このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5114)
国際情勢 (154)
政治 (1684)
防衛 (2585)
外交 (10)
芸能 (167)
スポーツ (56)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (31)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 1067729
今日のアクセス: 461
昨日のアクセス: 563
RSS
カレンダー
<<2022年01月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
中国の暴走のきっかけは9.11テロ、大きな動きには裏や陰謀、見えざる力などが働く!!
[防衛]
2022年1月8日 0時0分の記事

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せください


世の中、この冬の気象状況一つを見ても、大きな変動がありますね。

地中温暖化とか、海水温度上昇による水蒸気量の増加などが大きく関係している、等と言われていますから、ちょっとしたこれらの変動が、今年の冬の大雪などの気象条件の変化に与える影響はお世辞でも少なくないのです。

気象状況と同じように言われるのが、いわゆる「バタフライ効果」と呼ばれる事象でしょう。
「NYの大嵐の原因が上海の蝶の羽ばたき」と喩えられる効果です。
それらの効果が、「悪い方向」に進んだ事例こそ、あの2001年9月11日に発生した、米国同時多発テロと言われ、「9.11テロ」と記憶される一連の大事件です。

1月5日にニッポン放送ONLINEが「中国のウイグル弾圧のきっかけは「9・11」だったという事実」という題で次のような衝撃的な内容を暴露しました。

『ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(1月5日放送)にジャーナリストの佐々木俊尚が出演。米電気自動車大手のテスラが、中国の新疆ウイグル自治区にショールームを開設したというニュースについて解説した。



テスラ、新疆ウイグル自治区にショールーム
2021年12月31日、米電気自動車大手のテスラが、中国の新疆ウイグル自治区にショールームを開設したが、アメリカ最大のイスラム教市民団体「米イスラム関係評議会」は1月4日、ツイッターの公式アカウントに「テスラは大量虐殺を支援している」と投稿し、テスラを批判している。

飯田)テスラ側の返答はないということです。新疆のウルムチにショールームを出した。

佐々木)中国経済とアメリカ企業、アメリカのみならず西側企業がどう付き合うのかということは、悩ましい問題になって来ているわけです。ジェフリー・ケインさんというアメリカのジャーナリストが、『AI監獄ウイグル』という本を書いています。なかなかに強烈で恐ろしい本なのですが、邦訳版が1月14日に刊行されます。書評を書かなければいけないので、事前にゲラを読ませていただいたのだけれど、かなり衝撃的な内容です。

中国のウイグル弾圧は「同時多発テロ」がきっかけ 〜米が「グアンタナモ収容所」でウイグル人反体制派を中国人に尋問させていた
佐々木)ウイグル弾圧について、以前だとチベットの弾圧については言われていましたが、ウイグルに関してはそれほど問題になっていませんでした。実は、最初のきっかけになったのは、2001年の同時多発テロ、9・11だったという話があるのです。あのときアフガンにアメリカ軍が攻め入り、そこでアフガンとパキスタンの国境で活動していたウイグル反体制派の人たちを、何の根拠もなく逮捕・勾留しているのです。キューバにある「グアンタナモ収容所」に連れて行き、当時、習近平体制ではなかったためアメリカと中国は蜜月期で、ウイグル人反体制派を中国人に尋問させているのです。

飯田)そうだったのですか!

9・11をきっかけにウイグル人によるテロが発生 〜以来、ウイグル弾圧が始まる
佐々木)グアンタナモに、アメリカ人ではない外国人が入って来て、収容者を尋問するということは、多分他にない。その辺りから話がこじれて来るのだけれど、まず同時多発テロが起きたことで、「イスラム側がアメリカに異を唱えるためには、テロを起こすことがいいのだ」ということが、1つのテロリストのテーゼとして生まれた。ウイグル人たちは、「なるほど、そうやって我々も中国に対抗すればいいのだ」と考えるようになり、9・11後にウイグル人によるテロがいくつか起きるのです。

飯田)9・11後に。

佐々木)それに対して、中国は「これはまずい」と。「いままでは、ウイグルに対して何もしていなかったけれど、これは徹底的に弾圧しなければいけない」と発想が切り替わるようになる。


グアンタナモ収容所で拷問するアメリカ人を見て「法の逸脱はOKなのだ」と思うようになった中国
佐々木)もう1つは、グアンタナモでウイグル人を拘留していて、しかもアメリカ人は拷問をしている。アメリカ人兵士が首を絞めたりしているところを、中国人が写真を撮っていて、その写真が残っているらしいのです。例のウイグル弾圧について書かれている「新疆文書」のなかに。

飯田)「新疆文書」に。

佐々木)それを見た中国政府は、「そうか、別に逮捕状や根拠がなくても、収容所に無理矢理連れて行って、強引にやっても大丈夫だ」、「法の逸脱はOKなのだ。アメリカもやっているぐらいだから」と思うようになったという話です。

飯田)特に、対テロ戦という大義名分があれば。

佐々木)それまでは、「何の根拠もなく拘留するのはよくない」というぐらいの節度は中国政府にもあったのですが、それがグアンタナモで切れた。解き放たれたということです。

ウイグルの一般家庭のなかにも監視カメラが設置
飯田)グアンタナモで。

佐々木)それ以来、徹底的にウイグルを弾圧して、根拠なく全員を収容所に入れたりしている。いまはウイグル人のすべての一般家庭にカメラが入っているのです。いままでは、街頭や集会などで反体制的なことを喋ると、マークされることはあった。

飯田)外で話せば。

佐々木)しかし、家のなかでは、みんな本音で、夫婦や親子の間で喋っていた。それが、家のなかにもマイクを付けられたので、家庭のなかでも喋れなくなってしまった。そこまで徹底的に監視を強めているという状況が、いま生まれているのです。

ウイグル人の若者がテロに走ったのは、イスラムがヨーロッパで遭ったことと同じ 〜「悪意と憎しみの連鎖」
佐々木)ただ、これも本当に皮肉な話だけれども、弾圧を強めれば強めるほど、ウイグル人の若者たちは「もうテロで対抗するしかない」と逆に思うようになる。これは、イスラムがヨーロッパで遭ったこととまったく同じです。

飯田)イスラムと。

佐々木)当初、イスラムはヨーロッパに移民として行って、多文化主義に馴染もうとしたけれども、なかなか馴染めなかった。そのときヨーロッパでは、テロがいくつか起きると弾圧に入る。弾圧に入った瞬間に、イスラムの一般の若者も、「この国に我々の居場所はない」と絶望するわけです。そしてテロリストに転じる人がたくさん増えてしまうという、「悪意と憎しみの連鎖」です。それがウイグルでも起きている。そういう現状であると書かれています。

飯田)引き金を引いたのは、9・11のときの、アメリカのブッシュ政権の当時の対応だった。

佐々木)結局、これは「力に力で対抗すると、その力と力の応酬は延々と繰り返される」という典型的なケースです。』


この記事の内容でもお分かりかと存じますが、『グアンタナモ収容所で拷問するアメリカ人を見て「法の逸脱はOKなのだ」と思うようになった中国』が、今、暴走をしているのです!!

確かに、ブッシュjr政権で9.11テロ後、「アメリカに自由が無くなった」と言われるように愛国者法などの規制が厳しくなりました。

それを見た中国が、欧州が、同じ事を繰り返している事実に、私達は目を逸らしてはなりません!!
日本でも入国管理が問題視されているのは確かでしょうが、対テロ・対ゲリラ等の「ゲリコマ対処」やCBRNE対策、「ウサデン」と呼ばれる宇宙・サイバー・電磁波分野の対策強化の背景には、記事の末尾にもあった陰惨な『「力に力で対抗すると、その力と力の応酬は延々と繰り返される」という典型的なケース』が世界中のあちこちで繰り返さえている事実が背景にあるのです!!


9.11テロそのものについては、ここでは言及を避けますが、このテロ事件ですらも裏があり、陰謀等もあったのは客観的に観ても事実でしょう。
また、経済のように、見えざる力などが働いている事も世の中、多くの事例や事象が示しています。


中国の暴走のきっかけは9.11テロ、大きな動きには裏や陰謀、見えざる力などが働く!!



2022年1月2日、及川幸久氏のYouTube動画サイトの標題
https://www.youtube.com/watch?v=AWHqvVpTwfI


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



中国の暴走のきっかけは9.11テロ、大きな動きには裏や陰謀、見えざる力などが働く!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
いいね、等の高評価や読者登録等も頂けると幸いです!!

1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/468435
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
07/02 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性15 プロパガンダ
07/01 00:00 あなたも驚嘆、我が日本こそトルコのしたたかな外交や安全保障の手法に学べ!!岸田文雄首相にも!!
06/30 00:00 あなたも実感、企業活動や政治外交も安全保障も他人や他国との付き合いから進化するもの!!
06/29 00:00 あなたも納得、優れたリーダーの条件とは安倍晋三元首相のように教訓を汲み取りつつタフな事!!
06/28 00:00 6月24日はUFOの日、あなたはご存じでしたか!?福島市のUFOふれあい館はいいぞ!!
06/27 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性14 正しい認識と行動
06/26 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性13 国際的連携
06/25 11:58 【緊急拡散】まだ梅雨開けもしていないのに記録的暑さ、あなたも熱中症などに警戒強化を!!
06/25 00:00 あなたも納得、安倍元首相に古色蒼然と酷評された立憲民主党は極左反日反米!!落選させよう!!
06/24 00:00 あなたも痛感、参議院選挙の本当の争点は外交・安全保障体制強化、現実を見て行動する方を何卒!!
最近のコメント
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(素浪人)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved