このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
Rayz Liquidity Corp、三周年を祝し、NYタイムズスクエアの巨大画面に登場
 
2023年9月29日 0時39分の記事

(2023年9月28日)米国現地時間2023年9月20日上午10時、Rayz Liquidity Corpは成功してニューヨーク・タイムズスクエアの巨大広告画面に登場し、全世界の投資家とともに、グループ設立三周年の喜びを事前に祝いました!


【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム





“世界第一の画面”に登場
ニューヨーク・タイムズスクエアは、「世界の十字路口」と称され、多くの有名企業と業界のエリートが集まります。その象徴的な建物――ナスダック大画面は、「世界第一の画面」として名高く、多くの有名企業が世界にブランドイメージを展示する際の最適な窓となっております。現在、ナスダック大画面に見事に登場することは、企業の力の象徴となっています。
グループ設立三周年の際、Rayz Liquidity Corpは、「同行三年、無限の輝き」というテーマで再度大画面に登場し、全世界の投資家とこの重要な瞬間を共に祝うことを期待しております。

全世界の投資家と未来を共に
Rayz Liquidity Corpにとって、この度のナスダック大画面への登場は、三周年を祝うだけでなく、この世界の窓を通じて、全世界のクライアントに共に未来を築く美しいビジョンを伝えることでもあります。

「お客様を最優先」という価値観を持ち続けるRayz Liquidity Corpは、すべてのお客様に専門的なサービスと満足のいく経験を提供し、お客様に対し継続的に価値を創出しております。

設立以来、Rayz Liquidity Corpは金融サービスの各分野で活動し、全世界各地で6万人以上の個人及び機関クライアントに対し、一站式の全方位金融サービスを提供しております。

ここで、Rayz Liquidity Corpは全世界のクライアントの皆様に、長い間のご支持と信頼に心より感謝申し上げます。金融テクノロジーを核心とする金融サービスグループとして、Rayz Liquidity Corpは今後も金融テクノロジーの最前線に注力し、私たちの金融サービス体系を更に向上させ、全世界の投資家にサービスを提供し続けます。

三年の共に歩みの中で、Rayz Liquidity Corpは皆様と共に財富の成長の道を歩んできましたし、皆様も私たちの新たな成長を見守ってくださいました。次の三年、十年、またそれを超える未来でも、Rayz Liquidity Corpが皆様の財富の旅路での最良のパートナーであり続けることを願っております!

Rayz Liquidity Corpについて
Rayz Liquidity Corpは、全世界のトレーダーに先進的な取引サービスを提供する、業界をリードする外国為替ブローカーです。私たちは、スムーズな取引、競争力のあるスプレッド、先進的な取引システム、そして高品質の顧客サービスを実現することに専念しております。会社の本社はオーストラリア、シドニーに位置し、シカゴ、シンガポール、香港、ドバイ、クアラルンプールなど、世界各地に運営センターを設置しております。

Rayz Liquidity Corpは、著名な取引プラットフォームMT5などへの投資を数千万で行い、多国籍からの監査認証、中でも有名なオーストラリアの金融サービスライセンス(ASICライセンス)(AFS:001305472)を取得しております。2023年9月20日には、会社の設立三周年を祝して、「世界の十字路口」とも称されるアメリカのニューヨーク・タイムズスクエアの巨大広告画面で特集が放映されました。

お客様は、私たちの公式ウェブサイトwww.rayzliquiditycorp.comをご覧いただくか、会員登録を行うことで、更に詳細な情報を得ることができます。

当社の連絡先
Rayz Liquidity Corp
メール: support@rayzliquiditycorp.com
ウェブサイト: www.rayzliquiditycorp.com
連絡先: Bill George

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/pr/488612

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved