このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
家庭用蓄電池と産業用蓄電池の違いは?おすすめのJackery家庭用蓄電池も紹介
 
2023年12月3日 0時40分の記事

家庭用蓄電池の購入をお考えの方の中には、産業用蓄電池との違いが気になる方もいるのではないでしょうか。
この記事では、産業用蓄電池の特徴や家庭用蓄電池との違いを解説します。

産業用蓄電池の特徴

設備の規模が大きい

産業用蓄電池の特徴の1つは、家庭用蓄電池と比べて設備の規模が大きいことです。
家庭用蓄電池の場合は、エアコンの室外機と同等かやや大きな箱型の機器を、おもに室外に配置し、室内に配置することもあります。また、設置工事が不要で持ち運びできるポータブル蓄電池もあります。

【PR】電話相談システム開発ならイーステム





一方で産業用蓄電池の場合は、より大型の機器が複数配置されていることが多いです。

設備の種類が多い

産業用蓄電池は、家庭用蓄電池と比べて設備の種類が多いという特徴があります。
家庭用蓄電池にも使用されている鉛蓄電池やリチウムイオン電池に加えて、ニッケル水素電池やNAS電池があります。

家庭用蓄電池と産業用蓄電池の違い

設備容量

家庭用蓄電池と産業用蓄電池の違いの1つは、設備容量です。
家庭用蓄電池の場合は、最も大型の製品でも容量が約10kWhですが、産業用蓄電池の場合は、最も小型の製品でも約10kWhの容量があり、数百kWhという大規模な容量を持つ設備もあります。

設備の用途

家庭用蓄電池と産業用蓄電池の違いの1つは、設備の用途です。
家庭用蓄電池の用途は、一般的には各家庭への電力供給のみです。

産業用蓄電池の用途は、工場など設置されている設備への電力供給だけではなく、電力系統の維持のために、停電などの非常時に備えて大規模な設備に多くの電力が蓄電されている場合があります。

おすすめの家庭用蓄電池

Jackeryポータブル電源2000Plus

「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」は、2042Whという大容量を持つため、たくさんの電力を蓄電することができる家庭用蓄電池です。

また、最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しているので、充放電できる回数が従来のリチウムイオン電池よりも飛躍的に向上しました。

4000回ものサイクル回数が可能なので、毎日フル充電しても10年以上使えます。
この能力を上手に活用すれば、家庭用蓄電池として大活躍できるでしょう。

Jackeryポータブル電源 2000 PLusの製品公式ページ:
https://www.jackery.jp/products/explorer-2000-plus-portable-power-station

Jackeryポータブル電源1000Plus

「Jackeryポータブル電源 1000 PLus」は、1264Whの容量を持つミドルクラスの家庭用蓄電池です。
こちらも「Jackeryポータブル電源 2000 PLus」と同じく、最新型のリン酸鉄リチウムイオン電池を搭載しています。

サイクル回数も同じく4000回で、フル充電しても10年以上使える点は変わらず、非常にコストパフォーマンスが高い家庭用蓄電池です。

Jackeryポータブル電源 1000 PLusの製品公式ページ:
https://www.jackery.jp/products/explorer-1000-plus-portable-power-station

Jackeryポータブル電源3000Pro

「Jackeryポータブル電源3000 Pro」は、大容量モデルが必要な場合には特におすすめの家庭用蓄電池です。

Jackery最大の3024Whという圧倒的な容量を持つため、安い夜間電力を蓄えたり、ソーラーパネルで充電しておけば、大量の電力をお得に使えます。
特に消費電力の多い大人数の家庭はもちろん、業務用としても大いに能力を発揮できるでしょう。

Jackeryポータブル電源 3000Proの製品公式ページ:
https://www.jackery.jp/products/explorer-3000pro

まとめ

家庭用蓄電池と産業用蓄電池では設備の規模がかなり違いますが、機器の仕組みは基本的には変わりません。
家庭用蓄電池の購入をお考えの方は、長期間にわたって安定した電力供給ができるJackery(ジャクリ)の蓄電池を、ぜひご検討下さい。

Jackery(ジャクリ)公式サイト:https://www.jackery.jp/

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/pr/490635

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved