このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5468)
国際情勢 (154)
政治 (1754)
防衛 (2836)
外交 (10)
芸能 (187)
スポーツ (67)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (32)
その他 (32)
アクセス数
総アクセス数: 1259211
今日のアクセス: 444
昨日のアクセス: 411
RSS
カレンダー
<<2023年04月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
あなたも知る岸田文雄首相が覚醒した裏に露中朝韓の暴走!!
[政治]
2023年4月1日 0時0分の記事

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


今日は4月1日。

新しい年度の始まりです。

貴方も貴女も、リフレッシュした気持ちでこの日を迎えているのではないでしょうか。

そのような中、寒暖の差が激しい気象条件同様、国際情勢も気象同様に激しく動いています。

岸田文雄首相に異変が・・・・。


3月27日11時16分にzakzak by 夕刊フジが「岸田首相「覚醒」か ロシアや中国に対し強気な姿勢 外交姿勢に変化の兆し 野党の「高市更迭要求」も拒否」の題で次のように指摘しました。

『岸田文雄首相の「覚醒」を指摘する声が出ている。近隣諸国による主権侵害などに及び腰だった、以前の外交姿勢に変化が見えるというのだ。一部野党の攻勢に迎合ぎみだった内政の姿勢まで変わったとの見方もある。日本の首相として「戦後初めての戦地訪問」となったウクライナへの電撃訪問(21日)が、何かを変えたのか。

(中略)

岸田首相は最近、放送法の「政治的公平」の解釈に関する総務省の行政文書が流出した問題に絡み、孤軍奮闘の感があった高市早苗経済安全保障担当相の罷免を要求した一部野党に対し、「論理が飛躍している」と断じ、注目されていた。

「反日」暴挙に牋箚庫き瓩鯱発して、毅然(きぜん)とした対応を打ち出せなかった外交姿勢の転換となるのか。岸田首相の言動に注目が集まりそうだ。』


この指摘は、一部で囁かれる衆議院の早期解散の意向とか、内政外交姿勢にも表れています。

3月28日に首相官邸HPが「令和5年度予算成立等についての会見」の題で次のように公開しました。

『(前略)

令和5年度から5年間で総額43兆円の防衛予算、これを確保して、戦後最も厳しく複雑な安全保障環境に対峙(たいじ)し、いかなる事態が生じても、国民の命や暮らしを守り抜いてまいりたいと考えています。こうした令和5年度予算の早期予算成立に御協力をいただきました与野党を始めとする全ての関係者の皆さんに、心より感謝を申し上げたいと思います。今後、速やかに予算の早期執行に向けて取り組んでいきたい、このように考えております。

(中略)

(ロシアの艦艇が日本海で対艦巡行ミサイルの発射練習について)

 本日、ロシア国防省は、日本海において、太平洋艦隊のミサイル艦艇が巡行ミサイルの発射訓練を実施した旨発表したということについて、承知しております。被害情報は入ってきてはおりません。そして、今回のミサイル発射に関するロシア側の意図について申し上げることは控えますが、ロシアのウクライナ侵略が続く中、我が国周辺を含む極東において、ロシア軍がその活動を活発化させており、政府として、こうしたロシア軍の動向について、引き続き、注視をしてまいります。何か発信する考えはないかということでありますが、ロシア側とは必要に応じ、外交上のやり取りを行っております。その内容については、従来から明らかにすることは控えておりますが、政府として、ロシア軍の動向について引き続き注視をしていく、その中で、引き続き、今後とも必要なやり取りは行っていきたいと考えています。』

岸田文雄首相の強いリーダーシップが日本の外交や安全保障体制強化につながっている事は間違いありません。

その背景には、ロシアのウクライナ侵攻に象徴される覇権主義的な独裁体制、ロシアの子分でコピー、特亜3国と言われる中国・北朝鮮・韓国の独裁体制の向こう見ずな圧政・挑発・暴走などがあります。

これらの事実に刮目しなければなりません!!


あなたも知る岸田文雄首相が覚醒した裏に露中朝韓の暴走!!



3月28日、官邸にて令和5年度予算成立等についての会見をする岸田文雄首相
出典:首相官邸 HP


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。
どしどしご質問、コメントをお寄せください。
お待ちしております!!



あなたも知る岸田文雄首相が覚醒した裏に露中朝韓の暴走!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
いいね、等の高評価や読者登録等も頂けると幸いです!!

1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/483277
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
05/31 00:00 G7でも確認された経済安全保障はまず身の廻りから!!
05/30 00:00 日本の防衛強化や自公連立関係変化もG7の成果だ!!
05/29 20:11 緊急速報 北朝鮮がロケット発射通告、破壊措置命令!!
05/29 00:00 自衛隊車両や糧食のウクライナへの引渡実現、G7の成果!!
05/28 00:00 G7でロシアのプーチン大統領は過去回帰とは驚愕
05/27 00:00 G7終了に合わせたウクライナやロシア人義勇兵の攻勢!!
05/26 00:00 広島G7の成果が出た一方でウクライナ情勢急変!!
05/25 00:00 G7に岸田文雄首相が招待したゼレンスキー大統領双方の辣腕
05/24 00:00 F16戦闘機のウクライナ供与決定はG7の歴史的成果!!
05/23 00:00 G7を広島で開催した事は岸田文雄首相の歴史的成果!!
最近のコメント
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(素浪人)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved