ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4543)
国際情勢 (154)
政治 (1523)
防衛 (2219)
外交 (10)
芸能 (142)
スポーツ (40)
技術 (49)
社会問題 (188)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 712383
今日のアクセス: 296
昨日のアクセス: 454
RSS
カレンダー
<<2020年06月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2020年6月19日 0時0分
中国や朝鮮半島等の脅威増大で日本はミサイル防衛や防衛体制や抑止力そのものを徹底強化せよ!!
中国発の武漢ウイルス・中国ウイルス・新型コロナウイルスによる新型肺炎の世界的な感染拡大で、いかに中国に生産や情報を任せる事が危険極まりない事かを露呈した、歴史的な大事件であった、と言えるのではないでしょうか。

マスクや消毒液、各種容器不足、安い食料品や人工呼吸器の各種製造部品までもが中国からの輸入に頼ってきた弱点が、今回の新型コロナウイルスの感染拡大の「原因の一つ」になっているのです。

このような中でも、中国は尖閣諸島や南シナ海、中印国境等での軍事威圧や覇権行動を止めず、更なる野心を燃やしています。

更に、朝鮮半島情勢も緊迫化の度合いを増しており、日本を取り巻く情勢は米国等でのANTIFA等のデモという名の破壊活動の跋扈と相俟って、脅威が増大している一方です。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年6月18日 0時0分
北朝鮮が韓国の足元を見透かして連絡事務所爆破!!日本はイージス・アショア代替の防衛体制強化を!!
自らの愚かさや未熟さで不幸な結果を招くことを、「因果応報」「悪因悪果」「身から出た錆」などと言いますが、中国や南北朝鮮を示す、あの特亜3国での最下位に転落した下朝鮮・ヘル朝鮮たる韓国には、これに加えて「最悪の状況下で最悪の決断をして最悪の結果を招く『Kの法則』」も付け加えるべきでしょう。

これらは、全て、「自称・外交の天才」である、分別も分際も弁えない極左反日反米で極悪独裁政治をする韓国の「ぶんざいとら」こと文在寅大統領の悪行なのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年6月17日 0時0分
河野防衛大臣がイージス・アショアの配備計画停止決定、日本の防衛戦略の大転換で強靭な防衛力構築を!!
6月15日、河野防衛大臣がイージス・アショアの配備計画停止決定し、記者会見で発表しました。

これは、日本の防衛戦略、特にミサイル防衛(MD)の根本から見直しを迫られる状況です!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年6月16日 0時0分
米中関係悪化で新冷戦体制の中、安倍首相と麻生副総理兼財務大臣が密談!!大きな動きの前触れだ!!
人は大きく状況が変化する時、正に「対応出来る人」と「対応が出来ない人」に分けられます。

いや、もっと厳しい言い方をさせて頂けるならば「ふるいにかけられる」のです。

かのP・ドラッガーは「最も恐れるべきは趨勢ではない。趨勢の変化である」と喝破しています。
この言葉は今まで上手く行っていた方法や手法、「ビジネスモデル」等がある日、突然使えなくなってしまう事を意味しており、筆者も多くの製造関係の現場や市場等で実感させられている事です。

その変化が、中国発の武漢ウイルス・中国ウイルス・新型コロナウイルスによる新型肺炎の世界的な感染拡大により、全ての国家や地域、各業界で発生しているのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2020年6月15日 0時0分
新型コロナウイルスで世界に示した世界一の我が日本の軍隊・自衛隊が名実共に世界一になる為の課題!!
読者の皆様。

本ブログも開設以来、2200日を越えました。
本当に有難うございます。

さて、昨年末から世界で猛威をふるう死のウイルス、中国発の武漢ウイルス・中国ウイルス・新型コロナウイルスによる新型肺炎で我が日本は「ダイヤモンド・プリンセス」号の豪華客船対処にて、我が日本の軍隊・自衛隊関係者が様々な制約を乗り越え、感染者ゼロを達成しました。

この輝かしい戦果は、1995年の地下鉄サリン事件、1999年の臨界事故、2011年の東日本大震災等での教訓を生かし続けた訓練と研究、そして鍛錬の賜物と言えましょう。
正に、輝かしい、我が日本の軍隊・自衛隊こそが世界一の軍隊です!!

さて、一方で、米中関係の急激な悪化、東アジアだけではなく中近東や欧米など世界中で極めて焦臭い動きが活発化しています。

日米同盟だけで日本の防衛は確保出来ないのが、現在の厳しい情勢です。

新型コロナウイルスで世界に示した世界一の我が日本の軍隊・自衛隊が名実共に世界一になる為の3つの課題は何かをご提示します!!

[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
01/28 00:00 米国バイデン政権は日本を覆った悪夢の民主党政権そのもの!!韓国の文在寅大統領の悪政と同一!!
01/27 00:00 この歴史的転換点に菅義偉首相であっても忙しすぎて体調不良になれば大変な事態になり得ます!!
01/26 00:00 選挙には不正があってはならないし無関心であってもいけない!!政治に関心と期待を寄せて投票を!!
01/25 05:27 あなたの仕事や情報収集から国家レベル、国際関係の成果も結局は人間関係の善し悪しで決まります!!
01/24 00:00 関東甲信越を中心に降雪・積雪に警戒!!最近は極端な天気や気候変化が多くなりました!!
01/23 00:00 米国のバイデン大統領には期待出来ずトランプ前大統領が新党結成等に動く、日本は自主外交・自主防衛だ!!
01/22 00:00 社交辞令として米国のバイデン大統領ご就任おめでとう、そして何時お辞めになりますか!?
01/21 01:00 米国大統領選挙の不正で「バイデン次期大統領」が真面に政権運営できるとはとても思えない!!
01/20 00:00 新聞の総発行部数が270万部余りも減少したのは真実を報道しない嘘捏造隠蔽偏向マスコミだから!!
01/19 00:00 捏造の南京事件や取材時の迷惑極まりない取材など偏向報道マスコミの嘘捏造隠蔽や傍若無人を許すな!!
最近のコメント
世界中がコロナ禍の今こそ、日本は福沢諭吉大先生の「脱亜論」の基本に立ち返り政治経済外交や防衛を!!()
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved