ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5118)
国際情勢 (154)
政治 (1685)
防衛 (2588)
外交 (10)
芸能 (167)
スポーツ (56)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (31)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 1070534
今日のアクセス: 696
昨日のアクセス: 708
RSS
カレンダー
<<2019年05月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2019年5月8日 0時0分
ソウル大学の李栄薫教授が「反日種族主義を打破しようシリーズ」動画で韓国の嘘を断罪!!
このGWに韓国への旅行客が増加しなかったようです。
その理由が、かの「雇用王」「経済王」「外交王」である「自称・外交の天才」の文在寅大統領の「極左反日反米の従北媚中・従中政治の成果」なのですから、正に自爆、自殺行為でしょう!!

何故ならば、韓国では「イルボンノムドゥル(日本の野郎ども)」などと、日本を侮蔑する言葉が小学生でも語られ、いや洗脳されて「ヘイトスピーチ」を公然と発言しているのですから当然でしょう!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年5月7日 0時0分
極左反日反米勢力は特亜3国や朝日新聞やCNNを筆頭とする偏向メディアの主張と同じ!!徹底排撃!!
昭和、平成で議論が重ねられた安全保障や皇室のあり方の基本は、一言で申し上げるならば、日本としての国体や国の運営の最も基本的な一本の筋道をどのようにするか、なのです!!

これは非常に大切な事であるにも関わらず、冷戦時代には全てがおざなりにされてきました。
これこそ、有権者たる日本国民が犯した政治に対する最大の罪であり、最大の愚かなる行動ではなかったのではないでしょうか!!

私達日本国民は、これらの事を、本当に自らを戒め、反省し、新しい令和の時代を進んで行かなければなりません!!

そのような厳しい現状に対して極左反日反米で従北媚中の勢力である特亜3国、特A、特亜とも呼ばれる、西朝鮮たる中国、北朝鮮、そして北朝鮮以下の下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国の主張や、それに追随する極左反日反米勢力や朝日新聞やCNNを筆頭とする偏向メディアの主張に耳を傾けてはならないのです!!

彼らがいかに腐っているかは、かの朝日新聞が犯した「捏造の従軍慰安婦」「捏造の徴用工」「捏造の教科書問題」、そして「捏造のモリカケ問題」まで、いかに捏造やデタラメの誹謗中傷をしているかでも、如実に分かります。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年5月7日 0時0分
北朝鮮が短距離弾道ミサイルを演習で発射した意図の裏には焦りと日朝会談への道が見えて来る!!
既に多くの報道が為されていますが、5月4日午前に北朝鮮が短距離弾道ミサイルや各種の長距離ロケット砲を北朝鮮東部沿岸より発射しました。

これらの兵器に対する分析が進んでいる一方、その意図に関しては多くの意見や分析があるようです。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年5月6日 0時0分
2回の米朝首脳会談で取り上げた拉致問題がなかなか進展しない真の理由は国際社会の暗部にある訳
新元号の令和になって最初の有料記事には、平成の世で常に問題になった拉致問題を取り上げます。

昭和の時代より北朝鮮が日本人を拉致して北朝鮮に連行し、工作員等の教育訓練に利用してきたことは良く知られています。

しかし、2回の米朝首脳会談ですら、トランプ大統領が取り上げた拉致問題がなかなか進展していません。
進展しない真の理由は国際社会の暗部にあるのです。
その訳、とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2019年5月6日 0時0分
令和の祝電でも上から目線の極左反日反米路線の下朝鮮・ヘル朝鮮の韓国文在寅大統領は若年層も離反!!
突然ですが、韓国が、「真面に国名を呼ばれない」理由をご存じでしょうか??

あまりにも「公然の秘密」で、ハッシュダグすら付かない内容なのですが、過去の「冷戦構造」の元で作られた国家であり、米国をはじめ欧米の地図ですら「南朝鮮」との記載が多い事実とその背景を認識しなければ、現在の韓国が置かれた立場が見えません。

昨日、本ブログにて文在寅大統領が『「史上最高レベルの“逆神”か」』との内容をお伝えしました。
北朝鮮の最高指導者である金正恩党委員長以上に「逆神」である下朝鮮・ヘル朝鮮の最高指導者である文在寅大統領は、日本に対する令和で即位された天皇陛下に対する祝電ですらも上から目線で極左反日反米の剥き出しの意思を示すなど、正に身の程すら知らない、分別も分際も分からない「愚か者」「極悪人」そのものなのです!!
これでは「正しい国際感覚」「正しい政治や経済」すら、韓国で育つはずがありません!!
そのような国家など、真面な国家として認識されなくて当然です!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
07/06 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性16 戦訓を学べ!!
07/05 00:00 あなたも激怒!!極左反日反米の露中朝韓らの手先、親露護憲派は嘘捏造隠蔽のテロリスト同然!!
07/04 00:00 あなたも巻き込まれた!!社会の混乱を招くネット社会の盲点をKDDIの通信障害が証明!!
07/03 00:00 あなたも認識しよう、日本や日本国民の本当の敵は極左反日反米の中露朝韓やそれに媚びる勢力!!
07/02 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性15 プロパガンダ
07/01 00:00 あなたも驚嘆、我が日本こそトルコのしたたかな外交や安全保障の手法に学べ!!岸田文雄首相にも!!
06/30 00:00 あなたも実感、企業活動や政治外交も安全保障も他人や他国との付き合いから進化するもの!!
06/29 00:00 あなたも納得、優れたリーダーの条件とは安倍晋三元首相のように教訓を汲み取りつつタフな事!!
06/28 00:00 6月24日はUFOの日、あなたはご存じでしたか!?福島市のUFOふれあい館はいいぞ!!
06/27 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性14 正しい認識と行動
最近のコメント
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(素浪人)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved