このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
今の街と、かつての街を照らし合わせつつ。それぞれへの愛おしさ。
 
2017年1月23日 8時56分の記事

幼少期に遡るぐらい昔から感じていたこと、そして今でも感じていることがあります。それは、一つの街というものが動いたり、存在したり、一つのまとまりとして機能しているって凄いことなのだなということです。

それは、結婚を機に今の街に引っ越してくる前まで暮らしていた実家のあった街と今暮らしている街とを照らし合わせてみたとき、いっそうの愛おしさを伴う実感でもあります。どちらかというと寂れた感じの商店街が立ち並んでいる今住んでいる自治体のメイン都市に対して、かつて暮らしていた実家のある街は、今住んでいる街よりずっとローカルでありながらにして、自然あまねく土地柄も手伝って全面的にふわっと包まれているような優しい空気感があるように感じています。
街全体に立ち込めるような、その穏やかな空気感のようなものが私は昔から好きで、愛おしく思っています。それは、私が長年暮らしていたホームタウンであり故郷であることからの愛着から来るものでもあるとは思います。たまたま用があってこの街を訪れる機会があったつい先日も、やっぱりいつ行ってもこの街の空気感はいいな、大好きだな、と思いました。実際、県内でも人気の高いのも納得できる、住むには素敵な街です。何しろ私は大人になってから、母親経由で自分たちの住まう街が国内でも一等地だということを遅ればせながら知りました笑。

それにしても、暮らすことや日々を営むことって素敵です。その愛おしさを分かるようになったときから、実家にいた頃、自宅のすぐ裏の山からこだまする毎朝の野鳥たちの囀りに耳を澄ませては、じんわりとハートに染み込んでくるような幸せを感じられる素敵な自然環境を始め、街の牛乳やさんだとか、街のパン屋さんだとか、自分たちの身近な生活を支えてくれたり取り巻いている社会というものに自然と興味を持つようになったり、一つの街が創られているって凄いなあと、誰に強いられてではなく自然とその土地や社会への愛おしさを伴わせながらそう思うようになったのだと思います。

今住んでいる街はここはここで、場所によってはブランド化されているほどオシャレ感と交通や買い物などといった利便性が共存しているところがあったりと、多面的な魅力に溢れています。この街はこの街で、今となってはすっかり私の一部のようでもあります。

でもでもやっぱり、最終的には生まれ故郷に回帰するものなのでしょう、先日のようにいつ行っても自分の生まれ故郷というものはその景色や空気に触れるだけで帰ってきた感があるといいますか、あるべきところに戻ったような、言葉にできない根本的な安心感のようなものに満たされます。
今の街での生活ももちろん日々大切にしながら、故郷の持つ不思議で素敵な力をこれからも見つめ続けたり、愛おしんでいられる私でありたいと思っています。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せください



このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。


◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/passport/374647
くる天
カレンダー
<<2017年01月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
ブログ内検索

RSS
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
JavaScript


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved