このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5282)
国際情勢 (154)
政治 (1715)
防衛 (2710)
外交 (10)
芸能 (175)
スポーツ (61)
技術 (50)
社会問題 (188)
産業 (31)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 1161270
今日のアクセス: 502
昨日のアクセス: 572
RSS
カレンダー
<<2022年09月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
あなたも激怒、ロシアの部分動員は事実上の強制総動員そのものの嘘捏造隠蔽!!ロシアは世界に不要!!
[防衛]
2022年9月26日 0時0分の記事

【PR】電話相談システム開発ならイーステム


おそロシア。

貴方も貴女も、この本当の意味、ご理解出来ていますか??

要するに、嘘捏造隠蔽を駆使して謀略や軍事力を行使して何でも盗む、正に略奪・強盗殺人の国、ロシアを批判した言葉です!!

そして、その残虐な牙は、民主主義は名ばかりの皇帝とも言われるプーチン大統領の圧政、経済や情報統制、そして部分動員という形で国内にも向けられていますが、この部分動員は単なる建前、嘘で、実は100万人規模の強制総動員の前哨に過ぎないとの情報も筆者では得ています。

ロシア国民は自分自身の日頃の政治への関心の向け方の甘さや無関心がそのようなロシアの暴走を招いているとは、今まで気づかなかったようですね。

情けない!!


9月24日06時24分にAFPBBがmsnにて、「「戦争に行くか、投獄か」 ロシア、逮捕のデモ参加者に選択強要」の題で次のようにロシアの無茶苦茶な動員について伝えました。

『【AFP=時事】ロシアの予備役動員令に抗議するデモに参加したミハイル・スエチンさんは、拘束されることは予測していたが、まさか自分が反対している軍への入隊を命じられるとは思いもしなかった。

 ウラジーミル・プーチン大統領が21日、国民に向けたテレビ演説で、第2次世界大戦以来となる動員令を発表すると、国内では抗議が巻き起こった。

首都モスクワでこれまでにも反政権デモに参加してきたスエチンさんはAFPの電話取材に、「いつものように逮捕され、警察に連行され、出廷させられることは覚悟していた。ところが、『お前はあす戦争に行く』と言われ驚いた」と語った。

 独立系人権団体「OVDインフォ」によると、21日に国内各地で行われたデモでは、1300人以上が逮捕された。モスクワの少なくとも15か所の警察署では、拘束された男性が徴兵用紙を手渡されたという。

 大統領府のドミトリー・ペスコフ報道官は翌朝の記者会見で、こうした手続きは「法律違反ではない」と擁護した。

 動員令発表の前日には、招集令状を拒否した人や脱走兵への処罰を強化する法案がロシア議会を通過。まだ新法として成立はしていないが、違反者に5〜15年の懲役刑を科す内容となっている。

■「戦争に行くか、10年間投獄か」

 警察署に連行されたスエチンさんは一人で部屋に連れて行かれ、翌日に徴兵事務所に出頭することを求める令状に署名するよう圧力をかけられた。警察官は、「これに署名してあす戦争に行くか、10年間投獄されるかのどちらかだ」と脅したという。

 スエチンさんは弁護士の助言に従い、署名を拒否。翌朝5時ごろに釈放された。だが警察は、重大事件を担当するロシア連邦捜査委員会に対し本件を通知するとし、スエチンさんは「非常にまずい」状況に置かれると警告した。

 だが、招集に応じた人の未来がこれよりも明るいわけではない。

 先週18歳になったばかりの大学生アンドレイさんは、モスクワでのデモで拘束された後、軍に招集された。

 アンドレイさんはAFPに対し、警察署では署名を拒否する人々が警官から「脅迫」を受けていたと証言。「自分が逃げられないのは明らかだった」ことから、徴兵事務所への出頭を誓約する文書に署名してしまったと語った。

 ■両親には伝えず

 ロシアのセルゲイ・ショイグ国防相は21日、学生は動員しないと約束しており、大学に入学したばかりのアンドレイさんは招集されないはずだった。「ロシアは無限の可能性を秘めた国だとは良く言ったものだ」とアンドレイさんは皮肉った。

 22日の徴兵事務所への出頭には応じないことにしたが、今は弁護士を探しているところで、今後どうするかは分からないという。

 両親には、心配をかけたくないとの理由でまだ打ち明けていない。「自分がどうなるのかがより見えてきたら、言うと思う」
(以下略)』


また、同日20時41分に読売新聞オンラインがmsnにて、「ウクライナ市民に活気「勝てると本気で信じるように」、ロシアは暗く「動員免除の条件は…」」の題で次のようにウクライナとロシアとの差異を比較しました。

『【キーウ=上杉洋司】ロシアによるウクライナ侵略を巡り、ウクライナ軍が東部などで反転攻勢を強め、ウクライナ市民は活気づいている。一方、予備役招集が始まったロシアでは、戦争に巻き込まれる恐れが高まる市民が不安を募らせている。

 ウクライナの首都キーウで防弾チョッキの製作に携わるマリア・ホルデンさん(45)は、「ロシアに勝てるとみんなが本気で信じるようになった」と笑みを浮かべた。職場や通勤途中のバスの中で、「勝利」という言葉をよく耳にするようになったという。

 ホルデンさんは6月、ウクライナ軍に所属していた夫、オレフさん(53)を東部ドネツク州の戦線で亡くした。「何か月、何年かかっても勝利する。そうでなければ、夫を含めた大勢の人の死が無駄になる」。ホルデンさんはそう意気込んだ。

 キーウのレストラン従業員、アントン・ザセンコさん(34)も、「今までは耐えるだけだった。ウクライナにとって、とても重要な局面だ」と語った。


 一方のロシアでは、暗いムードが漂い始めた。徴集兵を支援する人権団体の幹部は22日、予備役登録者から「動員免除の条件にはどのようなものがあるのか」といった問い合わせが、「これまでの何倍にも増えた」と明らかにした。

 予備役の会社員(41)は「積極的に戦場に行きたいとは思わない」と話した。』


これらについて、在日ウクライナ人のナザレンコ・アンドリー氏は自身のツイッターで、次のようにロシア国民やロシア政府の姿勢を、皮肉を込めて厳しく批判しました。

9月23日:
『一部のメディアは今ロシアで起きているデモを「反戦デモ」と呼ぶ。でもプラカードをよく見てください。反動員のデモであり、反戦のデモではない。

「ウクライナ人を殺しても全然構わないが、自分たちは死にたくない」って人多いですよ。』

『露軍がウクライナ全土にミサイルを撃ち込んでいた時に黙ってた。
露軍が住宅街に無差別砲撃していた時に黙ってた。
露軍が無防備の市民をブチャやイジュームで虐殺していた時に黙ってた。

でも自分自身や友人にプーからの赤紙が届いたら「反対助けて~連帯しよ!一般ロシア人は犠牲者」とか、ふざけんなボケ』


『プーチンが実際にやった戦略ほどありがたいことはない。
,泙困魯┘蝓璽斑罎離┘蝓璽箸鮖爐覆擦
⊆,鷲隊を交代させずに、職業軍人を5万人死なせる
そのせいでハルキウ州で敗北したら、士気も装備もない者を強制動員して、戦場に送る(死ぬか捕虜になるかの2択)

違う指導者だったら困ったわ』

『「だってロシアは独裁だもん、何もできない!私達も現政権に不法占拠されているようなもの!反対しても捕まるだけ!声あげられないの!」。

だったら動員されて独裁者のために死ぬしかないね。自分で何もしようとしないなら、自業自得。こんな国民性だからプーチンのような政権が生まれるわ』

9月24日:

『「クソ、国境を渡れなかった!フロントガラスにあった小さなZマークを外し忘れた ジョージア人共、次はお前らが非ナチ化される番だわ」

動員から逃げているロシア人はこんなもん。動員されなさそうな国に来たら、またプーチン万歳•戦争万歳だからね。騙されないように』


正に、正に、ナザレンコ・アンドリー氏の言われる通りです!!
ロシア率いるプーチン大統領の本性、ロシア政府の本性、そしてロシア軍やロシアの国民性が露骨に表に出たものが、ロシアのウクライナ侵攻でのロシアの残虐行為や違法行為そのものなのです!!


あなたも激怒、ロシアの部分動員は事実上の強制総動員そのものの嘘捏造隠蔽!!
ロシアは世界に不要!!
ロシアは中朝韓と同レベル!!




ロシアの本性そのものが分かる、モスクワ総主教キリル1世(写真)の発言。
出典:ナザレンコ・アンドリー氏 ツイッター

『「軍人よ!イエスが復活した!我々も皆復活し永遠に生きる!だから勇気を持って兵役義務果たそう!そしてよく覚えろ。国のために、友のために命を無くした者は、神の栄光を浴び、天国で神のそばに永遠に生きるのだ!」

イスラム国か何か、ここ?末期だな』


下のブログランキングに参加しています。
ご支援のクリックをお願い申し上げます。



あなたも激怒、ロシアの部分動員は事実上の強制総動員そのものの嘘捏造隠蔽!!
ロシアは世界に不要!!
ロシアは中朝韓と同レベル!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

ご意見、ご要望等はコメント欄やツイッター等でお願いします。
いいね、等の高評価や読者登録等も頂けると幸いです!!

1日1回クリックして頂けると励みになります!!↓
人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/477599
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
12/03 00:00 あなたも歴史的転換点!!中国の経済開放政策は「銭を向いて歩こう」が「ゼロコロナ」でゼロに!!
12/02 00:00 あなたも痛感するサッカーW杯で露骨に分かる国家や地域の民度!!華麗な選手達を育てましょう!!
12/01 00:00 物価高や年末年始に悩むあなたも考えましょう!!日本と世界の食糧事情や食糧自給率の事を!!
11/30 00:00 貴方も貴女も決して恥ずかしく無い!!男性らしさや女性らしさの機能維持強化は大切だ!!
11/29 00:00 あなたも期待、ロシアのウクライナ侵攻を受け日本の防空能力が格段に強化され続ける事実に刮目!!
11/28 05:39 ワールドカップサッカーにて裏で我が日本を攻撃する輩達に貴方も貴女も要警戒!!
11/28 00:00 あなたも良く知る「管理監督責任」、JAXAの研究不正問題のような事例は企業不祥事でも多い!!
11/27 00:00 あなたも知りましょう!!世界の半導体戦争でロシアやその子分である中朝韓等は敗退している!!
11/26 00:00 内情暴露!!何故、日英防衛協力が加速化する本当の理由が凄まじい!!
11/26 00:00 あなたも知ろう!!ウクライナから学ぶ我が日本の外交防衛の方向性 2 反撃能力強化
最近のコメント
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(素浪人)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved