このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4843)
国際情勢 (154)
政治 (1616)
防衛 (2403)
外交 (10)
芸能 (154)
スポーツ (49)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 909731
今日のアクセス: 176
昨日のアクセス: 495
RSS
カレンダー
<<2021年09月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
新型コロナ禍で今や常在戦場、中露や南北朝鮮等からの脅威に対抗し日本の自主防衛力を強化せよ!!
[防衛]
2021年9月19日 0時0分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


9月15日より開始された、令和3年陸上自衛隊演習、略して「陸演」。

筆者の住む東北の山形の部隊も九州へ機動展開して演習を実施します。

何故、今、このような演習が!?
新型コロナ禍で世界は、「細菌・ウイルス戦争」の状況です。
それに加えて、今や世界は常在戦場と化している程、テロやゲリラ、サイバー犯罪や国際犯罪組織等、物騒で激動の状況になっているからです!!
更に日本周辺でも中露や南北朝鮮等からの脅威が高まっているからです!!

9月16日、自民党参議院議員の佐藤正久氏は自身アメブロにて「北朝鮮の脅威は確実に拡大、反撃能力の整備が抑止力の上からも必要」の題で次のように述べています。

『昨夜の国防部会・安全保障調査会の合同会議では、以下の議題について議論。


1、北朝鮮による弾道ミサイル発射について

2、潜水艦の潜水航行及び中国海軍艦艇の動向について

3、尖閣諸島周辺海域における中国海警船の状況について

4、ロシア機による領空侵犯について

5、北朝鮮による巡航ミサイル試験発射の発表について

6、防衛大臣のベトナム訪問について

7、陸上自衛隊演習について


テーマは多岐に渡るが、この中でも緊急性の高い議題が北朝鮮による9月11、12日の巡航ミサイル発射と、15日の弾道ミサイル発射だ。巡航ミサイル発射が事実であれば、射程が1,500キロに及び、日本が射程に入る極めて深刻な脅威である。まだ、その信憑性含め分析中だが、低軌道で飛翔するので発見が困難。AWACS(早期警戒管制機)を日本海上に常時飛ばしていれば探知も可能だが、有人飛行かつ東シナ海監視もあるので、無人機による代替え等センサー整備が急務。迎撃については、今回の巡航ミサイルは亜音速なので探知追尾ができれば迎撃自体はそれほど難しくはない。

そして弾道ミサイルについては昨日昼に2発発射されたが、最高高度約50kmで、約750km飛翔し日本海の我が国EEZ内に落下したものと推定、詳細は現在分析中という。いずれにしても、弾道ミサイル発射は確実に国連安保理決議違反であり言語道断だ。防衛省はこれら巡航ミサイルと弾道ミサイルに対して、総合ミサイル防空能力の強化に向けて取り組んでいる。巡航ミサイルに対しては、戦闘機及び艦艇による迎撃、次に地上からの空自ペトリオットや陸自中SAM等の地対空ミサイルによる迎撃といった多層的な対処態勢を構築。前述したが、無人機や小型衛星等によるセンサー部分の整備が鍵。今は中露が整備中のマッハ5を超えるHCM、HGV対処も喫緊の課題、センサーやシューターの整備もさることながら、敵基地に反撃出来る能力向上による抑止力強化は極めて大事。今般の自民党総裁選においても議論になる。

弾道ミサイルに対しては2層防衛体制であり、ミッドコースはイージス艦により、ターミナル段階においてはPAC-3で迎撃態勢を取っている。問題は、北朝鮮から弾道ミサイルと巡航ミサイルが日本に向けて同時に発射された場合に総合ミサイル防空能力は果たして機能するのかどうかだ。昨年、安倍前総理が退任直前に、ミサイルへの迎撃能力を確保するためにあるべき方策を示すことを総理大臣談話として残した。

今回の弾道ミサイルのように、低軌道、終末変則軌道の新型ミサイル迎撃は、イージス艦での迎撃はミサイル高度の関係から困難。ターミナル段階のPAC3に頼らざるを得ないが、フットプリントがかなり狭いので、少しでも多くの防護対象を守る為にも中SAMの改良を急ぐ必要がある。

そしてもう1点本日の議題から取り上げたいのは、陸上自衛隊演習、略して陸演(りくえん)だ。本日から11月30日までの期間で実施される。佐藤も自衛官時代に担当し、実際に参加したこともある陸演は、今回は戦闘部分の訓練は行わず、作戦の準備段階における各種部隊の動きを演連・検証する。―估綾猗訓練、機動展開等訓練、出動整備訓練、な若襦Ρ卆厳盈、ゥ轡好謄狡命訓練から構成される。陸上自衛官が約10万人参加する、全国規模の演習である。日頃の方面隊規模の実働演習が、全国規模で機能するか確認する上で極めて重要な演習だ。特に旭川、山形の東根、善通寺の部隊等を九州に移動させる他、各方面隊の補給品等を民間の船舶や列車、米軍揚陸艦等で大分の演習場に運び込む壮大なもの。改めて、演習期間が終了した後に成果と共に今後の課題を洗い出したい。』

佐藤正久氏の言われる通り、日本の未来を守るために、日本の防衛は自主防衛力強化の舵取りを選択し、防衛力強化を急がなければなりません!!

同日16時45分にCNN.CO.JPがWEB上にて、「岸防衛相、越えてはならない一線引く 尖閣諸島巡る中国との争い」の題で次のように岸信夫防衛大臣との単独インタビューを掲載しました。

『(前略)

台湾と中国本土は70年以上前の内戦以降、別々に統治されてきた。

中国共産党が台湾を統治したことは一度もないが、中国は台湾を不可分の領土と見なしつづけている。

中国は台湾に対する軍事的圧力を強めている。6月には20数機の軍用機を台湾周辺に飛ばし、台湾は防空警戒態勢を強いられた。

中国の習近平(シーチンピン)国家主席は台湾は中国の支配下にある必要があると発言し、そのための武力行使を排除していない。

このような状況から、日本政府は警戒を続けていると岸氏は語る。

今年7月に発表された防衛白書には、台湾をめぐる情勢の安定は日本の安全保障にとって重要だとの記述があった。岸氏はそこで「緊張感」を持って注視すると述べた。

今回のCNNとのインタビューでは、その点を具体的に語った。

岸氏は「台湾で起こることは直接的な問題として考えている」と述べ、「エネルギーのライフライン」が台湾の周辺海域を通っていると言及。「90%のエネルギーはこのエリアを通して輸入されている」と指摘した。

これは日本政府の対処が必要となる弱い部分となる。

岸氏は「台湾で発生したことは日本の問題になってくる可能性が高いと考えている。その意味で我々は対処していかないといけない」と述べつつ、中台間の緊張は暴力ではなく対話を通じて解決されるべきだと強調した。

日本政府はその主張を言葉だけで裏打ちしようとしていない。軍事力を増強し、ミサイルや部隊を与那国島に配備し、近い将来石垣島でも配備を予定している。

岸氏は「我々がこの南西地域に対する防衛をしっかり固めていくという意思の表れだ」と語る。

この点、日本政府は自陣に重要な同盟国がいる。米国だ。

日本と米国は日米安全保障条約を締結し、米国は日本の領土の防衛義務を負っている。

バイデン大統領は就任直後にホワイトハウスからの声明で、尖閣諸島を名指しして安全保障の約束を再確認した。

岸氏は同盟関係は強化されていると述べ、尖閣諸島に関するコメントの中で米国による支援にも言及した。

岸氏は「日米での共同訓練、国際社会での共同訓練を重ねることで地域の平和と安定を確保していきたい」と語り、フランスや英国、ドイツを含むパートナーとの海での演習が実施または予定されていると述べた。

日本はパートナーを集める一方で、自国の装備の増強も行っている。そこには日本の領土を越えた地域を攻撃可能な武器システムの開発や獲得も含まれている。

岸氏はこうしたより長距離のシステムが標的とする可能性のある地域には触れなかった。だが、日本をあらゆる脅威から守るために適切な装備を持つことが自衛隊にとって重要だと語った。』

そして、防衛装備品等の自主開発で世界一流の装備や編成、兵力や運用すらも出来なければ、次にご紹介するように、豪潜水艦問題のような憂き目に遭う事になるのです!!

9月18日08時56分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「仏、米豪から大使召還、潜水艦めぐり外交危機深まる」の題で次のように伝えました。

『フランスのルドリアン外相は17日、声明を発表し、米英豪3カ国の新たな安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」創設によりフランスがオーストラリアとの潜水艦共同開発計画を破棄されたことを受け、駐米、駐豪両大使を直ちに召還することを決めたと明らかにした。

フランスは米英豪の動きに激しい怒りを示しており、抗議の意図は明白。外交関係の危機が深まりそうだ。

18日付のフランス紙ルモンドは、オーストラリアが計画破棄をマクロン氏に通告したのは発表当日だったとし、同盟国の米国がフランスを「蚊帳の外に置いた」と報道した。

仏豪は6月に首脳会談、8月末には初の外務・防衛閣僚協議(2プラス2)を実施し、2プラス2の共同声明では「潜水艦計画の重要性を確認した」と明記していた。(共同)』

豪国は、かつては空母を運用していた海軍国ですが、その面影も現在は無く、潜水艦は自主建造する事が出来ません。
また、航空宇宙分野でも相当な発展の遅れがあり、ようやくこれらの分野の投資や研究が日本の支援で強化され始めたばかりです。

このように、基本的な防衛装備を自主開発出来なければ、否応なしに豪国の如く、兵器購入一つで国際情勢が荒れてしまう事になりかねないのです!!


新型コロナ禍で今や常在戦場、中露や南北朝鮮等からの脅威に対抗し日本の自主防衛力を強化せよ!!



かつて日本が豪国に売り込んだ「そうりゅう型」潜水艦の画像
出典:海上自衛隊HP

フランスは、日本との売り込み合戦に勝利したのですが、造った事がない「通常潜水艦」の設計図しか無く、それを豪国に売り込んでいたのですがねえ。
米英によって、潜水艦の契約が反古にされたのは、因果応報そのものです!!


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



新型コロナ禍で今や常在戦場、中露や南北朝鮮等からの脅威に対抗し日本の自主防衛力を強化せよ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/464087
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
10/20 00:00 今、大切な事は国防と新型コロナ禍からの回復!!日本を愛する人を国会に、そして自分も変えよう!!
10/19 00:00 中朝韓の特亜3国は寝そべり主義に寄生虫主義、日本は世界の模範となるように丁寧な無視を!!
10/18 00:00 日本の安全保障戦略が根底から変革を迫られる今、日本の強みを生かすにはどうあるべきか??
10/18 00:00 今年の夏も猛暑でしたが、秋はますます短くなっている!天気がおかしくない!?
10/17 00:00 NTT docomoの通信障害は中国恒大集団の巨大不良債権問題と同等の重大問題だ!!
10/16 00:00 岸田文雄首相の衆議院解散後の記者会見はなかなか味のある、そして未来への行方を観られるものだ!!
10/15 00:00 岸田文雄首相はこれから新型コロナ対策や外交・安全保障などで課題が山積、高市早苗政調会長と連携を!!
10/14 00:00 自民党が衆議院選挙にての選挙公約を発表、政治の流れが大きく変わる!!日本を愛する人を当選!!
10/13 00:00 拉致問題発言で露呈!!立憲民主党など旧民主党政権の連中らは極左反日反米の文在寅大統領と同じ!!
10/12 00:00 10月10日に発生したJR東日本の停電事故による長時間の遅延は現代社会のインフラ問題の象徴!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved