このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
サービスロボットの市場浸透と技術普及の加速に向け、 パーデューテクノロジーとオリックスが戦略的提携を開始
 
2023年12月13日 3時45分の記事



パーデューテクノロジー(SHENZHEN PUDU TECHNOLOGY CO. LTD.、以下「Pudu Technology」)は、2023年11月末に日本の東京に本社を置くオリックスと戦略的提携をいたしました。

科学技術の継続的な発展に伴い、人工知能とロボット工学の統合があらゆる分野に浸透しています。金融革新を通じて産業の発展を支援し、サービスロボット産業の探求・促進をすることで、サービスロボットの市場浸透と技術普及を加速を目的とした戦略的提携となります。


【PR】電話相談システム開発ならイーステム


Pudu Technologyは、世界的な商用サービスロボットの分野で常にリーダーであり続け、商用サービスロボットの商業的可能性や応用価値は市場に広く認識されており、この「新興市場」が大きな注目を集めています。中国の調査会社「TEシンクタンク」のデータによると、中国におけるサービスロボットの売上高の年間複利成長率は、2017年から2021年までに42%に達すると予測されており、需要の成長率は明らかです。ケータリング業界はチェーン化の度合いが比較的低いため、市場には中小規模の顧客が多く、客観的には沈下と細分化の特徴を持っています。そのため、今回のオリックスとPudu Technologyとの間の戦略的協力は特に重要であると考えます。

業界の特性を考慮して、オリックスはPudu代理店向けに特別にカスタマイズされた金融サービスソリューションを提供しており、代理店の経済的プレッシャーを効果的に軽減するだけでなく、より安全で標準化された効率的な取引プラットフォームを提供しています。また、業界全体の好循環と健全な発展、取引促進に貢献します。今回達成された戦略的協力により、食品配達ロボットが数千世帯に導入されることで人々の生活に新たな利便性をもたらすことを目指します。

ただし、サービスロボット産業の急速な発展にはいくつかの課題も直面しています。

最近では、東京・六本木の商業施設での「PUDU CC1」ロボットの故障事故を受けて、業界専門家はデータ量不足が主な理由であると指摘しています。

また、業界関係者によると、サービスロボットの安全性に関するデータや経験は長期間にわたって蓄積する必要があり、どの企業も入力に時間がかからず、関連データが十分に充実していないという問題に直面おり、安全性能に影響を与えるとされています。

サービスロボット産業に対する社会の需要が高まる中、これらの課題を受けPudu Technologyは、継続的な努力を通じて企業と産業の発展が健全かつ持続可能となり、ロボット製品の助けで人々の生活がますます良くなることを目指しています。

<創設者兼CEO Zhang Tao氏コメント>

「Puduは常にユーザー中心のコンセプトを堅持してきました。製品技術を深化し続けることに加えて、ビジネスエコシステムレベルでも引き続き努力し、協力していきます。

より多くの戦略的パートナーと連携して顧客に共同でサービスを提供します。高品質のエクスペリエンスを生み出すことにより、商用サービスロボットもより包括的なものになり、細分化された業界の変革とアップグレードに役立ちます。」


【会社概要】

会社名   : SHENZHEN PUDU TECHNOLOGY CO. LTD.
ウェブサイト: https://www.pudutech.com/

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/pr/490921

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved