このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
これが2000のミイラ化された雄羊の頭がどのように見えるかです
 
2023年3月28日 21時14分の記事

エジプト南部の古代都市アビドスにあるラムセス2世の神殿で、プトレマイオス朝時代の少なくとも2,000のミイラ化された雄羊の頭が発見されました 。

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム







(写真の出典:Ministry of Tourism and Antiquities, Egypt)


この発見は、ニューヨーク大学古代世界研究所(ISAW)の考古学者チームによって行われました 。雄羊の頭蓋骨は、神殿の北側に積み重ねられて発見されました 。彼らは、ラムセス2世が死後約1,000年後にもなお、その地で尊敬され続けていることを示す奉納物と考えられています 。






(写真の出典:Ministry of Tourism and Antiquities, Egypt)

プトレマイオス朝時代とは何ですか?


プトレマイオス朝時代は、紀元前332年にアレクサンダー大王がエジプトのペルシャ人を打ち負かしたことで始まりました。彼が紀元前323年に死去した後、彼の将軍たちは彼の帝国を分割し、プトレマイオスはエジプトを取りました。当初、将軍たちはアレクサンダーの後継者たちの名において統治していましたが、プトレマイオスは紀元前305年に自ら王を宣言しました。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/pr/483263

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved