ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4851)
国際情勢 (154)
政治 (1620)
防衛 (2407)
外交 (10)
芸能 (154)
スポーツ (49)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 912581
今日のアクセス: 9
昨日のアクセス: 527
RSS
カレンダー
<<2017年02月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2017年1月27日 0時0分
対馬から盗難された仏像を返さないとの韓国の判決に日米は国扱いを止めて当然である!!
長崎県対馬より盗難された仏像を日本に返さない、などとの異常極まりない、盗人猛々しい愚かな判決が、1月26日に韓国の大田で言い渡され、これによる反発が高まっています。

同日16時46分に産経ニュースが「【対馬の盗難仏像判決】「韓国とは永遠に分かり合えない」 盗難仏像所有者の観音寺前住職が怒り」の題で次のように伝えました。
『韓国の大田(テジョン)地裁が、長崎県対馬市の観音寺から盗まれた仏像を韓国の寺に引き渡すよう命じた判決ついて、観音寺前住職の田中節孝氏は「品性を疑う判決。これが韓国という国なのか。やはり理解できない国だと改めて感じた」と怒りをあらわにした。産経新聞の取材に答えた。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年1月26日 0時0分
安倍首相がトランプ大統領就任と積極的平和主義の更なる拡大や貢献を明示したことの真意とは
現在、目まぐるしく世の中が動く中では、先見性が一番求められているのは言うまでもありません。
1月25日、参議院の代表質問に答える形で、安倍首相がトランプ大統領就任と積極的平和主義の更なる拡大や貢献を明示したことの真意とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年1月26日 0時0分
極左の反トランプ大統領陣営が息子のバロン君を誹謗中傷、ネット社会のいじめそのものだ!!
全く呆れ果てる事に、日本であれ、米国であれ、他の国であれ、極左の「反社会勢力」や「自称 社会運動勢力」のやることはどこでも同じであり、陰湿、陰険そのものです!!
米国でもトランプ大統領を認めない極左の反トランプ大統領陣営が息子のバロン君を誹謗中傷して大問題になっています。

1月25日11時00分に産経ニュースが「【トランプ大統領始動】息子バロン君にバッシング噴出 「銃乱射する」「就任式でゲーム」…作家や女優が言いたい放題で非難殺到」の題で次のように伝えました。
『【ニューヨーク=上塚真由】トランプ米大統領への反発から、息子で小学生のバロン君(10)に対する中傷がインターネット上で噴出し、波紋が広がっている。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年1月25日 0時0分
三鷹ストーカー殺人事件やそのリベンジポルノはIT技術が発達したネット社会の歪みである!!
 
4年前に発生し社会に大きな衝撃を与えた三鷹ストーカー殺人事件。
この事件では犯人が殺害を目的に被害者宅の押し入れに潜んでいたことや、犯人の元交際相手で被害者の女性のプライベート画像をXVIDEOに投稿されていた事でも大きな衝撃を与えました。
リベンジポルノというべき行為がいかに卑劣なものかを「証明」した事件でもあります。

1月24日15時06分に産経ニュースが「三鷹ストーカー殺人、2審も懲役22年 東京高裁、双方の控訴棄却」の題で次のように伝えました。
『東京都三鷹市で平成25年、高校3年の女子生徒=当時(18)=が刺殺されたストーカー事件で、殺人罪などに問われた元交際相手、池永チャールストーマス被告(24)=1審の裁判員裁判で懲役22年=の控訴審判決公判が24日、東京高裁で開かれた。検察側、弁護側とも量刑を不服として控訴していたが、秋吉淳一郎裁判長は「1審判断に誤りはなかった」として双方の控訴を棄却した。
[続きを読む]
[カテゴリ:社会問題] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年1月24日 0時0分
米国トランプ大統領の世界戦略と最新鋭ミサイル防衛システムの開発との関係は非常に深い訳
1月20日に第45代米国大統領に就任したトランプ氏は、早速TPP離脱宣言やNAFTA再交渉、オバマケア停止の大統領令署名などの政策を実行に移しています。
1月から2月にかけて、トランプ大統領は英国のメイ首相、日本の安倍首相、イスラエルのネタニヤフ首相と相次いで会談する方向で調整中であり、日程は不明ながらカナダのトルドー首相やメキシコのペニャニエト大統領とも近く会談する予定です。

一方で軍備強化を推進し、米国トランプ大統領の世界戦略と最新鋭ミサイル防衛システムの開発を宣言しましたが、これは米国トランプ大統領の世界戦略との関係は非常に深いのです。
その訳とは??

[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




 前の5件 次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
10/27 00:00 今回の衆議院選挙は本当の政治回帰か、破滅の共産主義・立憲共産党政治かの選択肢、投票しよう!!
10/26 00:00 参議院補欠選挙は与野党が1勝1敗、未来のため立憲民主党+共産党=立憲共産党は全員落選させよう!!
10/25 00:00 何故、今頃になってG7が強制労働排除で一致したのか??その背景には深い世界戦略が!!
10/25 00:00 中露海軍は日本列島を一周する脅迫暴挙!!新たな敵の行動に毅然の対処と強力な防衛力整備を!!
10/24 00:00 今回の衆議院選挙は日本や世界のターニングポイント!!韓国のロケット打ち上げ失敗等は丁寧な無視で!!
10/23 00:00 岸田文雄首相が政治に風穴を開けて新風を吹き込んでいる事は間違い無い!!
10/22 00:00 自民党の高市早苗政調会長が怒濤の如く演説!!中露や南北朝鮮等の脅威が高まる中で期待!!
10/21 00:00 日本は既に安倍政権でTPPや「自由で開かれたインド太平洋地域」構想で集団安全保障体制を構築!!GJ!!
10/20 00:00 今、大切な事は国防と新型コロナ禍からの回復!!日本を愛する人を国会に、そして自分も変えよう!!
10/19 00:00 中朝韓の特亜3国は寝そべり主義に寄生虫主義、日本は世界の模範となるように丁寧な無視を!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved