このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5165)
国際情勢 (154)
政治 (1698)
防衛 (2620)
外交 (10)
芸能 (169)
スポーツ (57)
技術 (50)
社会問題 (188)
産業 (31)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 1099567
今日のアクセス: 506
昨日のアクセス: 711
RSS
カレンダー
<<2022年06月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
あなたも発言しよう、円安や財政出動は悪い事ばかりではない!!国民取得の上昇が最優先だ!!
[政治]
2022年6月23日 0時0分の記事

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


貴方も貴女も、昨今、参議院選挙の選挙戦が本格化していると感じる機会が多くなっているのではないでしょうか。

このような時こそ、あなたもしっかりと考え、政治に対して発言すべき時期です!!

6月19日06時00分にJBpressがmsnにて、「【舛添直言】我慢の限界に近い物価上昇、政府・日銀は「失政」を悔い改めよ」の題で(舛添 要一:国際政治学者)の執筆で気になる記事を配信しました。

『(前略)

なぜデフレは終わらないのか
 長々と引用したが、数値で物価目標を示すということを日銀に理解してもらうのが難しかった頃の議論である。

 その後、日銀総裁は、福井俊彦、白川方明、黒田東彦と代わって行くが、次第に日銀はインフレ・ターゲット論に賛成するようになってくる。とくに自民党が安倍総裁の下で政権に復帰してからは、その路線が定着した。

 この金融の量的緩和策は、ベースマネーを増やすことに眼目があって、そのために日銀が無制限に国債を購入するというような手段を講じるのである。その結果、企業の経済活動が活性化し、それが富を生み、賃金も上がっていく。そのおかげで消費が増え、物価も少しずつ上がっていくという好循環が理想型なのである。

 しかし、この理想はまだ実現していない。総務省が5月20日に公表した2022年4月分の消費者物価指数(CPI)は前年同月比で2.5%である。生鮮食料品を除くCPIは2.1%、生鮮食料品及びエネルギーを除くCPIは0.8%である。

 数字だけ見ると、2%というインフレ・ターゲットに到達しているが、それは賃金上昇がもたらした結果ではない。理由は、ウクライナ戦争であり、新型コロナウイルス流行である。戦争で、小麦などの食料品、石油や天然ガスなどの供給が激減し、またコロナで部品の供給が止まるなどの事態が生じた結果の値上げなのである。

 その一方で、賃金については、日本では諸先進国に比べて、驚くほど上がっていない。OECDのデータを基にした資料(東京新聞、6月15日朝刊に引用)によって、1995年〜2020年の25年間に、各国で名目賃金と物価が、それぞれどれくらい伸びたかをみてみる。韓国が2.92倍・1.92倍、アメリカが2.23倍・1.7倍、イギリスが2.08倍・1.64倍、ドイツが1.64倍・1.41倍なのに対し、日本は0.96倍・1.04倍である。

 つまり、日本のみが賃上げ率が物価上昇率よりも低いのである。これでは、生活防衛のために消費を抑制するしかない。「家計が値上げを許容できる」とはとても言えるような状況ではないのである。名目賃金が25年間で減っている。

 さらには、大和証券の末広徹氏の試算によれば、2012年を基準とすると、2022年4月には、物価は公表値の6.6%を超える15.4%も上昇しているのに、実質賃金のほうは公表値の5.6%以上の11.0%も下落しているのである。

 庶民の生活がいかに苦しくなっているかを示すデータである。しかも、戦争とコロナ、そして円安がそれに追い打ちをかけている。

 黒田総裁の家計発言が不適切だとしても、金融緩和政策を解除できるような状況にはないこともまた確かである。したがって、内外の金利差は広がる一方であり、円安は続かざるをえない。

 問題は、私が国会で速水総裁を追及してから21年も経つのに、日本経済がデフレ状況から脱却できていないことである。金融の量的緩和策が間違っているわけではないが、それだけでは目標に到達できないのである。

 単純化して言えば、市中に青天井でマネーを流しても、それを活用する企業がいなければ効果は上がらないからだ。


生産性の低下
 過去25年間にわたって日本経済がデフレから脱却できないのは、企業の生産性が上がっていないからである。日本の労働生産性はG7で最低である。

 日本生産性本部の『労働生産性の国際比較2021』によると、日本の(1)時間当たり労働生産性は49.5ドルで、OECD加盟38カ国中23位、(2)一人当たり労働生産性は78,655ドルで、OECD加盟38カ国中28位、(3)製造業の労働生産性は95,852ドルで、OECD主要31加盟国中18位である。

 長時間労働しながら、非効率で成果が上がらない職場が多すぎる。トップが決断する前に社内のコンセンサス形成などで時間がかかりすぎること、IT化が遅れていること、旧来の年功序列賃金・終身雇用の仕組みがまだ変わっていないこと、スタートアップ企業への支援が足りないことなど数々の理由が考えられる。

 リモートワーク、IT化など、コロナ感染の拡大によって余儀なく進んだ分野もあるが、他の先進国に比べて、まだ遅れている。政府も「働き方改革」などを推進しているが、民間の創意工夫が不可欠である。

 以上に列挙した理由以外にも、生産性を下げている理由は多々あるであろう。教育の分野もそうである。その原因をまず解明することが必要である。生産性を向上させて、企業の国際競争力を強化しないかぎりは、賃上げにはつながらないからである。


スイスのビジネススクールIMDが6月15日に発表した「2022年世界競争力ランキング」によると、日本は前年から順位を3つ下げ、34位と過去最低になった。10位までの順位は、(1)デンマーク、(2)スイス、(3)シンガポール、(4)スウェーデン、(5)香港、(6)オランダ、(7)台湾、(8)フィンランド、(9)ノルウェー、(10)アメリカである。中国は17位、韓国は27位である。中国や韓国にも大きく引き離された日本の凋落ぶりを再認識させられる。

 判断基準は、(1)経済状況、(2)政府の効率性、(3)ビジネスの効率性、(4)インフラであるが、デジタル化の遅れや、政府や事業の効率性の低さ、研究開発力の急低下などが低評価の理由である。

 現在の円安の進行は、日本の競争力の低下に正面から向かい合う絶好の機会である。』

正に厳しい論調ですが、一見の価値はありますね。

アベノミクス成功のため総理のアドバイザーを務め、元スイス大使の本田悦郎氏は自身のツイッターで次のように述べました。

6月17日:

『世界的なコストプッシュインフレに対し、質素倹約や節電を説く「アドバイザー」が増えている。しかし、そんな事は、賢明な国民は言われなくても実行する。質素倹約の結果はデフレの再来。問題は豊かな消費生活ができる所得環境を造ること。財政出動で資金循環を拡大し、国民所得を増やす事が第一。』

6月18日:
『円安は日本経済にとってプラスである。しかし、円安によって輸入価格が押し上げられているのは確かで、その対策として、消費税やガソリン税の減税や高コストに苦しむ中小企業への給付金等を敢行すべき。輸入品の価格の上昇は、所得が伸びなければそれ以外の価格の下落を招き、デフレに戻る危険性あり。』

6月19日:
『円安対策のための金利引上げを主張するマスコミや御用学者が跡を絶たない。しかし、金融政策は国内経済の安定の為に発動されるべきもの。為替誘導のために使うのは禁じ手、国際金融の常識。為替は、金利差で決まるものではなく、予想インフレ率を差し引いた実質金利差で決まる。経済の基礎を学ぶべし。』

『日銀の大規模金融緩和の最大の目的は、予想インフレ率の2%近傍への引上げとそこでの安定化です。それによって、予想実質金利(名目金利-予想インフレ率)を中立金利より引下げ、デフレから脱却すること。円安はその反射的効果です。予想インフレ率引上げに未だ成功していないのは消費税増税のためです。』


正に、正に直言そのもののご指摘!!


あなたも発言しよう、円安や財政出動は悪い事ばかりではない!!
国民取得の上昇が最優先だ!!




6月12日の日曜討論TV画像
出典:「江戸の花火師」 ツイッター
これも景気浮揚策です!!



下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



あなたも発言しよう、円安や財政出動は悪い事ばかりではない!!
国民取得の上昇が最優先だ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
いいね、等の高評価や読者登録等も頂けると幸いです!!

1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/474462
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
08/17 00:00 あなたも知る『アイドルマスター・シンデレラガールズ』が今年度末で終了!!今後も発展するぞ!!
08/16 00:00 否応なく貴方も貴女も対応せねばならない暴風雨や我が日本への脅威、そしてウクライナ情勢の変化!!
08/15 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性26 補給・防空戦
08/14 00:00 貴方も貴女も皆様もお盆の季節で気を付けよう!!飲酒運転は酒気帯びを含めて絶対ダメ!!
08/13 00:00 あなたも驚くほど政治が動く!!第2次岸田内閣で高市早苗氏が経済安全保障担当大臣!!
08/12 00:00 あなたも驚く程にウクライナ情勢が動く!!ロシア占領下のクリミア半島空軍基地で大規模な爆発!!
08/11 00:00 あなたも苦笑い、ロシアを批判する「駐日口シア連邦犬使館」のサイトのjokeが良い!!
08/10 00:00 何故、今現在も台湾や沖縄は日本の生命線なのか??東日本大震災等の教訓をも生かせ!!
08/09 00:00 貴方も貴女も怒って当然!!極左反日反米の狂った根拠無しの誹謗中傷は広島平和式典でも!!
08/08 00:00 台湾有事は即、日本有事!!そのあるべき日本の国防力とは!?
最近のコメント
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(素浪人)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved