このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5478)
国際情勢 (154)
政治 (1755)
防衛 (2843)
外交 (10)
芸能 (189)
スポーツ (67)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (32)
その他 (32)
アクセス数
総アクセス数: 1264616
今日のアクセス: 239
昨日のアクセス: 546
RSS
カレンダー
<<2023年05月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
G7に岸田文雄首相が招待したゼレンスキー大統領双方の辣腕
[防衛]
2023年5月25日 0時0分の記事

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


貴方も貴女も今、実感されてはいないかも知れませんが、歴史の分岐点とは、一見すれば地味なものです。

それでも、筆者は指摘します。

今年のG7広島サミットは、歴史の分岐点であったと、評価されるでしょう!!


5月21日21時48分に産経新聞 THE SANKEI NEWSが「ゼレンスキー氏のG7参加、ウクライナでも評価の声」の題で「ウクライナ侵略」「G7」の特集・連載項目にて、次のように伝えました。

『【キーウ(キエフ)=桑村朋】ウクライナのゼレンスキー大統領は自ら参加を希望したとされる先進7カ国首脳会議(G7広島サミット)の会場で各国首脳と精力的に会談し、ロシアへの圧力強化に向け自国の立場に理解を求めた。戦闘機供与も決定的となり、ウクライナ国内でも成果を評価する声が上がった。

ゼレンスキー氏のサミット出席は日本側と一度はオンライン参加で合意していたが、同氏が対面参加を強く希望して実現したとされる。ロシアとの長期戦を視野にG7やグローバルサウスと呼ばれる新興・途上国の首脳に直接訴え、支持を広げる狙いがあった。

「日本からアラブ、欧州から南米までがわれわれの『平和のフォーミュラ(公式)』を支援してくれている」。ゼレンスキー氏は21日午後、交流サイト(SNS)に投稿し、G7広島サミットまでの外遊の成果を強調。「侵略者が私たちの領土に居座る限り、誰もロシアとの交渉テーブルにはつかない」とした。

戦時下での対面外交は大きな狎果瓩鬚發燭蕕靴拭バイデン米政権は20日、同盟国によるウクライナ軍への米国製F16戦闘機の供与を容認する考えを表明。供与に前向きな欧州の同盟国との「戦闘機連合」が動き出し、戦況を好転させる可能性が出てきた。

「F16が届けば私たちは戦争に勝つ」。ウクライナ空軍のイグナット報道官は20日、地元メディアにこう語り、防空システムがない地域での防空に役立つとして期待を示した。ウクライナの政治学者、ミコラ・ダビデュク氏もテレビ番組で「この決定はロシアにとって『核兵器』(と同様の脅威)となる」と述べ、支援を引き寄せたゼレンスキー氏の手腕をたたえた。


ゼレンスキー氏が参加したG7広島サミットが戦況の転換点になると期待する国民も少なくない。

キーウ在住の人道支援団体職員、アナスタシア・スリペッツさん(26)は「大統領が開戦後初めてインドなどロシアに融和的な国の首脳と会談したのは大きい」と評価する。日頃から露軍に攻撃された人々と接しており、「数々の罪を犯したロシアを国際社会から孤立させる契機になれば」と話す。



「被爆地広島のサミットに戦時下のウクライナ大統領が出たことは象徴的な意味がある」と語るのは西部ビンニツァのプログラマー、ヤロスラフ・シャマティエンコさん(33)。ロシアが不法占拠するザポロジエ原発に触れ、「チェルノブイリの悲劇があったウクライナに再び核の脅威が迫っている。ロシアに肩入れする国は現状を正しく理解してほしい」と訴えた。』


正に、正に、今回のG7広島サミットにウクライナのゼレンスキー大統領が直接参加し、体面での首脳会談が出来た事は、極めて異例のやり方とは言え、岸田文雄首相の辣腕による大きな成果と言えましょう。

また、ゼレンスキー大統領が米国などからF16戦闘機の供与承認を得た事など、更なる軍事や民事支援を得られた事も、岸田文雄首相と同様に正に辣腕と言えるでしょう。


G7に岸田文雄首相が招待したゼレンスキー大統領双方の辣腕





5月21日、G7広島サミット3日目、最終日にて開催された日本とウクライナとの首脳会談
ウクライナのヴォロディミル・ゼレンスキー大統領(左)と握手を交わす岸田文雄首相(右)
出典:首相官邸HP


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。
どしどしご質問、コメントをお寄せください。
お待ちしております!!



G7に岸田文雄首相が招待したゼレンスキー大統領双方の辣腕



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
いいね、等の高評価や読者登録等も頂けると幸いです!!

1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/484919
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
06/09 00:00 11回目アイマス本選Stage for Cinderellaの投票結果に驚愕
06/08 00:00 クリントン元米国大統領が12年前にロシアの侵攻を知り隠蔽
06/07 00:00 あなたも衝撃、我が日本は想像以上に米国と密接な関係!!
06/06 00:00 SNSでの誹謗中傷はガーシー容疑者のような末路を辿る
06/05 00:00 100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!
06/04 00:00 北朝鮮の偵察衛星発射失敗と拉致問題はセット、毅然と動け
06/03 18:36 あなたも激怒、ジャニーズ事務所の対応は絶対にダメ!!
06/03 00:00 あなたも就寝中に起きる「こむら返り」対策は必須!!
06/02 00:00 岸田文雄首相は北朝鮮拉致問題等で台風の目になる!?
06/01 00:00 ウクライナとベラルーシのやり方は日本も教訓にすべき!!
最近のコメント
ウクライナとベラルーシのやり方は日本も教訓にすべき!!()
あなたも就寝中に起きる「こむら返り」対策は必須!!(借金返済できない)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(素浪人)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved