このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5660)
国際情勢 (154)
政治 (1782)
防衛 (2971)
外交 (10)
芸能 (207)
スポーツ (76)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (32)
その他 (32)
アクセス数
総アクセス数: 1352381
今日のアクセス: 126
昨日のアクセス: 640
RSS
カレンダー
<<2023年10月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
米国バイデン大統領は日本の悪夢の民主党政権等と同じ!!
[防衛]
2023年10月3日 0時0分の記事

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


「現代社会はフェイクニュースがすぐにバレる」主旨の言葉、多いですね。

貴方も貴女も、見たことや聞いた事など、多いでしょう。

そういえば、長崎県平戸市長の黒田成彦氏もそのような事を言われましたね。

そのフェイクニュース、嘘捏造隠蔽の元凶こそが、米国バイデン大統領、日本の悪夢の民主党政権、そして韓国の文在寅大統領一派等の、屈折した極左反日反米の従北媚中従中、ロシアの子分共なのです!!


10月29日10時22分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「米大統領補佐官を聴取 バイデン氏の機密文書問題」の題で「バイデン米政権」の特集・連載項目にて、次のように伝えました。

『バイデン米大統領の私邸などから副大統領時代の機密文書が見つかった問題で、ニューヨーク・タイムズ紙電子版は28日、特別検察官がサリバン大統領補佐官やクレイン前大統領首席補佐官を事情聴取していたと報じた。

ブリンケン国務長官が聴取を受けたことも判明しており、捜査の進展に伴い、対象者がバイデン氏の側近に及んでいるとみられる。


問題は今年1月に発覚。特別検察官は機密文書の持ち出しが意図的ではなく、ミスだった可能性が高いとの見方を強めているという。(共同)』

これと同じ疑惑で、トランプ前大統領を吊し上げていませんでしたかねえ、バイデン大統領!!

そして、バイデン大統領の次男による一連の不正疑惑も再燃していますよねえ〜(皮肉と批判の棒読み)

どうして、どうして今頃になって報道されるのでしょうかねえ〜。

米国のバイデン政権は、オバマ元大統領時以上の、日本の「悪夢の民主党政権」時の偏向マスコミを動員した政権運営と同じですよ!!


そのような事情は米国のみならず、自国民に「ヘル朝鮮」などと自嘲すらする韓国でも同じです。

9月30日に現代ビジネスがmsnにて、「韓国で「文在寅一派」が“焦りまくっている”…! 迫りくる「大物逮捕」への“カウントダウン”と、いま再び「反日ムーブメント」に“必死な人たち”の危ない事情」の題で次のように強烈な糾弾批判をしました。

『韓国「文在寅一派」の悪あがき
韓国では右派か左派かではっきりと政治思想が分かれる。

特に南西部の全羅道や済州島などでは左派の政治基盤が強いとされ、地域対立の根源にはこの政治思想があるという指摘がされることもある。

また、左派系のメディア、政党、市民団体の手口として、手段を選ばず国民を扇動するというのも常套手段である。

(中略)

先日も全羅道の漁業関係者という男性がニュースのインタビューに応じて、日本の処理水への不安を必死に訴えていた。しかし、漁業関係者とされたこの男性は実は野党『共に民主党』の党員で、昨年の地方選挙に立候補したものの、落選していたことがわかったのである。
虚偽の証言を関係者を装い、またそれを黙認して平然と行うメディアと『共に民主党』には呆れるばかりである。「反日不買」を散々持ち上げた文在寅政権下での人たちが、いまだに“あの盛り上がりを再び”と、躍起になっている形なのだ。

(中略)

「一致団結して声を大きい者ほど有利」という狙いなのか、これまで左派は手段を選ばず世論を誘導することで味をしめていたと言えるが、前述のように度重なる虚偽事実などすでにこうしたやり方が時代遅れであり、通用しなくなってきているのが現実だ。

しかし、李在明氏の失脚を願ったり、『共に民主党』への反感や嫌悪感を持つ国民も多くともそれでもまだ熱烈な支持者もいることは何とももどかしいところである。

いずれにせよ、韓国においては今回の処理水問題が騒がれるのはほんの一時であり、おさまるのも時間の問題であろう。
(以下略)』

全く、同情の余地が無い文在寅一派の嘘捏造隠蔽の数々です!!
許せませんね!!


米国バイデン大統領は日本の悪夢の民主党政権等と同じ!!
全て不要だ!!




昨年のG7首脳会談の様子
右端が岸田文雄首相、右側奥の2番目がバイデン大統領
出典:岸田文雄首相自身のツイッター


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。
どしどしご質問、コメントをお寄せください。
お待ちしております!!



米国バイデン大統領は日本の悪夢の民主党政権等と同じ!!
全て不要だ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
いいね、等の高評価や読者登録等も頂けると幸いです!!

1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/488665
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
12/06 00:00 中国からの新たな呼吸器感染症が津波の如く襲い掛かる!!
12/05 00:00 特にマスコミは出来ない言動をしてはならない!!
12/04 00:00 キッシンジャー米国元国務長官が逝去、歴史の評価はこれから
12/03 00:00 日本海テレビ局長の24時間テレビ寄付金着服を許すな!!
12/02 00:00 イエメン沖のタンカー乗っ取りを日米海軍が対処して解放!!
12/01 00:00 日・ベトナム首脳会談等で成果を挙げる岸田文雄首相!!
11/30 00:00 東北が生んだ羽生結弦さんと大谷翔平選手は世界的有名人!!
11/29 00:00 おせち宅配すらも今後は危ない!?今は歴史的転換期!!
11/28 00:00 激動の世界の混乱と無秩序を立て直せる国は我が日本のみ!!
11/27 00:00 岸田文雄首相、また大きな一手に出る!!期待値MAX!!
最近のコメント
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(田中_jack)
斉藤由貴さんの奔放さと格の違いに学ぶ点はある!!(京都鍼灸院)
毎日睡眠や寝起きがしっかり出来る事は極めて重要です!!(山椒)
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(ペット火葬京都)
硫黄島などの火山活動活発化は激変の兆候か!?(和歌山グランピング)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(田中_jack)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(初めてお金借りる)
ウクライナとベラルーシのやり方は日本も教訓にすべき!!()
あなたも就寝中に起きる「こむら返り」対策は必須!!(借金返済できない)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved