このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
太陽光パネルはコスパが大事!失敗しないために設置費用を知ろう
 
2024年1月21日 13時38分の記事

非常時の電源として防災対策になることに加えて、経済効果までもたらしてくれる太陽光パネル。
太陽光パネルを設置するに当たり重要となるポイントを本記事では紹介いたしますので参考として下さい。

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


1.太陽光パネルの基本と設置費用
太陽光パネルを利用して発電を行う際、太陽光パネル単体では稼働しません。
太陽光発電で生まれた電気を使えるようにするためには主要な機器として次の2つが必要になります。
● 太陽光パネル
太陽光を受けて発電する。

● パワーコンディショナー
ソーラーパネルが発電した電気を家庭内で使える電気に変換する。

それぞれの機器単体で稼働することはなく、一式のシステムとして稼働します。
戸建住宅の屋根上に設置される太陽光パネルの場合、設置費用は太陽光パネルの価格のみではなく、パワーコンディショナー、ケーブルや電材、太陽光パネル取り付け用の架台等に工事費を加えたものとなります。

2.太陽光パネルを効率的に運用するには
家庭用の太陽光発電システムとして、太陽光パネルを効率よく運用するにはコストパフォーマンスに注目することが重要です。
コストパフォーマンスを考慮する上では、以下の2点を確認することが必要です。
● 設置コスト
● 発電シミュレーション
※コストパフォーマンスを試算例
太陽光発電システムの年間発電量が「4000kWh」、発電したものはすべて売電し「16円/kwh」で売電できるものとする

1. 導入コスト60万円の例
600,000円(導入コスト)÷ 64,000円(年間売電額4000kw✕16円)=約9.4年で設備費回収

2. 導入コスト50万円の例
500,000円(導入コスト)÷ 64,000円(年間売電額4000kw✕16円)=約7.8年で設備費回収

売電が出来ない場合でも本来買っていたはずの電気料金が分かれば、年間発電量の部分に当てはめて計算が可能です。

ここで重要になるのが、設置コストが下がるか、太陽光パネルの発電能力が上がることでコストパフォーマンスが良くなるという点です。

3. Jackery Solar Generatorなら高性能でコスパも良好
高性能な太陽光パネルを求めるのであれば、「Jackery Solar Generator」シリーズがおすすめです。高性能の太陽光パネルは家庭用の太陽光発電システムだけのものではありません。

太陽光発電システムJackery Solar Generatorは高変換効率のソーラーパネルとポータブル蓄電池をセットとした製品です。

屋根設置の太陽光は決まった角度で固定されているのに対し、「Jackery Solar Generator」では高変換効率太陽光パネルであることに加えて、携帯性を活かした発電に最適な角度に調整ができるのも強みです。さらに、ポータブル電源との併用で発電した電気も無駄なく利用できます。

Jackeryは世界的なポータブル電源のメーカーであり、世界中で累計300万台以上の販売をした実績があり世界中から信頼を得ています。日本法人もあり、アフター体制もピカイチです。

4. まとめ
太陽光パネルを有効活用するためには、コストパフォーマンスの高い製品を選ぶことが重要です。価格だけではなく、性能にも注目することで、おトクで満足できる製品に巡り合うことが出来ます。
ぜひ、定置型の太陽光発電システムだけでなく、ポータブル電源とソーラーパネルの組み合わせにも目を向けてみて下さい。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/pr/491930

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved