ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4941)
国際情勢 (154)
政治 (1653)
防衛 (2455)
外交 (10)
芸能 (160)
スポーツ (51)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (31)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 967382
今日のアクセス: 667
昨日のアクセス: 646
RSS
カレンダー
<<2018年10月>>
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2018年10月28日 0時0分
安倍首相の訪中に込められた国家戦略や世界戦略は報道されていない!!今の時期の訪中の真意とは??
安倍首相は10月25日に中国を訪問し、日中首脳会談や日中平和友好条約締結40周年記念レセプションに出席するなど外交公務をこなしました。

何故この時期に訪中をするのかなどと、極左反日反米の偏向マスコミ(一部の極左評論家を含めて)が騒いでいますが、筆者がはっきり申し上げる事は、安倍首相の訪中に込められた国家戦略や世界戦略は報道されていないのです!!
今の時期の訪中の真意とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月28日 0時0分
新型迎撃ミサイルの迎撃実験成功と最新のリチウムイオン電池搭載潜水艦進水の実績は絶大だ!!
「事実は小説よりも奇なり珍なり」とは申しますが、それだけ「事実」を追求するのは、奇怪とも言うべき多くの選択を経た結果であることでもあるのです。
政治、経済、歴史の分岐点など、様々な場面で繰り広げられる事柄もそうです。
ましてや、軍事防衛や外交分野では、国家や世界の運命すら変わるのです。
この点を忘れてはなりません!!

10月27日00時10分に産経ニュースが「新型ミサイルが迎撃実験に成功 33年度導入に前進」の題で次のように伝えました。

『防衛省は26日、日米両国が共同開発している新型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」の迎撃実験が米ハワイで行われ、成功したと発表した。迎撃実験が行われたのは4回目で、直近2回は失敗に終わっていた。政府は北朝鮮などの弾道ミサイルに備えるため、同迎撃ミサイルを平成33年度までに配備する方針だ。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月27日 0時0分
シリアで拘束されていた安田純平氏の解放で改めてジャーナリストの存在価値が問われている!!
シリアで拘束されていた安田純平氏が解放されてから「迅速なスピードで」帰国しました。
まずは、無事に帰国したことに関して、お慶び申し上げます。

10月25日にzakzak by 夕刊フジが「安田純平さんが帰国 会見は後日」の題で次のように伝えました。

『内戦下のシリアで平成27年6月に武装勢力に拘束され、約3年4カ月ぶりに解放されたジャーナリストの安田純平さん(44)が25日午後、トルコから帰国した。日本政府によると、安田さんの健康状態には特段の問題はないという。
 解放支援をしてきた弁護士によると、体調を考慮し、本人の会見は後日行うという。(産経新聞)』
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月26日 0時0分
何がともあれ安田純平氏の解放は日本にとって良いニュースだ!!邦人救出体制等の充実を!!
3年余り、シリアの内戦の最中で拘束されていた安田純平氏の解放は、日本にとって良いニュースです。

首相官邸HPが10月24日に「安田純平氏解放の情報についての会見(2)」の題で次のように公開しました。

『平成30年10月24日、安倍総理は、総理大臣官邸で会見を行いました。
 総理は、安田純平氏解放の情報について、次のように述べました。

「安田純平さん、御本人であることが確認されました。そして、大使館員に大変元気に話をされていると報告を受けております。準備が整い次第、帰国できるように対応していきたいと思っております。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2018年10月25日 0時0分
3年前にシリアで拘束された安田純平氏が解放されたと菅官房長官が発表、日本の情報機関の功績だ!!
10月23日夜、3年前にシリアで拘束された安田純平氏が解放されたと菅官房長官が発表しました。

勿論、帰国までは医療チェック、外交当局間とのやり取り等もあり、1日や2日で「すぐに帰国」とは行かないでしょうが、ともかく解放され無事であることが確認されただけでも良かったと筆者は感じています。

10月23日23時20分に産経ニュースが「シリアで拘束の安田純平氏「解放」 菅義偉官房長官が発表」の題で次のように伝えました。

『菅義偉官房長官は23日夜の臨時緊急記者会見で、2015年に内戦下のシリアに入り、武装勢力に拘束されたとみられているフリージャーナリスト、安田純平さんが「解放された」との情報を23日午後9時ごろにカタール政府から得たことを明らかにした。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
01/20 00:00 世の中トンガ沖噴火・津波の如く、各地域でも雷鳴のような動きが活発化しています!!
01/19 00:00 内外情勢は今年も激動かつ混沌、今の私達や我が国の最優先事項は戦略を造り実行する事!!
01/18 00:00 露中朝韓等が開発や配備を進める極超音速兵器やSLBM等に日本が対抗出来る策とは??
01/18 00:00 トンガ沖噴火・津波などの大災害対策も安全保障体制も一朝一夕では確立しない!!
01/17 00:00 私達の生活や安全に関わる、日米同盟の堅持や強化が岸田文雄首相に出来るのか!?
01/17 00:00 正しい世論や忠告に耳を傾けない中国も立憲共産党たる立憲民主党も二度死ぬ!!
01/16 00:00 日本は独自の外交防衛体制の整備で露中朝韓の極超音速ミサイル等からの脅威に対処せよ!!
01/15 00:00 北朝鮮が発射した極超音速ミサイルはオミクロン株以上の脅威、敵基地攻撃能力の整備を!!
01/14 00:00 激動の今の世の中、パワフルな安倍晋三元首相や高市早苗政調会長のように生きましょう!!
01/13 00:00 日豪間の日豪円滑化協定署名の背景には露中朝韓への脅威やF35での連携あり!!
最近のコメント
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(素浪人)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved