ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (3596)
国際情勢 (134)
政治 (1208)
防衛 (1644)
外交 (7)
芸能 (128)
スポーツ (31)
技術 (47)
社会問題 (183)
産業 (27)
その他 (30)
アクセス数
総アクセス数: 419858
今日のアクセス: 178
昨日のアクセス: 265
RSS
カレンダー
<<2018年11月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2018年11月1日 0時0分
北朝鮮の執事以下の「下朝鮮」「ヘル朝鮮」韓国が捏造の徴用工判決で日本にとって完全に敵だ!!
10月30日、韓国で愚かにも、韓国が捏造の徴用工判決で、国際法すら無視した「企業賠償」の判決が出ました。

自分自身が捏造した「従軍慰安婦」「強制連行」のみならず、「徴用工」までもデッチアゲ捏造しておきながら、「デタラメ判決」を下す、愚か極まりない!!
正に、今や韓国は北朝鮮の執事以下の「下朝鮮」「ヘル朝鮮」!!

これについて、10月30日、安倍首相は首相官邸にて、次のように発言しました。
安倍首相自身のツイッターで次のように公開しています。

『(記者)
韓国の最高裁判所が徴用工の問題をめぐって、新日鉄住金に損害賠償を命ずる判決を出しました。
政府としての受けとめと、今後の対応についてお願いします。
(安倍総理)
本件については、1965年の日韓請求権協定によって、完全かつ最終的に解決しています。

今般の判決は国際法に照らして、ありえない判断であります。
日本政府としては、毅然と対応してまいります。』
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月31日 0時0分
我が国日本は日出る国家、安倍首相が世界をリードする日米豪印の外交安全保障体制の構築を開始!!
今年もあと2ヶ月を残すだけですが、この10ヶ月ですらも国内外情勢は激変し、日本だけではなく世界中が猛暑や寒波、異常気象や地震、津波、大規模火災などに苦しめられました。

そのような世の中だからこそ、胸を張って生きなければなりません!!
特に我が国日本は、日出る国家、あけぼのが世界で一番見える先進国、ある意味で世界で一番恵まれた国家なのですから!!

10月29日にzakzak by 夕刊フジが、短期連載記事にて「【日本は太陽・中国は月】中国は日本の善意を理解できるか? 朝鮮半島の政治家は無視せよ」の題で、次のように伝えました。

『★(5)
 世界が注視した安倍晋三首相の中国公式訪問(25〜27日)は大成功に終わった。日本の首相の訪中で、これほど注目されたのは、国交正常化交渉のために行われた田中角栄首相による1972年以来だ。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月30日 0時0分
異例の外交成果となった日印首脳会談とイスラエル首相のオマーン訪問で国際政治は大きく変動する!!
外交は「武器を使わない戦争」とも呼ばれています。
そして、決しておざなりにしてはならないのです。

10月28日15時57分に産経ニュースが「安倍首相がモディ印首相と昼食会 関係強化へ自身の別荘に招待」の題で次のように伝えました。

『安倍晋三首相は28日、インドのモディ首相を山梨県鳴沢村の自身の別荘に招待し、夕食会を開いた。安倍首相が別荘に海外首脳を招くのは初めて。異例の厚遇で、親密さをアピールする狙いがある。29日に官邸で正式な首脳会談を行う。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月29日 0時0分
米国への移民集団移動とトルコのサウジ総領事館での記者殺害事件は新たなる国家間の戦争パターン!!
今回は、最近、特に国際問題として大きく浮上している「米国への移民集団移動」と「トルコのサウジ総領事館での記者殺害事件」について触れてみたいと存じます。

これら二つは、正に、新たなる国家間の戦争パターンなのです!!

それは何故か??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月29日 0時0分
安倍首相の中国訪問の成果にも関わらず朝日新聞やCNNを筆頭とする極左反日反米マスコミは酷い!!
安倍首相の中国訪問の成果や米国のトランプ大統領の成果を朝日新聞やCNNを筆頭とする極左反日反米マスコミは酷い扱いをしています!!

例えば日本の尖閣諸島の中国による領海侵犯や、中米ホンジュラスから米国に向けて移動している「移民集団」への対応でも、日本や米国が国境警備に警備隊や軍を派遣する事を決定するのは当然の事ではないでしょうか!!
そのような国家存亡に関わる事実すら歪曲し、隠蔽し、偏向報道をする極左反日反米の亡国国賊の朝日新聞やCNNを筆頭とする極左反日反米マスコミや政治勢力などに、「フェイクニュース」を断罪する資格すらないのです!!
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
12/15 00:00 小惑星「リュウグウ」に到着したはやぶさ2から投下された小ロボットが「イブ−」「アウル」と命名!!
12/14 00:00 新防衛大綱は日本の自主防衛確立に向けた第一歩、防衛力強化と有事などを想定した議論を急げ!!
12/13 00:00 今後の日本は防衛安全保障を含めたあらゆる分野での航空宇宙進出や研究開発強化は欠かせない!!
12/12 00:00 北朝鮮以下のヘル朝鮮に成り下がった韓国への見せしめに英国をTPPに加盟させよ!!
12/11 00:00 ファーウェイ&ZTEの徹底排除は日産自動車のルノーサムスン受託生産中止と共に厳しい制裁だ!!
12/10 00:00 フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルにて日本の紀平梨花選手が優勝するなど若手が躍進!!
12/10 00:00 フランスでの反マクロン大統領デモの激化は憲兵隊の装甲車を投入する異常事態に陥っている!!
12/09 00:00 中国の華為技術(ファーウェイ)の排除で日中間も米中貿易戦争と共に熱い戦争の一歩手前まで来た理由
12/09 00:00 開通したばかりの区間での韓国KTX脱線事故は技術レベルの低さや文在寅大統領の愚かさが原因だ!!
12/08 00:00 ソフトバンクが携帯電話で大規模トラブルが多発、IT関連など企業等は設備投資や技術改善を!!
最近のコメント
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(改憲勢力安部ファースト党落選。)
人類にとって現代の脅威は飢えや災害・戦乱だけではなく身心面の病気もあるとWH0が警告()
GWの行楽には仙台や山形の華麗な風景や東日本大震災から立ち直った姿をご覧下さい!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(田中_jack)
埼玉県上尾市の共産党市議が自衛隊を侮辱 共産党など反日売国奴は政治家も日本人もやめろ!!(こんさく)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(田中_jack)
日本の先進技術実証機「ATD−X」の能力は中国の「殲−20」とは比較にならない程の高性能だ(ななし)
平昌オリンピックは韓国だけで開催して下さい それが嫌なら返上と朴槿恵大統領辞任!!(水戸黄門の屁)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved