このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4439)
国際情勢 (154)
政治 (1485)
防衛 (2158)
外交 (10)
芸能 (141)
スポーツ (39)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (28)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 666228
今日のアクセス: 353
昨日のアクセス: 427
RSS
カレンダー
<<2020年09月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
安倍首相がまたまた日印、日英の関係強化や防衛強化を進める外交防衛成果を挙げる!!GJ!!
[防衛]
2020年9月13日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


「火事場のバカ力」という、非常時のあり得ないパワーを指し示す言葉があります。

あくまでも報道されている記録上ですが、過去には2.5tのトラックを持ち上げ、我が子を助けた母親がいるとか。

普通はあり得ない、潜在的なパワーが人にはあるのです!!

安倍首相は9月11日、自身のツイッターで次のように矢継ぎ早に外交成果を公開しました。

『インドとの物品役務相互提供協定に署名しました。これにより、自衛隊とインド軍との緊密な連携が促進され、日印両国が協力して、国際社会の平和と安全に積極的に貢献していく。その大きな礎となるものです。

昨日(筆者加筆:9月10日)は、モディ首相と電話会談を行い、この協定が署名に至ったことを歓迎しました。モディ首相とは、毎年、互いの国を訪問し、多くの時間を共に過ごす中で、自由で開かれたインド太平洋というビジョンを共有し、安全保障を含めた日印両国の協力関係を飛躍的に強化することができました。

さらには米国や豪州など普遍的価値を共有する国々と手を携えて、日本は、この地域と世界の平和と安定に、これからも大きな役割を果たしていかなければならない。そう考えています。』

『イギリスとの経済連携協定が、先ほど、大筋合意に達しました。

ジョンソン首相とは先日も電話会談を行いましたが、普遍的価値を共有するパートナーである日英両国が、これまでになく強固な連携のもとに、自由貿易を推進していく。新しい時代の経済ルールを、世界へと広げていく。その力強いメッセージを発信するものです。

この先には、TPP経済圏の拡大もあります。日本は、これからも、自由で公正な経済圏を世界へと広げるため、世界の真ん中で、主導的な役割を果たしていきます。

(写真は、2019年のG7サミットで撮影したものです)


(筆者加筆:画像は、英国のジョンソン首相(左)と握手する安倍首相(右))』

素晴らしい、素晴らしい外交成果です!!
SNSでも、「やっぱ安倍首相の地球儀を俯瞰する外交凄いな」など、安倍首相の退陣直前まで頑張って成果を挙げる姿勢を評価する声が高まっています。

一方、同日、安倍首相は内閣総理大臣としての談話を次のように発表し、記者会見も行いました。
首相官邸HPが次のように公開しています。

『私が内閣総理大臣の任に就いて7年8ヶ月、我が国の安全保障政策に大きな進展がありました。平和安全法制を成立させ、日米同盟はより強固なものとなりました。我が国自身の防衛力向上と、日米同盟の強化、更には「自由で開かれたインド太平洋」の考え方に基づき諸外国との協力関係を構築することにより、我が国周辺の環境をより平和なものとすべく努力してまいりました。

我が国を取り巻く安全保障環境は厳しさを増しています。特に、北朝鮮は我が国を射程に収める弾道ミサイルを数百発保有しています。核兵器の小型化・弾頭化も実現しており、これらを弾道ミサイルに搭載して、我が国を攻撃する能力を既に保有しているとみられています。また、昨年発射された新型の短距離弾道ミサイルは、ミサイル防衛網を突破することを企図していると指摘されており、このような高度化された技術がより射程の長いミサイルに応用されることも懸念されています。

このような厳しい状況を踏まえ、国民の命と平和な暮らしを守り抜くために、何をなすべきか。やるべきことをしっかりやっていく必要があります。まず、イージス・アショアの配備プロセスの停止については、その経緯を確認し、既に公表したところです。その上で、その代替として取り得る方策については、検討を進めているところであり、弾道ミサイル等の脅威から、我が国を防衛しうる迎撃能力を確保していくこととしています。

しかしながら、迎撃能力を向上させるだけで本当に国民の命と平和な暮らしを守り抜くことが出来るのか。そういった問題意識の下、抑止力を強化するため、ミサイル阻止に関する安全保障政策の新たな方針を検討してまいりました。もとより、この検討は、憲法の範囲内において、国際法を遵守しつつ、行われているものであり、専守防衛の考え方については、いささかの変更もありません。また、日米の基本的な役割分担を変えることもありません。助け合うことのできる同盟はその絆(きずな)を強くする。これによって、抑止力を高め、我が国への弾道ミサイル等による攻撃の可能性を一層低下させていくことが必要ではないでしょうか。

これらについて、与党ともしっかり協議させていただきながら、今年末までに、あるべき方策を示し、我が国を取り巻く厳しい安全保障環境に対応していくことといたします。

我が国政府の最も重大な責務は、我が国の平和と安全を維持し、その存立を全うするとともに、国民の生命・身体・財産、そして、領土・領海・領空を守り抜くことです。これは、我が国が独立国家として第一義的に果たすべき責任であり、我が国の防衛力は、これを最終的に担保するものであり、平和国家である我が国の揺るぎない意思と能力を明確に示すものです。そして、我が国の繁栄の不可欠の前提である、我が国の平和と安全が維持されるよう、今後とも、政府として取り組んでいかなければなりません。』

『令和2年9月11日、安倍総理は、総理大臣官邸で会見を行いました。

 総理は、内閣総理大臣の談話について、次のように述べました。

「国民の生命と財産を守る大切な議論です。国家安全保障会議において、5回議論を重ねてきました。私は、退任していくわけでありますが、退任に当たりまして、今までの議論を整理し、そして談話という形で国民の皆様に発表させていただいたところであります。次の内閣においてもしっかりと議論していただきたいと思っています。」

「縛ることにはなりません。正に国民の生命と財産を守る、これはシームレスに議論していくのは当然のことであり、最大の責任であります。次の内閣においても議論を深めていくことは、その責任を果たしていく。当然のことであろうと思います。」』

これらのように、ミサイル防衛や国防に関する政策などを含めて、安倍首相は、またまた大きな外交安全保障の成果を挙げられました!!


安倍首相がまたまた日印、日英の関係強化や防衛強化を進める外交防衛成果を挙げる!!GJ!!
火事場のバカ力をバカに出来ないぞ!!


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



安倍首相がまたまた日印、日英の関係強化や防衛強化を進める外交防衛成果を挙げる!!GJ!!
火事場のバカ力をバカに出来ないぞ!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/449617
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
10/28 00:00 あおり運転の行動思想は極左反日反米のANTIFAやBLM等の反対運動・テロ活動と同一!!ダメ!!
10/27 00:00 クマなどの害獣被害が相次ぎ対策が急務!!電気柵のみならずレーザー光線の使用も効果あり!!
10/26 00:00 【独自】拉致問題で安倍前首相や菅首相らは対中国包囲網のみならず対南北朝鮮包囲網で外堀を埋めた!!
10/25 00:00 米国の仲介でイスラエルとアラブ各国との国交正常化が進む背景には日米両国の「仲介と戦略」あり!!
10/25 00:00 「アフターコロナ」で既に日本は「鬼滅の刃」や安倍晋三前首相らの言動が大きな効果!!GJ!!
10/24 00:00 「グローバル化」で極左化していないのは日本だけ!!米国大統領選挙でのSNS偏向報道や削除も酷い!!
10/23 00:00 「鬼滅の刃」ヒットの裏には日本や世界が抱える不条理や不合意等の不満が爆発し始めている事実が!!
10/22 00:00 映画「鬼滅の刃」が大ヒット!!安倍晋三前首相の外交安保政策を更に推進する菅義偉首相と重なる!!
10/21 00:00 菅義偉首相の初外遊と同時並行で日豪関係強化や安倍晋三前首相らの動きも活発化!!半沢直樹の倍返し!!
10/20 00:00 米国大統領選挙でバイデン候補は前副大統領時代から次男と汚職等に手を染める、次もトランプ大統領!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved