ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5277)
国際情勢 (154)
政治 (1713)
防衛 (2708)
外交 (10)
芸能 (175)
スポーツ (60)
技術 (50)
社会問題 (188)
産業 (31)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 1158439
今日のアクセス: 411
昨日のアクセス: 407
RSS
カレンダー
<<2022年08月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2022年8月30日 0時0分
「嫌われたいのなら中国や北朝鮮のような言動をしろ」の代表、趙立堅氏がDV職務停止!!
目は口程に物を言う、20歳を過ぎたら顔に責任を持て、ということわざやビジネス等の慣用句、貴方も貴女もよく見聞する機会があろうかと存じます。

そして、以前も本ブログで取り上げましたが、保守系でも良く使われる言葉に、「嫌われたいのなら中国や北朝鮮のような言動をしろ」という言葉があります。

現在では更に、その言葉に、ロシアと韓国という「2つの国家」が加わり、「嫌われたいのならロシア・中国・北朝鮮・韓国のような言動をしろ」となるのでしょう。

その代表格の代表、象徴の中の象徴である、中国外交部の報道官、趙立堅(ちょうりっけん)氏が、ついに年貢の納め時を迎えました。
余りにも、他人や他国の悪口を言い過ぎて悪因悪果の因果応報のツケが貯まった、カルマが深くなった報いでしょうか。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2022年8月29日 0時0分
あなたも納得、過去に拘り現実を直視出来ず問題解決も出来ない露中朝韓には未来は無い!!
人は過去、現在、そして未来を認め、そして考える生き物です。

その点は、貴方も貴女もご納得頂けるかと存じます。

日々お忙しい経営者とか、農林水産業や食品業などの製造・販売業の方々、各種サービス業等で時間に追われた生活をされている方々も多いかと存じますが、それらを続ける事ができる方々は成果を出す事が出来る方であり、基本的に優秀な、世間に対して何かが頭角を出す事や示している、と筆者は経験や知見から申し上げます。

そして、彼らの共通した点は、過去に囚われず、拘らずに常に前向きである、というガン替えの持ち主である事です!!

逆に反面教師的に申し上げるならば、過去に囚われ、拘り続けるとロクな事がないのです!!
その典型的な例が、露中朝韓でしょう!!
特にロシアのウクライナ侵攻は、ロシア政府やプーチン大統領が何をどのように言おうと、過去に拘る歪みきった歴史観や、そして屈折した思考がもたらした大きな間違いです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2022年8月28日 0時0分
貴方も貴女も涙!!安倍晋三元首相の国葬を前に有志らが安倍元総理デジタル献花プロジェクト発動!!
貴方も貴女も、安倍晋三元首相が奈良市内での銃撃死事件は鮮明に覚えておられると存じます。

9月27日には国葬がしめやかに営まれます。

そして、安倍晋三元首相の国葬を前に有志らが安倍元総理デジタル献花プロジェクト発動しました!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2022年8月27日 0時0分
あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性29 基本と基盤
貴方も貴女も良くご承知何かと存じますが、仕事であれ、勉学であれ、料理、レジャーや買い物であれ、基本は大切ですよね。

それぞれの基本的な考え方とか、取り組む姿勢とか、何時までに終わらせる為に何をすべきか、とか。
世の中、そのような事の連続だ、と言っても良いでしょう。


翻って、今の日本と世界の状況を鑑みるならば、基本とそれを支える基盤を時代に合わせる変化が求められているのです。
特に、ロシアのウクライナ侵攻という侵略戦争が8月24日で半年が経過し、貴方も貴女も私達も、そして我が国も変わらねばならない事は数多くあります。
一番、そして最優先に求められている変化は、日本の自主外交・防衛強化です!!
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2022年8月26日 0時0分
あなたも確信、統一教会問題云々は極左反日反米国家やその支持勢力による謀略!!騙されるな!!
あなたもご承知でしょう。
本ブログでも度々ご指摘していますが、分かりきった事を書く事は、ジャーナリストにとって、「お金にならない」事です。

況してや、自分や自分のマスコミ等の所属企業に批判が向けられかねない、ずぶずぶのドロドロ関係の相手とか勢力とは。

それを、統一教会問題云々の一連の報道や動きで、正にこの動きは極左反日反米国家やその支持勢力による謀略である事は明らかです!!
朝日新聞を筆頭に、統一教会とは「オトモダチ」の関係で繋がっているのですからねえ。
東京五輪での贈収賄事件の背景にある「馴れ合い、もたれ合い」のように、ね!!


[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
11/28 05:39 ワールドカップサッカーにて裏で我が日本を攻撃する輩達に貴方も貴女も要警戒!!
11/28 00:00 あなたも良く知る「管理監督責任」、JAXAの研究不正問題のような事例は企業不祥事でも多い!!
11/27 00:00 あなたも知りましょう!!世界の半導体戦争でロシアやその子分である中朝韓等は敗退している!!
11/26 00:00 内情暴露!!何故、日英防衛協力が加速化する本当の理由が凄まじい!!
11/26 00:00 あなたも知ろう!!ウクライナから学ぶ我が日本の外交防衛の方向性 2 反撃能力強化
11/25 00:00 あなたも知ろう!!ウクライナから学ぶ我が日本の外交防衛の方向性 1 同じ立場
11/24 05:50 貴方も貴女も驚きの大勝利!!サッカーW杯で青きサムライが優勝候補のドイツに逆転勝利!!!
11/24 00:00 あなたも覚醒!!ロシア軍から学ぶ我が日本の自主外交・防衛強化の方向性60 無差別・無節操
11/23 00:00 勤労感謝の日に改めて新海誠さんの先見性のある作品に触れ現在と未来を見つめ直そう!!
11/22 00:00 驚愕!!ドナルド・トランプ前大統領のツイッターアカウント復活!!イーロン・マスク氏に感謝!!
最近のコメント
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(素浪人)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved