このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4808)
国際情勢 (154)
政治 (1605)
防衛 (2381)
外交 (10)
芸能 (153)
スポーツ (48)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 888111
今日のアクセス: 171
昨日のアクセス: 618
RSS
カレンダー
<<2017年02月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
米国のトランプ大統領の側近となるマクマスター新補佐官は相当の切れ者で日本も学ぶ点あり
[防衛]
2017年2月24日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


米国のトランプ大統領の側近となるマクマスター新補佐官は相当の切れ者であると評判です。
日本も学ぶ点ありでは??

2月23日08時43分にロイターが「アングル:トランプ氏の新補佐官、安全保障上の意見に食い違い」の題で次のように伝えました。
『[ワシントン 20日 ロイター] - トランプ米大統領は、反対意見をほとんど受け付けようとしない。だが新たに国家安全保障問題担当の大統領補佐官に就任したマクマスター陸軍中将によって、早速度量が試されることになりそうだ。

マクマスター氏はロシア、対テロ、米軍再編などの重要な安全保障上の問題について、ホワイトハウスにおいてトランプ氏に忠実なグループと見解が異なるだけでなく、トランプ氏自身が表明してきた考えとも一致していない。

感情より経験、政策理論より実践、衝動より知性に基づいた思考回路を持つマクマスター氏にとって、政治の舞台は異世界で、かつてのアフガニスタンやイラクの戦場と同じく反感を向けられていると受け止めるかもしれない。

ただ孤立無援ではないだろう。政権内のマティス国防長官や、ダンフォード統合参謀本部議長、上院軍事委員会のマケイン委員長らは、ともに軍務に携わった多くの将兵とともに味方になってくれると期待できる。

スパイサー米大統領報道官は21日、トランプ氏がマクマスター氏に「国家安全保障チームの組織陣容を望むように固められる完全な権限がある」と伝えた、と説明した。

だがトランプ氏は既に、右派イデオロギーの持ち主として知られるバノン首席戦略官を国家安全保障会議(NSC)メンバーに加える異例の人事を行っている。

元陸軍将校で国防総省の中東政策担当者を務め、マクマスター氏とは10年以上も友人関係にあるアンドルー・エグザム氏は「(マクマスター氏が)バノン氏が政権に引き入れた、非常にイデオロギー色の強い人物たちと衝突する恐れがある」と述べた。

それでもトランプ氏が入国制限問題などでつまずいたことは、マクマスター氏ばかりかマティス氏やティラーソン国務長官の立場を強める要素になった、とエグザム氏は話す。

マクマスター氏の影響力が最初に試されるのは、政権のシリア政策と対イスラム過激派政策の見直し作業になるだろう。国防総省高官は21日、見直し結果は来週早々に公表すると述べた。

バノン氏は昨年6月、米国と西側同盟国はイスラム過激派と「世界的に存亡をかけた戦争」を遂行していると発言。しかしマクマスター氏のイスラム教スンニ派過激組織を打倒するやり方はもっと慎重で、過激派と地元の大多数の住民を分離する戦略に依拠するものだ。

マクマスター氏は陸軍大佐だった2005年、米第3装甲騎兵連隊長としてイスラム過激派に占拠されたイラク・シリア国境の都市タルアガル奪回に向けた侵攻に際して、部隊将兵の一部にアラブの伝統衣装を身に付けさせ、アラブ系米国人を募って地元民に扮する役割を演じさせた。また、壁に掛けられた絵を見てその世帯がスンニ派かシーア派かを区別する方法を部隊に伝えるなど、実にきめ細かい準備作業を行った。

さらに部下に対して、イラク人と出会っても、多くの米国人がメッカ巡礼者を軽蔑して使う「ハジ(hajji)」と呼ぶなと命令している。

こうした経験を踏まえ、マクマスター氏は専門誌で、トランプ氏がスンニ派過激派組織ISを爆撃で根絶すると表明しているようなむやみな強硬策は裏目に出る恐れがあると警鐘を鳴らした。

<問われる政治対応>

マクマスター氏にとって次の試練は、ロシア問題になるとみられる。前任のフリン氏やトランプ氏と異なり、マクマスター氏はロシアを潜在的なパートナーというよりは敵対者とみなす。

昨年5月には戦略国際問題研究所(CSIS)で、ロシアのクリミア編入やウクライナ東部における反政府勢力支援に関して、第2次大戦後や冷戦後に欧州で確立された安全保障、経済、政治の秩序を、ロシアの利益が高まる別の秩序に置き換えようとしている試みの証拠の一端だとの見方を示した。

マクマスター氏とトランプ氏は、米軍の規模やあるべき姿でも意見に違いが見られる。

トランプ氏は選挙戦で、海軍艦船を282隻から350隻に増やすことや、空軍に必要な1200機の戦闘機を配備するなどと約束している。

一方、マクマスター氏は2015年の論文で、偵察・諜報・情報収集・精密攻撃能力の向上に基づき、敵の届かない距離で戦闘することで勝利の見通しが急速に開けるという考え方は誤りであり、目標とする敵の組織と戦略を混同していると述べた。

これらの立場の違いがあってなお、マクマスター氏がトランプ氏やその側近が定めた米国の政策を修正する力を持てるかどうかが問題だ。

元陸軍大佐で、イラクとアフガンにおける軍事行動に向けた米軍の緊急展開方針の見直しに携わったジョン・ネーグル氏は、マクマスター氏は戦略論や超大国としての米国の国際的な責任といった問題の対処法は分かっているが、必ずしも米国の国益を後押ししない行動を取る時の政権をどううまく御していくかが試練になる、と指摘した。

(John Walcott記者)』

筆者としては、マクマスター氏とトランプ氏は考え方が違うものの、論理的な思考や型破りな言動の部分には共通点が見られると感じます。
そして、マクマスター氏の軍の実績は日本の自衛隊の考えに近いこともあり、日本も米国も両国の軍隊がこれから変革するに当たっては、彼の考え方にまだまだ学ぶ点があるでしょう。

特に、引用記事にもありました「マクマスター氏は2015年の論文で、偵察・諜報・情報収集・精密攻撃能力の向上に基づき、敵の届かない距離で戦闘することで勝利の見通しが急速に開けるという考え方は誤りであり、目標とする敵の組織と戦略を混同していると述べた。」の点は、極めて先進的であり、むしろ日本的な思考をする方であると、筆者は強く感じます。


米国のトランプ大統領の側近となるマクマスター新補佐官は相当の切れ者で日本も学ぶ点あり!!


新たに国家安全保障問題担当の大統領補佐官に就任したマクマスター陸軍中将(左)と、
米国のトランプ大統領(右)
出典:トランプ氏自身のツイッター

不動産ビジネスでホテルチェーンを築いたトランプ氏が有能なマクマスター陸軍中将を大統領補佐官に任命したのはむしろ当然です!!


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお願い申し上げます。


米国のトランプ大統領の側近となるマクマスター新補佐官は相当の切れ者で日本も学ぶ点あり!!


と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/376292
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
09/18 00:00 安倍晋三前首相が自民党総裁選挙にて高市早苗候補を支持表明、これで流れが大きく動く!!
09/17 00:00 北朝鮮が長距離巡航ミサイルに続き弾道ミサイル発射、韓国SLBM発射実験、彼らには鉄壁の防衛体制を!!
09/16 00:00 自民党総裁選挙に絡み中露朝や極左反日反米勢力が暗躍、日本の政治家は安全保障を理解出来る人を!!
09/15 00:00 北朝鮮が長距離巡航ミサイル発射実験、日本は高市早苗前総務相の言われる敵基地攻撃能力が不可欠!!
09/14 00:00 9.11テロ後でも毎年欠かせない山形の風物詩「芋煮会」も新型コロナ禍で影響!!悔しい!!
09/13 00:00 20年前の9.11米国同時多発テロで米国バイデン大統領が機密公開、今更、何故だ!?
09/13 00:00 モデルナワクチンの異物混入も自民党総裁選挙のお話も、問題の本質を見抜けば見えてくる!!
09/12 00:00 9.11テロから20年、日本は全く新たなる役割を世界に対して担わなければならない!!
09/11 00:00 新型コロナウイルスワクチンや治療薬等で改めて議論の大麻草を原料にした医薬品の検討等を急げ!!
09/10 00:00 高市早苗前総務相が自民党総裁選挙出馬表明でその素晴らしい政策と会見でヤジを飛ばしたバカ記者!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved