このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4808)
国際情勢 (154)
政治 (1605)
防衛 (2381)
外交 (10)
芸能 (153)
スポーツ (48)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 888274
今日のアクセス: 334
昨日のアクセス: 618
RSS
カレンダー
<<2019年01月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
安倍政権が長期政権になった最大の理由はその現実的手腕にある!!旧民主党勢力等は不要!!
[政治]
2019年1月11日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


「おごれる者は久しからず、ただ春の夢の如し」という、平家物語の序文の一節のように、努力をせずに「何かの都合で成功した」「時節柄の風に乗った」人や組織は、その後の転落も早いのです。

その事を安倍首相は、第1次安倍内閣の時に痛切に感じていたのでしょう。
ですから、2012年12月の第2次安倍内閣発足以来、安倍首相はその経験を生かして現実的手腕を発揮しているのです!!

1月7日にzakzak by 夕刊フジが「11月には「歴代1位」に…なぜこれほどの長期政権に? 安倍政権「強さ」の秘密は…」の題で「長谷川幸洋「ニュースの核心」」の特集項目にて、次のように伝えました。

『2012年12月に第二次内閣が発足した安倍晋三政権は7年目に突入した。今年11月20日には、総理在職日数が郷里・山口県の大先輩である桂太郎氏(2886日)を抜いて、歴代1位になる見通しだ。なぜ、これほどの長期政権になったのか。

 私の答えを言えば、「言ったことは必ずやる。できないことは言わない」に尽きる。付け加えれば、「できることも無理はせず、最初はほんの少しだけ。上手くいったら、また少し」というように漸進的に政治を進めた。そんな手法が空前の長期安定政権をもたらしたのである。

 例えば、憲法改正問題だ。
 安倍首相は17年5月3日の憲法記念日に寄せたビデオメッセージで「9条の1項と2項はそのままにして、自衛隊を明文化する」という改憲案を明らかにした。
 これは「9条2項を削除し、国防軍の創設を掲げた12年の自民党改正草案」とは、まったく異なる。

 当時は安倍首相も支持した案だったが、抜本的に見直して自衛隊明文化案に置き換えた。それはなぜか。「2項削除+国防軍案」では、連立政権を組む公明党の賛成が得られず、世論の動向を見れば、国民投票でも勝てる見通しが立たなかったからだ。

 ここに、政治家たる「安倍晋三の真骨頂」がある。いくら理想的で正しくとも、実現できないのでは話にならない。手がけるからには、必ず実現する。そのためには、大胆かつ柔軟に草案を改めるのもいとわないのだ。

 こうした現実的姿勢こそが、安倍首相を脅かす存在が出てこない理由でもある。
 昨年の自民党総裁選で、石破茂元幹事長は「2項削除+国防軍案」にこだわった。私もそれは理想と思う。だが、できない話を言い続けても、現実に改正できないのであれば意味はない。

 最初は理想に遠くても、まずは一歩を踏み出して、上手くいったら2歩、3歩と進めばいい。憲法改正は一度しかできない話ではないのだ。
 改憲を党是に掲げながら、自民党が長年、動き出せなかったのも「理想と現実のギャップ」にうろたえたからだろう。安倍首相は大胆に軌道修正も図りつつ、深い溝を乗り越えようとしている。

 この先、「ポスト安倍」をうかがう政治家は、単に理想を語るだけでは足りない。現実主義をどう継承するか。そこが大きな鍵になる。
 野党も同じだ。なぜ、近い将来の政権交代を展望できないか。激動の時代にあって、野党が空理空論を叫び続けているからだ。

 彼らは、特定秘密保護法や安全保障法制の見直しに反対し、戦前の「治安維持法復活」とまで空騒ぎした。だが、中国の脅威について日本が米国と情報を共有できるようになったのは、特定秘密保護法や安保法制見直しで信頼を得たからだ。
 もし、対応が遅れていたら、日本は情報戦で不利を強いられ、中国や北朝鮮に弄ばれていたに違いない。「米中新冷戦」が激化し、北方領土問題も動くなか、安倍政権の現実主義は正念場を迎える。

 ■長谷川幸洋(はせがわ・ゆきひろ) ジャーナリスト。1953年、千葉県生まれ。慶大経済卒、ジョンズホプキンス大学大学院(SAIS)修了。政治や経済、外交・安全保障の問題について、独自情報に基づく解説に定評がある。政府の規制改革会議委員などの公職も務める。著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア−本当の権力者は誰か』(講談社)で山本七平賞受賞。最新刊に『明日の日本を予測する技術』(講談社+α新書)がある。』

正に、長谷川氏の論調は鋭いものがあります。
昨年の12月20日に発生した韓国海軍が火器管制レーダーを海自P−1哨戒機に照射した事件で、あれだけ政府批判してきた立憲民主党は、何も言えず、そのくせ信仰心の欠片もないにも関わらず伊勢神社を参拝して激しい批判に晒されています。
出来もしない空論を政策に掲げて自分勝手な事をしてきたツケの代償は極めて重いのです!!
社民党や共産党を含めて、これらのような反日野党はその存在価値すら無い!!
国民の世論調査すら一桁レベルの「失速状況」であるのも当然の報いだ!!


安倍政権が長期政権になった最大の理由はその現実的手腕にある!!
出来もしない空論を政策に掲げて自分勝手な事をしてきた旧民主党勢力等は不要!!



1月9日、羽田空港にてオランダ及び英国訪問についての会見を行う安倍首相
出典:首相官邸HP

『「今回の訪問は、日本の首相としての訪問であると同時に、G20大阪サミットの議長としての訪問でもあります。オランダのルッテ首相、そしてイギリスのメイ首相と、世界経済、貿易、あるいは地球規模の課題など、広範な課題について意見交換を行い、G20の成功に向けた協力を確認したいと思います。

 そして、イギリスのEU(欧州連合)離脱には、世界の注目が集まっています。今週、英国の議会で審議が再開され、来週、採決されます。正にこの問題で英国を訪問し意見交換を行うことは、極めて有意義であると思っています。日本の考え方について、しっかりと伝えていきたい、メイ首相と話し合ってきたいと、こう考えています。」』

EU離脱問題で揺れる欧州で、安倍首相がどのような手腕を発揮するか、注目!!


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお
願い申し上げます。



安倍政権が長期政権になった最大の理由はその現実的手腕にある!!
出来もしない空論を政策に掲げて自分勝手な事をしてきた旧民主党勢力等は不要!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/420899
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
09/18 00:00 安倍晋三前首相が自民党総裁選挙にて高市早苗候補を支持表明、これで流れが大きく動く!!
09/17 00:00 北朝鮮が長距離巡航ミサイルに続き弾道ミサイル発射、韓国SLBM発射実験、彼らには鉄壁の防衛体制を!!
09/16 00:00 自民党総裁選挙に絡み中露朝や極左反日反米勢力が暗躍、日本の政治家は安全保障を理解出来る人を!!
09/15 00:00 北朝鮮が長距離巡航ミサイル発射実験、日本は高市早苗前総務相の言われる敵基地攻撃能力が不可欠!!
09/14 00:00 9.11テロ後でも毎年欠かせない山形の風物詩「芋煮会」も新型コロナ禍で影響!!悔しい!!
09/13 00:00 20年前の9.11米国同時多発テロで米国バイデン大統領が機密公開、今更、何故だ!?
09/13 00:00 モデルナワクチンの異物混入も自民党総裁選挙のお話も、問題の本質を見抜けば見えてくる!!
09/12 00:00 9.11テロから20年、日本は全く新たなる役割を世界に対して担わなければならない!!
09/11 00:00 新型コロナウイルスワクチンや治療薬等で改めて議論の大麻草を原料にした医薬品の検討等を急げ!!
09/10 00:00 高市早苗前総務相が自民党総裁選挙出馬表明でその素晴らしい政策と会見でヤジを飛ばしたバカ記者!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved