ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4841)
国際情勢 (154)
政治 (1615)
防衛 (2402)
外交 (10)
芸能 (154)
スポーツ (49)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 908734
今日のアクセス: 115
昨日のアクセス: 395
RSS
カレンダー
<<2021年09月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2021年9月24日 0時0分
今、そこにある危機に私達は無関心では絶対にダメ!!自民党総裁選挙の結果はそれだけ重要なものだ!!
新型コロナ禍や交通事故は、少なくとも一般的な社会生活を日々なされている多くの皆様には主要な関心事でしょう。

よりスケールの大きい、国家や世界の安全保障や危機、抑止力となれば、関心が以前よりは相当高くはなり、自民党総裁選挙の盛り上がりもそれらの背景があります。
それだけ、危機感を持つ方が増えた、世界は激動の渦中にある事の証明でもあります。
事実を事実と、冷静かつ冷酷に観なければ、これからの世の激動に生き残れません!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年9月23日 0時0分
敢えて申し上げましょう、SNSでの根拠の無い誹謗中傷は犯罪だ!!論理性を以て反論せよ!!
9月23日は秋分の日。

正に、一年でもこれから秋、そして冬に向かうサインが出始める区切りの時期です。

一方、人間社会は今や春夏秋冬問わず、SNSや交通通信手段等の発達で一年中、新鮮な野菜や果物等をも食べるまで発展してきましたが、どうも人の噂話の発展型の「SNSの誹謗中傷」は止まない、改善しないようですね。

全く、嘆かわしい事です!!

[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年9月22日 0時0分
中国が経済失速から無節操な言動がますます過激化!!日本は台湾や豪国等との関係強化を!!
俗に「金の切れ目が縁の切れ目」と申しますが、中国や南北朝鮮には、一番この言葉が合うのではないでしょうか??

筆者やその周囲の経験や知見からも、残念ながらそれは正しい、と言わざるを得ません。
だからこそ、中国や南北朝鮮は、いわゆる「特亜」「特A」「特定アジア3国」、そして拡大された「朝鮮」などとアジアとすら思われないようになってきました。

今、中国では巨大企業ですら習近平国家主席率いる中国政府によって目の敵の如くいじめられ、高額の罰金や経営陣等の逮捕などの弾圧を受けています。
ここまでするとは、まるで、南北朝鮮の政府の行為と同じしょう!!
そのツケと因果応報のカルマが、次第に廻ってきているようです。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年9月21日 0時0分
豪国の潜水艦問題の背景と国家戦略の結果、豪国は日本製潜水艦の選択肢を捨てられない訳
日本が彼岸の入りで季節の変わり目を実感している如く、豪国は潜水艦購入を巡って、日本を蹴ってフランスの潜水艦(それも建造実績の無い設計図だけの!!)を購入決定したにも関わらず、米英の原子力潜水艦を購入する方針を打ち出したので、「潮の目」の如く、大きな安全保障の帰路と変わり目に立たされています。

そして、今月に入り、豪国は米英両国の強引な売り込みもあってか、フランスとの契約を破棄、米英両国の原子力潜水艦を導入する事を決定しました。

それでも、筆者は冷静に観れば、豪国の潜水艦問題の背景と国家戦略の結果、豪国は日本製潜水艦の選択肢を捨てられないと感じています。
その訳、とは??

[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2021年9月21日 0時0分
「ヒューマンエラー」は誰にでもあるが、公務員や政治家では社会全体が不幸になるので責任は重い!!
暑さ寒さも彼岸まで、と言われる秋のお彼岸の時期になりました。

宮城県や岡山県では新型コロナ禍での緊急事態宣言が解除され、連休の時期と重なって随分と人の動きが活発化しているようですね。

そこで注意しなければならないのが、交通事故や水の事故、山や海での事故、などの人災や天災や人災ですね。
天災はともかく、人災は防ぎ得るものですが、どうしても人は「ヒューマンエラー」と呼ばれる失敗をしてしまいます。
筆者を含めて、人は不完全ですから、ある意味で避けがたいものです。
それ故に、「クロスチェック」「安全確認」「異常等の早期発見や早期対処」「危険予知」「危険予想」「防災訓練」等が、製造現場などで多く叫ばれるのです。

近年の異常気象等で頻発する災害に備えたハザードマップも、その一つです。

これらの点を胡散臭い、自分は大丈夫だ、などと言っている人や組織等こそが、危険要因そのものになり、重大な事故や間違いを犯す事になるのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
10/18 00:00 日本の安全保障戦略が根底から変革を迫られる今、日本の強みを生かすにはどうあるべきか??
10/18 00:00 今年の夏も猛暑でしたが、秋はますます短くなっている!天気がおかしくない!?
10/17 00:00 NTT docomoの通信障害は中国恒大集団の巨大不良債権問題と同等の重大問題だ!!
10/16 00:00 岸田文雄首相の衆議院解散後の記者会見はなかなか味のある、そして未来への行方を観られるものだ!!
10/15 00:00 岸田文雄首相はこれから新型コロナ対策や外交・安全保障などで課題が山積、高市早苗政調会長と連携を!!
10/14 00:00 自民党が衆議院選挙にての選挙公約を発表、政治の流れが大きく変わる!!日本を愛する人を当選!!
10/13 00:00 拉致問題発言で露呈!!立憲民主党など旧民主党政権の連中らは極左反日反米の文在寅大統領と同じ!!
10/12 00:00 10月10日に発生したJR東日本の停電事故による長時間の遅延は現代社会のインフラ問題の象徴!!
10/11 00:00 日本のヘリ空母「いずも」に米国海兵隊のF35Bが離発着した本当の意味を知らねばならない!!
10/11 00:00 日本にとって台湾は本音で語れる仲、ヘル朝鮮たる韓国は非韓三原則とソーシャルディスタンスの仲!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved