このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
大雪による災害対策〜ポータブル電源で身を守ろう〜
 
2023年12月27日 20時26分の記事

災害の多い日本では、大雪による停電することがよくあります。寒さの中でのリスクはどんなものがあるのでしょう。そしてどうやって対策したらいいのでしょう。



【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム





大雪はどんな被害が起こるのか
大雪が起こるとさまざまな被害が起こります。
● 雪かき中の事故
● 雪崩がおこり、建物の崩壊
● スリップ事故、道路の閉鎖
● 公共交通のダイヤの乱れ
● 孤立し物資が不足する
● 停電して復旧までに時間がかかる
大雪に伴う被害をよく知る上で、大雪への備えを事前に行いましょう。

大雪による停電のリスク
降り続く雪が、電線に付着して、大きな塊になります。そして強い風が吹いたりすることで、電線が大きく揺れて、停電が起こります。
自宅で停電が起きた際は、暖房器具が使えず、低体温症になる可能性があります。電話が使えなかったり、スマホなどのモバイル機器の充電ができなかったりして、連絡手段や最新の情報を受け取れなくなります。

停電時の対策はポータブル電源
暖房器具や充電、その他にもさまざまな日用家電を動かすことができるポータブル電源がおすすめです。大容量の持ち運び可能なバッテリーとして人気があります。
ポータブル電源を開発したJackeryは、急速充電で安全性の高い製品を提供しております。災害の停電時におすすめのポータブル電源として、3機種厳選してご紹介いたします。



Jackery Solar Generator 2000 Plus ポータブル電源 セット
通常価格\355,000(税込)
● 容量2042Wh/定格出力3000W
● 出力ポート10個付き
● 拡張バッテリー10個まで追加可能



Jackery Solar Generator 300 Plus 100W ポータブル電源 ソーラーパネル セット
通常価格\74,600(税込)
● 容量288Wh/定格出力300W
● 出力ポート5個付き
● ライト付き



Jackery Solar Generator 1000 Plus ポータブル電源 セット
通常価格\202,800(税込)
● 容量1264Wh/2000W
● 出力ポート10個付き
● 拡張バッテリー3個追加可能

引用:Jackery公式HPより

まとめ
大雪による災害対策として、ポータブル電源1台があると安心できます。停電時に供給電力がなくても暖房器具などの家電製品を使い、復旧まで身を守ることができます。持ち運びできるので、避難場所でも使えたり、日常の節電にも使用可能です。

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/pr/491269

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved