このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
住宅ローンの賢い利用法-ブロくる
住宅ローン さん
住宅ローンの賢い利用法
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:暮らし 住まい
ブログの説明:
住宅ローンは一生で一番大きな借金です。住宅ローンは金額が大きいので、住宅ローンを借りる時は、できるだけ有利な条件で借りたいものです。当ブログでは、住宅ローンを賢く利用するための秘訣を紹介しています。
カテゴリ
全て (10)
住宅ローン (10)
アクセス数
総アクセス数: 7517
今日のアクセス: 0
昨日のアクセス: 2
RSS
住宅ローン計算と借り換え
[住宅ローン]
2011年12月10日 14時26分の記事

住宅ローン計算をすると、借り換えの際にとても効果を発揮するということを覚えておいた方がいいでしょう。
それは、住宅ローン計算をするまでもなく、高い固定金利時代にローンを組んだ人は、毎月の返済が苦しくなっているはずだからです。
そんな人は、今のローンから低金利のローンに借り換えることで、毎月の返済額も減り、それは、住宅ローン計算をすれば、すぐにわかります。
住宅ローン計算で、借り換えの検討の必要のあるローンというのは、金利差が1%以上あり、住宅ローンの残りが1000万円以上ある場合です。
もっとも、ローンの残りがこれ以下であっても、金利差が2%ある場合、住宅ローン計算上、借り換えをする意味があります。
そして、返済期間がもっと長い場合においても、借り換えする意義はあるので、住宅ローン計算のシミュレーションで、じっくり検討すると良いでしょう。

住宅ローン計算において、借り換えをするというのは、公的ローンから民間ローンへの借り換え、もしくは、民間ローンの間での借り換えということになります。
コレはどういう意味かと言うと、住宅ローン計算上、公的ローンから公的ローンへ、もしくは、民間ローンから公的ローンへの借り換えはできなくなっているのが現状なのです。
そして、住宅ローン計算上、借り換えをする際は、大きな費用がかかることを認識しなければなりません。
特に返済期間が長く残っている時などは、将来の金利上昇も勘案して、住宅ローン計算でシミュレーションする必要があります。
とにかく、借り換えを検討している人に関しては、金融機関に問合せして、今のローンが本当に軽減されるのかを住宅ローン計算と合わせて、慎重に考えていくことです。
今の時代、金利が安いローンが出来ているので、住宅ローン計算により、借り換えをする人が増えてきています。
また、最初の数年間は低金利で借り入れが出来ていても、優遇期間が終わり、普通の金利になったことにより、金利がどんどん上がる傾向にあります。
住宅ローン計算を自分ですることはとても賢明なのです。
その借り換え手数料というのは、かなり額が大きいので、住宅ローン計算では出てこなかった出費がかさむことになります。
そのため、借り換えをする場合は、住宅ローン計算により、返済シミュレーションで、借り換え後のシミュレレーションも比較して検討することが大事になります。

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/mogageloan/186926
最近の記事
12/10 14:26 住宅ローン計算と借り換え
12/09 13:35 住宅ローン計算でみる返済金額
12/08 15:26 住宅ローン計算での金利計算
12/07 13:35 住宅ローン計算式
12/06 14:38 住宅ローン計算ソフトをダウンロード
12/05 14:42 住宅ローン計算のシミュレーション
12/04 15:41 住宅ローン計算方法
12/03 16:15 エクセルでの住宅ローン計算
12/02 18:44 住宅ローン計算表
12/01 23:02 住宅ローン計算とは
最近のコメント
コメントはありません。
最近の足跡
足跡はありません。

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved