ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (3838)
国際情勢 (141)
政治 (1303)
防衛 (1772)
外交 (10)
芸能 (130)
スポーツ (33)
技術 (48)
社会問題 (187)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 464711
今日のアクセス: 124
昨日のアクセス: 257
RSS
カレンダー
<<2019年03月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2019年3月18日 0時0分
2019年は朝鮮半島における「真の自由民主主義」への節目の年として歴史に刻まれる!!
動乱は人を作る、そして時代は人を得て進歩するものです。

今年2019年はお世辞にも動乱の年となっていますが、かの北朝鮮の最高指導者である金正恩党委員長や、北朝鮮の首席報道官と野党からすら皮肉られる下朝鮮・ヘル朝鮮たる南朝鮮・韓国の最高指導者、文在寅大統領の悪政や無為無策のツケを払わされる時が来たのは公然、いや周知の事実となりました。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年3月17日 0時0分
英国のEU離脱時期の一時延長が英国下院で可決、中長期的に日英両国が有利になる訳
英国のEU離脱が3月29日に迫る中、英国議会が紛糾しているのは、皆様も多くの報道で既に存知でしょう。

3月14日夜、英国下院はEU離脱時期の一時延長を可決しました。
これは中長期的に日英両国が有利になるのです。
その訳は??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年3月17日 0時0分
NZで発生した白人至上主義者のモスク銃撃事件と東京新聞の望月衣塑子の事実誤認質問は同じ思想!!
日本時間の3月15日午前、南半球のニュージーランド(NZ)の南島クライストチャーチのモスクの2ヶ所で発生した銃乱射事件。
どうして、このような大量死傷事件が、世界で最も平和でテロとも縁遠いとされているNZで発生するのか・・・。
筆者を含め、多くの方々が同じ思いをされ、事件の犠牲者らを悼む気持ちをお持ちかと存じます。

3月15日、首相官邸HPは、安倍首相がNZのアーデン首相宛に出したメッセージを「ニュージーランドのクライストチャーチのモスクでの銃撃事件に対する安倍総理大臣のメッセージを公開しました。

『親愛なるアーデーン首相、

 本日、クライストチャーチで発生した卑劣なテロ攻撃を断固として非難します。日本国政府及び日本国民を代表して、亡くなられた方々に対し心からの哀悼の意を表すると共に、ご遺族及び負傷された方々に心からお見舞い申し上げます。
 ニュージーランド国民の皆様がこの困難な時を乗り越えるにあたり、心からの連帯を表明します。
 テロは、いかなる理由でも決して許されません。日本は、ニュージーランド及び国際社会と手を携えて、テロと断固として戦う決意です。
日本国内閣総理大臣
安倍 晋三』
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年3月16日 0時0分
ケンチャナヨ精神というデタラメで下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国は文在寅大統領も統計すらもNGだ!!
20世紀後半の冷戦時代、米国を訪問した旧ソ連のフルシチョフ首相は、当時の米国大統領のアイゼンハワーが「キャンプ・デービットにこれからご招待しましょう」との発言に次のように答え、ドンデモない外交紛争に発展した事実があります。

「キャンプ??ほう、私が共産主義国家から来たのでこれから収容所にご招待する、という事ですかい??
これは我が国に対する宣戦布告と見做す(怒り)!!・・・」

その後、アイゼンハワー大統領などが時間をかけて必死に誤解を解き、有名な冷戦の雪解けを象徴する「キャンプ・デービッド会談」が実現しました。
当時、旧ソ連の米国専門家ですらも「キャンプ・デービッド」が米国大統領の別荘である事を誰も知らなかった事で起きた珍事です。
恐ろしい程の「常識外」の出来事です!!
そして正しい情報がいかに大切かを示す事例でもあります。

現実には、現在でも旧ソ連のこの珍事と同様に、各国政府の統計も政府によっては「信用性などは無い」ものが多く存在します。
特に、西朝鮮たる中国、北朝鮮、そして北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国の統計です!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年3月15日 0時0分
日英両国で過去の清算へ政治の動きが加速、その対象は下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国とEUだ!!
日英両国で「過去」の清算へ政治の動きが加速しています。

政治とは、人と人とのつながりやそれに伴う「しがらみ」が付きものですが、それは国家レベル、世界レベルでは「桁違いに大きく、かつ多岐に」なります。
これらの「過去」の清算への動きが政治で活発化するということは、国際情勢を含めて大きく世の中が動く事になります。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
06/25 00:00 気象も国内外情勢さえも五月雨模様!!不透明で不安定な情勢に対処する総合自主防衛能力の確立を!!
06/24 00:00 特亜3国である中国と南北朝鮮は内輪もめで大きな転機!!その影には日米両国の外交や工作の効果!!
06/24 00:00 極左反日反米野党共の悪辣な揚げ足取りや無能さが逃走犯の小林誠のような安全を乱す輩を生む!!
06/23 00:00 米国トランプ大統領がイランへの攻撃10分前に中止!!日本はアジア・アフリカのリーダーになれ!!
06/22 00:00 特亜3国は中韓両国が北朝鮮という乞食国家に関わることでアリ地獄!!G20サミットが見物だ!!
06/21 00:00 安倍首相、八方美人的な外交政策をやめて米国トランプ大統領のように中韓両国等に厳しい措置を!!
06/20 00:00 6月18日深夜に山形県沖で地震!!このような時には国際政治や軍事での地殻変動にも備えよ!!
06/19 00:00 大阪府拳銃強奪事件の犯人の凶悪な犯行と不可解な行動は宮城県で発生した同様の事件と共通点あり!!
06/18 00:00 ホルムズ海峡近くのタンカー攻撃などテロや破壊工作には日本が世界の交通路防衛へのリーダーシップを!!
06/17 04:45 大阪吹田市で発生した警察官に対する強盗殺人未遂事件の逃走犯は正にテロリスト!!極刑に値する!!
最近のコメント
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved