このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (2635)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (52)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (138)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (117)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (38)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 866878
今日のアクセス: 24
昨日のアクセス: 390
RSS
カレンダー
<<2016年10月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

定期購読(有料)に設定された記事です。
1度申し込むと、申し込んだ日から1ヶ月間は購読ができます。
福島原発の作業員800人死去の情報を東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、外部に洩れなくしているのだが、惨状に堪えられない医師や看護師らから、次第に洩れ始めている
2012年5月1日 3時3分の記事
 
◆〔特別情報?〕
 東北大学医学部附属病院が、福島第1原発について「極秘情報」が外部に洩れないように緘口令を敷いている。
 それは、福島第1原発の大事故現場に送り込まれた作業員(約3000人)のうち、すでに800人が放射能により死亡しているのに、東北大学医学部附属病院が緘口令を敷いて、外部に洩れないようにしているということだ。患者たちは、一旦、東北大学医学部附属病院で診察を受けた後、新潟県内にある分院に移送されて、静かに死期を迎えるまで過ごす。放射線治療を受けても、手の施しようがないからである。
定期購読記事
[1000ptでこのブログを定期購読する(確認画面へ)]
 
このブログへのチップ   1070pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]

このブログの評価
★★★★★

[このブログの評価を見る]




最近の記事
09/30 06:41 「象徴天皇」の「光被」は、国民のみならず、世界人類に寄り添い、いたわり、慰め、祈り、励まされる行為である
09/29 06:39 オバマ大統領と安倍晋三首相が、「世界平和の破壊者」=「朝敵」(朝廷の敵、天子に反逆する賊)と呼ばれている
09/28 06:36 シュメール・バビロニアの「各都市の主神」は、日本の各所で祭られ、「神名、地名、人名」に残っている
09/27 18:00 ◆お知らせ◆板垣英憲「情報局」10月オフレコ懇談会のご案内
09/27 01:43 「世界の象徴天皇」への崇敬の念から、「我が皇室の淵源」を正しく知りたいという欲求が急速に高まっている
09/26 06:33 天皇陛下は、象徴天皇を「虚器」(ロボット)から「実器」=「世界の象徴天皇」へと高めとなられた
09/25 06:39 天皇皇后両陛下は、元の襲来を断念させ、帝国陸軍の残置諜者が米軍を敗北させた「ベトナム」を初訪問される
09/24 06:24 世界支配層が小沢一郎代表に使命と役割を与えて、樹立しようとしている「新機軸」は、どう定義されているか
09/23 06:45 潘基文事務総長は、世界平和実現に何ら実績を残さず、国連改革を行うこともなく、12月末、退任する
09/22 06:53 「天皇家の金塊」の一部が、国際司法裁判所の判決により、フィリピンから日本=天皇家の所有に全部戻っている
最近のコメント
小沢一郎代表は、安倍晋三首相による中国、ロシア、韓国、北朝鮮との外交関係が不調なのを憂慮している(匿名)
安保法案が衆院本会議で可決されたのに、安倍晋三首相の表情には、高揚感がまったくなく、何かおかしい(tom)
安倍晋三首相が招く天災は、「2015年6月、天変地異、世界大乱が起こる」前触れか(板垣英憲)
安倍晋三首相が招く天災は、「2015年6月、天変地異、世界大乱が起こる」前触れか(ケニー)
安倍晋三首相と二階俊博総務会長が、「草刈り場」維新の党に虎視眈々、この裏で小沢一郎代表の影がチラリ(拓み)
安倍晋三首相と二階俊博総務会長が、「草刈り場」維新の党に虎視眈々、この裏で小沢一郎代表の影がチラリ(拓み)
安倍晋三首相と二階俊博総務会長が、「草刈り場」維新の党に虎視眈々、この裏で小沢一郎代表の影がチラリ(拓み)
安倍晋三首相と二階俊博総務会長が、「草刈り場」維新の党に虎視眈々、この裏で小沢一郎代表の影がチラリ(拓み)
安倍晋三首相と二階俊博総務会長が、「草刈り場」維新の党に虎視眈々、この裏で小沢一郎代表の影がチラリ(拓み)
麻生太郎財務相は、習近平国家主席肝煎りの「AIIBのいかがわしさ」を見抜き、「参加見送り」を表明(セイテン)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved