このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5895)
国際情勢 (154)
政治 (1833)
防衛 (3115)
外交 (10)
芸能 (233)
スポーツ (90)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (32)
その他 (32)
アクセス数
総アクセス数: 1576254
今日のアクセス: 3
昨日のアクセス: 1294
RSS
カレンダー
<<2016年12月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
稲田朋美防衛大臣が先進技術実証機X−2を視察、国産戦闘機開発配備への一里塚!!
[防衛]
2016年12月5日 0時0分の記事

【PR】Licom高画質ライブ配信・通話システム


12月2日に防衛省・自衛隊が明らかにしたところでは、12月2日(金)、稲田防衛大臣は、航空自衛隊岐阜基地及び防衛装備庁岐阜試験場において、部隊等視察及び訓示を行いました。

同日、防衛省・自衛隊は稲田防衛大臣の岐阜基地での記者会見を次のように公表しています。
『Q:今日、岐阜基地を訪れて、X−2などを視察されましたけれども、まず受け止めをお願いいたします。

A:訓示の中でも申し上げましたけれども、この岐阜基地は、大正6年、そして、来年には100年周年を迎え、大変伝統と歴史のある基地です。そして、今日は、X−2、それからXC−2、この2つを、XC−2の方は、搭乗させていただきましたが、非常に乗り心地も良く、また、機内も非常に静かですし、いろいろなところに配慮がされていましたし、また、大きな、例えばパトリオットの装備ですとか、そういったものも積み込めるということでありますので、わが国を取り巻く環境が厳しくなる中で、防衛力強化に資するものでありますし、大変期待をいたしております。また、X−2も、本当にわが国の技術が非常に高いということを実感いたしました。やはりこれは、日本の本当にきめ細やかないろいろなところに配慮をする、さらには、デザインの力を駆使した大変素晴らしい技術であり、本当にクールジャパンだなということを感じましたし、また、その万全の体制で、試験評価が行われているということを確認することができました。中期防にも書かれているように、やはり将来戦闘機をわが国独自で開発するという選択肢も与えるための非常に重要な取組みだというふうに感じたところです。いずれにいたしましても、いろいろなところを見せていただきましたが、非常に志気高く、また、隊員の皆様方が頑張って、そして、日本の先頭に立って技術の開発等にも取組んでいただいている、そしてそれが、わが国の安全保障にとって重要な役割を果たしているということを実感することができました。

Q:大臣は、将来戦闘機、国産、純国産であるべきか、共同開発かというお考えはいかがでしょうか。

A:そこはやはり、多様なところで、共同開発も、国際的に共同開発することの良さもありますし、いろいろな多様な選択肢があって、さまざまな観点から考慮することが必要だというふうに思います。

Q:岐阜基地に今後期待する役割などはどういったところにありますでしょうか。

A:先進的な技術、それをやはりこの土地柄もそうですし、育まれてきた歴史、そして、何よりもこの地域との関係が非常に良好で、民間の企業との連携、さらには、この土地の皆様方との関わり方など、これからの日本の自衛隊のあるべき姿の一つとして、模範を示していただけるのではないかという意を強くしました。

Q:先ほど話もありましたけれども、そのX−2の試験データ等を踏まえて、将来戦闘機の選考をしていくと思うのですけれども、国産化等に向けた現在の検討状況と今後のスケジュールを教えていただいてよろしいでしょうか。

A:本当に、非常にいろんな角度から考えられていますし、エンジンも国産ですし、ものを開発していますし、私は、こういった研究が民間の経済発展にも資するものでありますので、非常に期待をしています。そして、さらには、国際共同開発ということもあるわけですから、いろいろな選択肢を与えてくれる研究だというふうに思います。そして、中期防に書いてありますように、X−2をはじめとした各種実証研究を推進しつつ、国内開発や国際共同開発を含むあらゆる選択肢の検討を進め、平成30年度までに開発に係る判断を行なうというのが、この中期防に書かれていることでありますので、その今のこの計画に則れば、平成30年度までに、どういった方向性かということの判断は行うということだと思います。そのためにも、非常に選択肢を与えてくれているというふうに思います。』


稲田朋美防衛大臣が先進技術実証機X−2を視察、これは正に国産戦闘機開発配備への一里塚でしょう!!

稲田防衛大臣の手腕に期待申し上げます。



X−2に搭乗した稲田防衛大臣
出典:防衛省・自衛隊HP
X−2やC−2などの研究開発が、日本の防衛を支えています。
稲田大臣のこのような視察も重要なのです!!


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお願い申し上げます。



稲田朋美防衛大臣が先進技術実証機X−2を視察、これは正に国産戦闘機開発配備への一里塚でしょう!!

稲田防衛大臣の手腕に期待申し上げます。


と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/367521
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
07/23 00:00 バイデン大統領がついに選挙戦撤退、トランプ氏が罵倒!!
07/22 00:00 今週は危険な暑さが続くものと覚悟して対策を!!
07/21 00:00 大谷翔平選手は真美子夫人と共に大エンターテイナー!!
07/20 00:00 コロナと溶連菌、暑さなどの脅威に対応しなければ!!
07/19 00:00 米国トランプ前大統領が副大統領候補にバンス氏を指名!!
07/18 00:00 中森明菜さん、出身地の清瀬市でも本格的活動再開!!
07/17 00:00 東京都知事選挙の結果は既存政党への厳しい目と批判の現れ
07/16 00:00 日本や世界にテロを肯定する風潮はないでしょうか!?
07/15 00:00 日本の物作りは「しんかい6500」問題で曲がり角
07/14 09:41 緊急!!米国前大統領で再選を狙うトランプ氏が銃撃され負傷
最近のコメント
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(田中_jack)
斉藤由貴さんの奔放さと格の違いに学ぶ点はある!!(京都鍼灸院)
毎日睡眠や寝起きがしっかり出来る事は極めて重要です!!(山椒)
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(ペット火葬京都)
硫黄島などの火山活動活発化は激変の兆候か!?(和歌山グランピング)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(田中_jack)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(初めてお金借りる)
ウクライナとベラルーシのやり方は日本も教訓にすべき!!()
あなたも就寝中に起きる「こむら返り」対策は必須!!(借金返済できない)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved