このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
国民の生命・財産を守るべき危機管理能力がマイナス状態の日本政府
 
2012年1月29日 17時39分の記事

私は昨年12月24日〜27日に
首相官邸、厚労省、文科省、東日本震災対策会議宛てに
「放射能内部被爆対策について、今日、極めて有効と思われることを知りましたので要望します」
との要望をメールしました。
http://blog.kuruten.jp/katukan01/189158
「放射線健康対策は厚労省では無く文部科学省の所管?」

そして、その厚労省からの回答は以下の通りです。


【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


「厚生労働省ホームページをご利用いただきありがとうございます。
お寄せいただいたご要望について拝見いたしましたが、放射線に関する健康対策につきましては、文部科学省の所管になりますので、そちらへご要望いただけないでしょうか。
大変申し訳ございませんが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。」


首相官邸ホームページ「ご意見募集」コーナー担当からは

「厚生労働省大臣官房総務課行政相談室(※こちらは送信専用アドレスになります)ご意見等を受領し、拝見しました。
  首相官邸ホームページ「ご意見募集」コーナー担当」

文科省、東日本震災対策会議からは無回答でした。

この東日本大震災の対策の仕事の分担はどうも「内閣府」が決めているようで、放射能被害による健康対策の担当が文科省であるとのことです。
国民の健康に関わることですから、当然「厚労省」が担当するべきことであると思いますが文化省が主管するようです。
まるで担当能力が無いところに担当させているように思われます。
これらのおかしな業務分担は、正常な効果が期待できないようにわざわざ仕向けているようにも勘ぐられます。
例の、首相官邸に常駐していると言われている、アメリカから派遣された放射能専門家の指図どおりにしているのでしょうか。

いずれにしても、現在の日本政府は、「国民の生命と財産を守る」という国を構成する基本的な能力から程遠く、危機管理能力にいたっては、むしろマイナス要因にさえなっていると言わざるを得ません。

その主な要因を挙げると
1.「311テロ」を防げなかったこと。
※色々なネット情報や書籍から判断すると「311テロ」は「911自作自演テロ」を仕掛けた同じ連中が起こしたものであり、人口地震兵器を使い大地震と大津波を起こし、福島第一原発3号機の核爆発は仕掛けられていた超小型原爆の爆破であったと思います。いわゆる「トモダチ」と称している輩の極めて不当な日本攻撃であると思います。
2.テロ後のリスク対策が極めて甘かったこと。
3.放射能災害に対する知りえた情報は海外には送ったが、直接被害を受ける国民には隠蔽したこと。
4.それまでの放射能安全基準を、それまでの数十倍〜数百倍に改悪し「ただちに健康に影響は無い」と騙し続けていること。
5.その後の対策会議、対策組織が極めていい加減であり、意識的に復興や再生を遅らせ被害拡大を助長させていること。
6.ドイツなの海外から指摘されている「放射能希釈の禁止」対策をとらず、希釈政策により放射能被害を全国へ拡散させていること
7.これらの対策会議の議事録を意識的に全て記録しなかったこと
などなど、本来、当然しなければならないことをやらず、国民に知らせなければ成らないことを知らせず、むしろ、対策の遅れや被害の拡大、解決することをより困難になる方策を行い、犯罪的行為の証拠隠滅を行っております。

このように、現在の日本政府は、世界支配層が画策する「政府の信用を無くす」、「政府と国民を分断」する、そして、支配する。
その計画を忠実に実行している姿そのものです。
これらの政策以外の、「消費税の増税」、「TPP加盟の推進」などから、日本国の利益、国民の利益や安全に逆行する政策からも裏付け出来ます。
もはや日本政府に頼ったり期待出来る段階ではありません。
期待すると大きな間違いに繋がり命さえ失いかねません。
国民は自らの生命と財産は自らで守るしかないようです。

ネットで「飯山一郎」さんや多くの方々が体内被曝の放射能物質のリスクを回避することが可能であると、昨年来、多く指摘されていますが、行政はそれらの意見を全く無視しているようです。
これらの意見を真剣に取り入れ検証していれば、遅くとも昨年の9月ごろには実証できたハズです。

以下、「つむじ風」さんのブログより
「http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2012/01/post_1397.html
微生物でセシウム除去可能性とその原理
乳酸菌による放射能除去
あるいは
光合成菌、そして、酵母菌・・・・etc.による放射能除去?!
何故? それらを即、取り組まないのか??!
取り巻きの学者が頭が悪いのか、それとも、
やっぱり、利権以外の排除原理か?!

 
 生体内の原子転換というと、トンデモ科学扱いかも知れない。しかし、これは多くの実証がある。

広島国際大学の佐々木教授等の実証もある。
【転載開始】
放射性物質 微生物で回収 劣化ウラン弾処理 視野 広島国際学院大と関西の企業との研究グループ
(08年3月 4日)


<本文略>【転載終了】


 お馴染み飯山一郎さんは、乳酸菌放射能対策を力説しておられる。力説と言うより、絶叫かも知れない。

 にもかかわらず、実際、フィールドでそれがなされている情報は全く聞かない。表土をはぎ取るだの、洗い流すだの言った話ばかりである。これはどうしたことか?


 徐染とは、そう言う意味かも知れないが、『消滅』が良いに決まっている。そして、それは可能性が見えてきているのである。方法論は様々な違いがあるだろうが、叡智を結集すれば、最大効果を発揮する技術は、早急に打ち立てられるはずである。

 何故、それをしない??
 利権か? 人体実験か? はたまた、放射能被害そのものを矮小化し通す腹づもりであろう。放射能被害は、『本当は存在しない。』事にしておかないと、賠償問題、原子力政策に多大な影響をもたらすと危惧しているのだろう。
 それこそ、棄民、被害無視政策であろう。
 そこで、この原理を確信するには、少しの理解が必要だ。
 生体(微生物)内では、放射能が短時間で原子転換して、放射能がなくなるのである。その原理は、分かりやすく言うとこうである。
 生体は電子の渦である。死ねば、それはない。
 やがて酸化腐敗してしまう。生体は腐らないのは酸化しないからである。電子が不断に供給されているからだ。その根源は生体エネルギーと考えられるが、そんな議論をしても、生体エネルギー自体を特定出来ないので、議論がかみ合わない。そこで、唯物論で解説しなければならない。(共鳴原子力電池)

 そのすぐれた解説は以下である。転載記事の後に転載する。
 結論を言えば、放射能の物理的半減期は単なる物理学上の机上の空論であって、生体理論においては、一瞬にして、如何なる放射能と言えども消滅すると言うことになる。

 これはあの爆心地、広島、長崎に今セシウム・ストロンチウムを見いだすことは出来ない。ビキニ環礁に置いてすらであろう。だから、大局的には福島においても同様なことが言える。
 問題は、その間に人体が蝕まれること、内部被曝の被害を最小限に押さえ込むことにそうした実証原理を活用しようとしないことだ。知らないはずはなかろう? 認めたくないだけだろう。
【転載開始】微生物でセシウム除去 いわきの会社、水浄化装置を開発

微生物を使った放射性セシウムの除去装置と菅波社長
 福島県いわき市の排水処理施設製造「タオ・エンジニアリング」などは、微生物を使って放射性物質に汚染された水を浄化する装置を開発した。実証実験では、水に含まれる放射性セシウムの92%を除去できたという。福島第1原発事故によって汚染された地域での活用が期待されている。

 浄化装置は微生物がカリウムを取り込む性質を利用する。高密度で膜状に密集させた酵母菌などの微生物に、カリウムと性質が似たセシウムを取り込ませる仕組み。
 1キログラム当たり2300ベクレルのセシウムを含む汚染水を膜を取り付けた三つの水槽に通した結果、180ベクレルに低下したという。
 天然の微生物を利用するため、吸着剤を使う浄化装置に比べ低コストで、廃棄物も大幅に減量できる。実験機器の処理能力は1日150リットルだが、大型化も可能。水槽の数を増やせば、除去率も引き上げられるという。
 微生物を高密度で膜状にする技術は、浄化施設製造「ポリテックジャパン」(東京都板橋区)が開発した。実験結果を検証した産業技術総合研究所(茨城県つくば市)とのタオ社の3者で特許を申請した。
 タオ社の菅波耕三社長らは「高濃度汚染水にも活用できるかどうかは、今後の研究課題だが、農業用水や除染排水など数千ベクレル程度の低濃度汚染水には活用できる。放射性物質の除去に貢献したい」と話している。【転載終了】
 何故、生体内で放射能はなくなり、安定物質化するか。つまり、原子転換するか?
【転載開始】放射性セシウムの無害化
2011.08.04

福島原発から「放射性セシウム」55Cs137が東北と関東の大地に放出されています。

たとえばそれが稲わらに付着し、それを食べた牛の肉がセシウムで汚染されました。
別の話ですが、なぜ牛に稲わらを食べさせるかというと、稲わらに固有の乳酸菌が牛の肉をやわらかくしてくれるのだそうです。稲わらも米ですから、米固有の乳酸菌にはいろいろな力があるということです。
そのセシウムの放射能が、バクテリアによって無害化されるという話があります。

セシウムの放射崩壊
まず、ウランが分裂して半分くらいの大きさのセシウムが出来ます。
これは自然界にはほとんど存在しないもので、原発や原爆のウランから作られます。
セシウムは陽子が55個、中性子が82個、合計137個の核子(陽子と中性子の総称)から出来ています。それを55Cs137と書き表します。


電子はマイナスの電気を帯びています。
陽子は電子1個分に相当する量の、プラスの電気を持っています。
中性子は電気的に中性(ゼロ)です。
中性子は陽子1個と電子1個からできているようです(下図)。



この式で電子を左辺に移項すると、中性子−電子=陽子 となります。
つまり中性子から電子1個が放出されると、その中性子はプラスの電荷を持つ陽子になります。

原子核の中の中性子から電子が放出される崩壊の仕方をベータ崩壊と言います。

放射線にはアルファ線、ベータ線、ガンマ線の3つがあり、アルファ線は原子核の破片(アルファ粒子)が飛んでくること、ベータ線は電子が飛んでくること、ガンマ線は強い光が飛んでくることです。

セシウム 55Cs137 はベータ崩壊します。
原子核の中の中性子から電子が1個放出されて、その中性子は陽子に変わります。
すると陽子が1個増えて56個になり、中性子は1個減って81個になります。

陽子の数(原子番号と言います)が原子を決めています。
陽子が56個という原子は、もうセシウムではありません。
陽子が56個の原子はバリウムと言います。

セシウムはベータ崩壊して、いったんバリウムの準純安定状態になり、それからすぐにガンマ線を放出して安定状態のバリウムになります。(下図)


セシウムが体内に入ると、ベータ崩壊して電子が飛び出し、それが細胞を傷つけます。さらにガンマ線を出し、それも細胞を傷つけます。崩壊し終わって安定的なバリウムになると、それ以上の悪さをしませんから、無害になります。

原子核の崩壊は確率的に起こり、100個のセシウムのうち50個が崩壊してバリウムになるのに約30年かかります。これを半減期といいます。セシウムの半減期は約30年で、大地にあっても体内に入っても、半減するのに30年かかります

転載終了

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/katukan01/193437
くる天
最近の記事
08/25 00:24 闇の勢力が支配する古い世界に気を向けるのはやめましょう!:その世界はもうリセットされます、そして、もっと自由で解放された「黄金時代」を迎えます、すぐそこです!
04/14 14:13 新ブログ「ピュア・インスピレーション」のご案内
04/01 11:00 宇宙と伴にある存在であれば;リスクは何も無い、美しい地球も永遠です
03/31 20:59 NWO計画か、緩やかな世界統合か、アセンションか、テレポーテーションか;どれが宇宙の真理だろう?
03/30 22:38 他者をコントロールすることは最大の罪悪だ!;最も簡単に変化する方法は「捨てる」ことです;「アセンションへの道」(2)
03/30 22:17 現地球人類にとって必然か、選択か「アセンションへの道」
03/30 00:26 スライブが4月5日から無料で見られるようです!
03/30 00:00 ジョ-ジ・ソロスが現行犯逮捕されていた!
03/29 21:47 やはり、五次元に上昇したほうが面白そう!;思いやり、許す心、愛する心、楽しむ心、罪悪感を捨てることができればOK!
03/29 21:08 宇宙人の存在を発表し、豊饒化システムを稼動、人類を解放する「NESARA」
最近のコメント
世界中が知り始めた「311が日本攻撃のテロであった事実」(経済力で勝利する)
世界中が知り始めた「311が日本攻撃のテロであった事実」(Kayo Holden)
NWO計画か、緩やかな世界統合か、アセンションか、テレポーテーションか;どれが宇宙の真理だろう?(Kayo Holden)
世界中が知り始めた「311が日本攻撃のテロであった事実」(日本のために)
40億年前から地球を訪れていた宇宙人;あなたは宇宙人の子孫です(ming)
世界金融支配者?ジェイコブ・ロスチャイルドは日本の味方だ?(シオン・ナーシー)
世界中が知り始めた「311が日本攻撃のテロであった事実」(・・・)
宇宙人の存在を発表し、豊饒化システムを稼動、人類を解放する「NESARA」(自然児)
アメリカの恐ろしい真実;「狂ったアメリカ」の実態(林 一人)
やはり、五次元に上昇したほうが面白そう!;思いやり、許す心、愛する心、楽しむ心、罪悪感を捨てることができればOK!(Joji)
カレンダー
<<2012年01月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
カテゴリ
全て (273)
プロフィール
勝寛舟3 さん
美しい地球と伴に
地域:徳島県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
地球という名の牢獄にしないために
自ら「洗脳」を解き・・・
「気づき」、「目覚め」、「覚醒」し、超天才になりましょう!
RSS
ブログ内検索

携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
アクセス数
総アクセス数: 761079
今日のアクセス: 16
昨日のアクセス: 74


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved