このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
白老人(用語解説)
[用語解説(無料)]
2009年12月11日 21時57分の記事

【白老人】

 これは、「はくろうじん」と読みます。
 白老人とは、物語の名です。
 白老人の物語は、江戸時代に天狗の世界と行き来した「寅吉」と言う霊能者が、天狗の世界で聞いた物語です。
 ストーリーは、西遊記に似ています。
 しかし、西遊記より、白老人の物語の方が、古く……そして長い物語で、しかも面白い内容のようです。

 この物語は、白老人と言う名の主人公が……「千身行者」を供に連れ、諸国を尋ねて……世に害をなす物怪《もののけ》達を退治するものです。

 物語は……毘那耶女《びなやめ》と言う女性が、あまたの物怪達が人の世に害をなしていることを憂い、天神地祇《てんじんちぎ》に、
 「物怪を退治することが出来る宝の男子を授け給え……。」と祈り、身ごもったことにはじまります。
 しかし、身ごもったにもかかわらず、それから六十年余りも母の腹の中いて、生まれた時には……彼は、すでに白髪の赤ちゃんでした。
 ですので……「白老人」と名付けられたのです。

 やがて、白老人は……勇猛果敢な若者に成長し、たくさんの人に慕われ、多くの手下を持つようになりました。
 その中のひとりに、人に変身した鬼神「千身行者」がいました。
 千身行者は……眉間から如意棒のような針を取り出し、これを、大きくしたり、小さくして武器として使います。
 また、千体にも分身して、物怪を退治するのですが……これは、まるで、孫悟空のような感じです。
 この千身行者と、白老人が……わが国に害を成す、あまねく物怪達を退治してまわると言う内容です。

 この物語は、
 「年中の行事のほか、天地間のあらゆることの道理、鬼神の不思議な力、万物の変化が理解できるよう巧妙に作られた物語。」と説明されています。多記す。




ご購読・応援ありがとうございます。
今回の播磨陰陽師☆雑記はいかがでしたでしょうか?
喜んでいただけましたら、これらのアイコンをクリックして応援いただけると嬉しいです。

くる天 人気ブログランキングへ←投票ポチッ♪ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ





◆この記事へのトラックバック

トラックバックURL
くる天
このブログについて
ようこそ!
ご利用ありがとうございます。

このブログについて
 作成の経緯
 特徴
 お約束
 著作権について
もくじ…
 無料記事一覧
正誤表
リクエスト

よくある質問とこたえ
・有料の文を読むには
・記事を読むには入会する必要がありますか?
・クレジットカードや銀行引き落としはしたくありませんが、購読できますか?
・携帯電話でも読めますか?
・毎回読む時にお金がかかりますか?
・印刷したものを販売していただけませんか?
関連情報
★関連情報★
公式サイトHAKUTAKU
★最新情報★
ここには書けない情報、イベントスケジュールをメールマガジンでお知らせしています。
こちらからご登録ください
播磨陰陽師の見る夢は……-メルマガ

★SNS★
【ツイッター】 @Harima_Onmyoji 【Facebook】
☆播磨陰陽師(播磨陰陽道)
播磨陰陽道☆九州/中国
播磨陰陽道☆関東
播磨陰陽道☆関西
尾畑 雁多
著者メッセージ
はじめまして、播磨陰陽師の尾畑雁多《おばた・かりんど》です。

 陰陽師には京都系統の「都《みやこ》陰陽師」と、播磨の国の「播磨陰陽師」の二種類の系統があります。  播磨陰陽師は、応仁の乱の時に京の都から播磨に戻った陰陽師達の子孫のことですが、播磨の国はもともとの陰陽師達のふるさとでした。

 播磨陰陽師には、夢に関してや、武術のことなど様々な伝承を持ちますが、今回はその中から「不幸のすべて」に関するお話と私が体験した不思議な体験「近世百物語」をお届けさせていただいております。



Facebookにて播磨陰陽師の独り言連載中
管理人メッセージ
ご挨拶
「あ!DVDに出てた方ですよね?痛そうでしたね。」と、よく言われます。おっしゃる通りです。 講座の助手をしています。気軽にお声掛けください。
アクセス数
総アクセス数: 414589
今日のアクセス: 4
昨日のアクセス: 55
尾畑 掲載本
ムック版になりました。 出版時までに雑誌「壮快」で取り上げられた3回分の総集編に、Q&Aや祓詞の書かれた霊符が付録として追加されています。
お祓いの代用として
ご家族、お友達、大切な方々へのプレゼントにも喜ばれています。(販売は終了しました。)


『大祓祝詞入りCD』が付録です!
夕拝の寿詞と、良く眠れる大祓と、強力に祓う大祓いを収録。特別な環境で録音しました。
(ムック版には収録されていません)




Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved