球の2%で、95%がCO2、地表面の平均温度は6℃でしたので、この時は移住せず、調査の段階に留まりました。

第一次―第三期=26億4000万年前・・・宇宙船で地球に着陸した人達

獅子座レグルス星より、レグルス星は100億年前に誕生し、現在は今の地球より500万年位進んだ文化を持っています。
その当時は地球の今の文化より500年位進んだ文化でした。
50万人ぐらいの人々が約50年かけ8000人乗りのUFOで延べ60艇を使って毎年移り住みました。
移住してきた人達はレグルス星がテレポーテーションするにあたり、準備の整っていなかった人達でした。本人達の了解の上で移住してきました。
そして、現在のアジア大陸のモンゴル共和国のあたり、80ケ所に分散して生活を始めました。
また、その頃の地球のこの地域には27億年前に発生した地球生まれで地球育ちの人々が10万人位存在していました。いわゆる原始生活であり、火を使用する段階には至っていませんでした。地球全体では150万人位でしたが、レグルス星人との文化の差が大きかったため交流はありませんでした。
モンゴル地域の原地球人は約70万年後に500万人ぐらいの人口になり、その文化は現在の地球の文化より遥かに進んだ状態となり、宇宙の全ての現象が波動であることを理解していました。乗り物も重力をコントロールする方法で移動するものが開発されていました。地球全体で3億人まで増加し、6000ケ所の地域に広がり各々独自に発展していましたが、宇宙の法則をネガティブの方法論とポジティブな方法論がぶつかり原子核戦争で絶滅しました。
一方、レグルス星人も11万6000年後に250万人位になりましたが、やはり、原子核戦争で絶滅しました。
この期間を通じ原地球人とレグレス星人はお互いの存在は知っていましたが、一切交流せずに終わりました。
これが地球に存在した最初の文化と呼べるものです。

以下、4期〜8期、第二次―第1期〜第6期

直近の第二次第7期=6万年前・・・原始核戦争で全ての文化が壊滅する

現在は、第二次第8期=1万年前に惑星連合の大規模な調整計画の下に行われ、8つの星座と1つの惑星から100年をかけ、各星1000万人ずつ、合計9000万人が地球の各地域に移住しました。
移住した他星人たちが地球人種と交流することはありませんでした。
5000年の間に9つの大文化を生み、人口は地球人8900万人を含めて地球全体で32億8600万人となりました。
これらの文化は少なくとも現代の地球文化より平均400年以上は宇宙との調和がとれて進んでいたにもかかわらず、このようなグローバルな大文化が5000年前ほとんど30年くらいの間に壊滅してしまいました。原因はやはり原子核戦争でした。
このときの生存者は他星人6500万人と地球人1400万人の合計7900万人でした。
この人達が現代の私たちの祖先であり、戦争以前は交流の無かった両者が新たに交流を開始し、今日70億人まで増加したのです。

この第二次第八期の最終移住は他の移住と異なる大きな特徴がありました。
それは移住してきた他星人たちは全員が惑星連合の計画によって何らかの人工的な処置が施されているアンドロイド(ヒューマノイド)であったということです。

その後、宇宙からの移住はありませんので現代の地球人の原点は1万年前に移住した8つの星座の34種類の星人と唯一の太陽系惑星人である金星人の計35種類の宇宙人と各地域で生活をしていた地球人との混血人種であると言えます。

以上「真地球の歴史」より

どうでしたか。

皆さんは宇宙人の子孫であることがわかりましたか。
しかも、その先祖である宇宙人は惑星連合により人工的な処置が施されたアンドロイドであったとの事です。
過去の幾度もの地球移住の結末が原子核戦争で絶滅か壊滅状態になり失敗してきたため、この度はそうならないように人工的な処置が施されたのではと思われます。

どうも、私たちは世界支配層でなく惑星連合の管理下にあるようです。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. ming 2014年9月16日 10時27分 [返信する]
レグルス星人とは97年から縁あります。
身長90センチで手が小さい。
かわいい感じがします。

たくさん50人ぐらいで宇宙船にいるようで
すが、活動は3人一組で行っているとおもいます。14年に会う約束していましたが
どうなるかな?
 

 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katukan01/190254
くる天
最近の記事
08/25 00:24 闇の勢力が支配する古い世界に気を向けるのはやめましょう!:その世界はもうリセットされます、そして、もっと自由で解放された「黄金時代」を迎えます、すぐそこです!
04/14 14:13 新ブログ「ピュア・インスピレーション」のご案内
04/01 11:00 宇宙と伴にある存在であれば;リスクは何も無い、美しい地球も永遠です
03/31 20:59 NWO計画か、緩やかな世界統合か、アセンションか、テレポーテーションか;どれが宇宙の真理だろう?
03/30 22:38 他者をコントロールすることは最大の罪悪だ!;最も簡単に変化する方法は「捨てる」ことです;「アセンションへの道」(2)
03/30 22:17 現地球人類にとって必然か、選択か「アセンションへの道」
03/30 00:26 スライブが4月5日から無料で見られるようです!
03/30 00:00 ジョ-ジ・ソロスが現行犯逮捕されていた!
03/29 21:47 やはり、五次元に上昇したほうが面白そう!;思いやり、許す心、愛する心、楽しむ心、罪悪感を捨てることができればOK!
03/29 21:08 宇宙人の存在を発表し、豊饒化システムを稼動、人類を解放する「NESARA」
最近のコメント
世界中が知り始めた「311が日本攻撃のテロであった事実」(経済力で勝利する)
世界中が知り始めた「311が日本攻撃のテロであった事実」(Kayo Holden)
NWO計画か、緩やかな世界統合か、アセンションか、テレポーテーションか;どれが宇宙の真理だろう?(Kayo Holden)
世界中が知り始めた「311が日本攻撃のテロであった事実」(日本のために)
40億年前から地球を訪れていた宇宙人;あなたは宇宙人の子孫です(ming)
世界金融支配者?ジェイコブ・ロスチャイルドは日本の味方だ?(シオン・ナーシー)
世界中が知り始めた「311が日本攻撃のテロであった事実」(・・・)
宇宙人の存在を発表し、豊饒化システムを稼動、人類を解放する「NESARA」(自然児)
アメリカの恐ろしい真実;「狂ったアメリカ」の実態(林 一人)
やはり、五次元に上昇したほうが面白そう!;思いやり、許す心、愛する心、楽しむ心、罪悪感を捨てることができればOK!(Joji)
カレンダー
<<2012年01月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
カテゴリ
全て (273)
プロフィール
勝寛舟3 さん
美しい地球と伴に
地域:徳島県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
地球という名の牢獄にしないために
自ら「洗脳」を解き・・・
「気づき」、「目覚め」、「覚醒」し、超天才になりましょう!
RSS
ブログ内検索

携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
アクセス数
総アクセス数: 733972
今日のアクセス: 71
昨日のアクセス: 93


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved