ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5799)
国際情勢 (154)
政治 (1801)
防衛 (3067)
外交 (10)
芸能 (225)
スポーツ (82)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (32)
その他 (32)
アクセス数
総アクセス数: 1457779
今日のアクセス: 631
昨日のアクセス: 1034
RSS
カレンダー
<<2020年05月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2020年5月21日 0時0分
中国は新型コロナでWHOと責任放棄、韓国は嘘捏造洗浄剤を日本に販売、福山哲郎議員らも同じ!!
中国発の武漢ウイルス・中国ウイルス・新型コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大で、改めて筆者が大切であると痛感した言葉の一つに、潔い、という言葉があります。
かつての戦国時代を終わらせ天下を取った豊臣秀吉は、文字通り貧しい農家の出身でしたが、ネアカで潔い性格が織田信長などに好かれて大出世した、と言われています。

逆に言えば、潔くない人や企業、集団などは、どのように言い訳しても、どのように責任回避しても、人に好かれる事はありません。
況してや、信頼を得る事などはあり得ません。

そうです、正に極左反日反米の思想に毒されている特亜3国と言われる中国や南北朝鮮、朝日新聞やCNNを筆頭とする偏向報道大好き偏向マスゴミ、それに便乗する福山哲郎議員ら旧民主党勢力などの政治勢力らが信頼を得る事などはあり得ないのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年5月20日 0時0分
中国発の「死のウイルス」新型コロナウイルスで米中対立激化、日本は宇宙作戦隊発足等の防衛強化!!
中国発の「死のウイルス」である、武漢ウイルス・中国ウイルス・新型コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大により、私達の生活は一変してしまいました。

私達の平和や安定、日々の生活は、ウイルスの感染一つでも、簡単に壊れてしまう程、儚い、そして薄いガラスや薄氷の如く、もろいものなのです!!
中国の手下、WHOなど新型コルナウイルス対策には何の役にも立たないではないですか!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年5月19日 0時0分
極左反日反米の偏向マスコミらや政治勢力の偏向報道・言動は新型コロナを感染拡大させた中国の言動!!
中国発の武漢ウイルス・中国ウイルス・新型コロナウイルスによる新型肺炎の世界的な感染拡大で、またまた暴露された事は膨大です。

最近、暴露されたテレビ朝日系情報番組「グッド!モーニング」の取材に応じた医師が「映像が編集され、正反対の意見としてみえるように放送された」とSNSなどで指摘した問題は、その典型的な事例ですが、このような事件はまだ些細なレベルですよ。
もっともっと深い、そして重い罪を極左反日反米の偏向マスコミらや政治勢力は犯しているのです!!

中国の覇権・帝国主義的な言動や脅しの手口、WHOなどの国際機関を牛耳る中国の悪辣さなどと共に、朝日新聞やCNNを筆頭とする極左反日反米の偏向マスコミらや政治勢力の偏向報道・言動など、切りが無い程の政治経済や社会の問題や矛盾が噴き出しています。
これらをしでかす輩達は、中国や北朝鮮のような独裁圧政国家を「理想郷」としているとしか思えません!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年5月18日 0時0分
【第7回・最終回】日本の新型コロナウイルス対策は世界の標準になる!!今が有事と考えよ!!
4月12日に初回・第1回より本日を含めて7回に渡って掲載した、中国発の武漢ウイルス・中国ウイルス・新型コロナウイルスによる新型肺炎の世界的な感染拡大の対策シリーズも本日を以て一区切りとします。

既にご承知かと存じますが、新型コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大対策は中長期的視点に立った段階に入っています。

これまでお伝えした項目は、以下の通りです。

1 マスク・手袋不足について
2 消毒液
3 その他の物品不足について
4 接客、営業等の注意点
5 テレワーク、時間差出勤等の対応について
6 感染予防
7 マスク・消毒液の入手方法
8 常備すべき品物について
9 入手方法
10 マスク、消毒液、ゴム手袋等の物品類の不足への対応
11 容器不足への対応
12 防護衣等について
13 政府が提言する新しい生活様式について

正に、マスク不足、消毒液不足、手袋不足等が身に染みて感じられる現状とその対策に筆者も含め多くの方々が必死になって対策を講じ、多くの声や筆者の実体験を含めてその内容を掲載しています。

そして最終回の第7回では、

14 求められる今後の新型コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大対策

を掲載します。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年5月18日 0時0分
『ラブライブ!サンシャイン!!』も感染防止ポスターに登場、徹底した新型コロナウイルス感染防止策を!!
日本の多くの地域、39県で中国発の武漢ウイルス・中国ウイルス・新型コロナウイルスによる新型肺炎の感染拡大で発令されていた緊急事態宣言が、5月14日に解除され、初めての週末は如何でしたでしょうか。

筆者も、一段落した、山は過ぎた、とホッとしている所です。

しかし、この新型コロナウイルスは、既にワクチン等がある各種のインフルエンザ等とは違い、かつ、新種の感染症であることから、中長期的視点に立った感染予防策や治療薬・治療方法の開発や普及、予防ワクチン等の開発が急務です。

更に、東京都や大阪府等ではまだまだ油断が出来ない状況が続いています。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
04/18 00:00 純金茶碗窃盗や賭博不正送金よりUSスチール買収は歴史的
04/17 00:00 10年に1度という気象変動が多発しています!!要警戒!!
04/16 00:00 大谷翔平選手の偉業達成の大活躍の裏に日々の研鑽あり!!
04/15 00:00 イランがイスラエルを直接攻撃、報復の応酬開始!!
04/14 00:00 岸田文雄首相とバイデン大統領との蜜月関係は日米同盟を象徴
04/13 00:00 「ヤンキードゥードゥル」には米国の歴史が隠されている
04/12 00:00 広報や宣伝はアイマスやトランプ前大統領に聞いて下さい!!
04/11 00:00 【時局直言】岸田文雄首相の国賓待遇訪米で日米同盟が強化
04/10 00:00 お花見は春の5K、寒暖差・花粉・強風・乾燥・黄砂にご用心
04/09 00:00 すばる天文台の画像解析アプリCOIASで市民が貢献!!
最近のコメント
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(田中_jack)
斉藤由貴さんの奔放さと格の違いに学ぶ点はある!!(京都鍼灸院)
毎日睡眠や寝起きがしっかり出来る事は極めて重要です!!(山椒)
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(ペット火葬京都)
硫黄島などの火山活動活発化は激変の兆候か!?(和歌山グランピング)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(田中_jack)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(初めてお金借りる)
ウクライナとベラルーシのやり方は日本も教訓にすべき!!()
あなたも就寝中に起きる「こむら返り」対策は必須!!(借金返済できない)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved