ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (5245)
『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) (52)
米国在住の個人投資家satoko女史 (91)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) (51)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (49)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2937665
今日のアクセス: 587
昨日のアクセス: 830
RSS
カレンダー
<<2024年03月>>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2022年9月22日 20時19分
ロシアのウクライナ侵攻から7か月目の9月24日夜、ユダヤの新年が始まる。この前後、みんなが期待する大きなイベントがあるだろう。今後2か月間、11月24日の感謝祭までは、世の中が急速に変化する
 
ロシアのウクライナ侵攻から7か月目の9月24日夜、ユダヤの新年が始まる。この前後、みんなが期待する大きなイベントがあるだろう。今後2か月間、11月24日の感謝祭までは、世の中が急速に変化する(satoko女史)

◆〔特別情報1〕
 これは、在米30年超の個人投資家satoko女史からのトップ情報である。
 インターネットの世界で大騒ぎになっている何らかの大イベント予定日「9月24日」の前であったが、プーチンがとうとう動員をかけた。ウクライナの戦争は冬に向けて、終盤戦となっている。前回報告したように、ウクライナ北東部のハリコフ方面で、ロシアは防衛が全く手薄になっていてぼろ負けし撤退した。(これが何かやらせっぽい。)最初の攻防の地、バラクレイヤでは、ロシア軍は一般市民を残して撤退したので(これも何かやらせっぽい)、西側は「ブチャ2.0」のフェイクニュースを流している。真相は、ウクライナ軍が引き取りを拒否した戦死者の死体440体を、ロシア軍が市民墓地の隣接地にロシア正教に則って埋葬したのであり、私もその当時、そのニュースを見ている。ウクライナ側の完全なフェイクニュースだ。その次の主要な撤退地のイジウムでも、親ロシア派狩りが行われている。人道支援物資を受け取っただけで新ロシア派だ。その後、ロシア軍による反攻で、ウクライナのインフラ破壊が本格化し、発電所、送電施設、水、通信関係を組織的に破壊している。ゼレンスキーの出身地のクリボイ・ログでの貯水池の破壊では大洪水が起き、ウクライナ軍の塹壕は冠水し、イングレツ川のウクライナ側仮設橋も流され、橋頭堡への兵站補給ができなくなった。ところが、ザポロージエの原発をウクライナ側がいまだに砲撃していて、2日ほど前にも原子炉の冷却水のパイプに当たって、冷却水が大量に流れ出ている。インフラ破壊には、ウクライナ側による破壊工作もあったので、この3日前くらいに、ウクライナによる「自己砲撃」という言葉ができた位だ。本当はロシア側もウクライナ(NATO)側も、ウクライナを破壊しようとしている。とにかく、ハリコフ地方のロシア派の住民は、ロシア国内への避難を続けている。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)] [コメント (0)]



2022年9月18日 11時11分
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)  第7章 安倍前政権とロックフェラー、そして福田政権ヘ  安倍晋三を支援する統一教会とゴールドマン・サックス社(2)
 
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)

第7章 安倍前政権とロックフェラー、そして福田政権ヘ

 安倍晋三を支援する統一教会とゴールドマン・サックス社(2)


 米国が置かれている状況を考えると、政治的に障害となっているのはイラクでの米軍駐留である。ブッシュ政権は二万二百人もの将兵を増派したものの、民主党優勢の議会が即時撤退を要求するまでもなく、実のところは米国政府も撤退を望んでいる。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)] [コメント (0)]



2022年9月17日 9時36分
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)  第7章 安倍前政権とロックフェラー、そして福田政権ヘ  安倍晋三を支援する統一教会とゴールドマン・サックス社(1)
 
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)

第7章 安倍前政権とロックフェラー、そして福田政権ヘ

 安倍晋三を支援する統一教会とゴールドマン・サックス社(1)


 2007年7月29日に行われた参議院議員選挙では、自民党が37議席と改選前の半分超しか獲れず、1989年の36議席に次ぐ惨敗となった。非改選と合わせても83議席にとどまり、初めて第一党の座から転落した。これに対し、最大野党の民主党は選挙区、比例区ともに自民党を圧倒し、結党以来の大勝となる60議席を獲得した。このときの選挙戦については、自殺した松岡利勝元農相や赤城徳彦元農相に代表される政治資金会計問題や、社会保険庁が国民年金の納付記録を廃棄していた問題が取り沙汰されるなど、自民党の敵失で民主党が大勝したと言われている。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)] [コメント (0)]



2022年9月11日 15時46分
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)  第7章 安倍前政権とロックフェラー、そして福田政権ヘ  環境問題に注目して中国へのODAを継続
 
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 

第7章 安倍前政権とロックフェラー、そして福田政権ヘ  

環境問題に注目して中国へのODAを継続


 中国は、自民党総裁選を直後に控えた2006年7月2日に開催された「日中環境保全センター十周年記念式典」で、それまで日本が中国に行っていた環境汚染防止に対する技術援助を高く評価した上で、環境をテーマにしたODAを要請した。日本がこれに応じてODAを事実上継続することを表明したため、それまで冷えきっていた日中関係が急速に改善した。中国との友好ムードを演出していくためには、やはりODA絡みの協力約束が大きなカギを握っていることがあらためて示された。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)] [コメント (0)]



2022年9月10日 15時50分
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)  第7章 安倍前政権とロックフェラー、そして福田政権ヘ  「リアリズム外交戦略」
 
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) 

第7章 安倍前政権とロックフェラー、そして福田政権ヘ  

「リアリズム外交戦略」


 安倍前首相は、小泉元首相が靖国神社に強引な公式参拝を行ったためにこじれた、中国との関係をなんとか修復しようとしていた。小泉首相は、イラク戦争の復興特需がもたらす大きな利権に関心を寄せ、自衛隊を積極的に派遣した。が、経済成長著しく次なる巨大市場になることが確実視されている中国には、なぜかそれほど関心を示さなかった。なぜだろうか。それは、自身の政治的基盤である対米利権が失われてしまう恐れがあったからである。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊)] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
02/29 23:49 公開か非公開かで、大騒ぎしたのは何だったのか、と思わざるを得ないほど、拍子抜けした「政倫審」だった。結局、一切ゴネることなく出席した武田良太の株は自民党内で、確かに上がった。これで「岸田降ろし」に拍車
02/28 23:59 自民党内では既に「岸田降ろし」が進んでいる。党内勢力図こそ、まさに台風並みの「春の嵐」。まずは、二階派を代表して武田良太が出席し、男を上げるつもりいる。「政変」の風向きにおいて政倫審は注目に値する。
02/27 23:59 世界金融連盟のトップに坐するロンドンのジェイコブ・ロスチャイルドの死亡が発表された。こうして、古い体制の諸悪がさらされ、私たちの目の前で崩れている。新しい体制への移行のための、古い体制の破壊だ。
02/27 23:45 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
02/26 23:59 政倫審が公開であれ非公開であれ、自民党の思惑どおり裏金問題は幕引きとなり、この先、証人喚問に持ち込めなければ、野党の敗北である。国民は、これから始まる「寄らば大樹」の「茶番劇」に騙されてはならない。
02/25 20:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 終章 政治家小沢一郎 ●「二大政党に収斂されていく」
02/24 20:00 ◆『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) 終章 政治家小沢一郎 ●「総理大臣になること」と「日本一新すること」
02/23 23:59 筆者持論「日本の景気10年サイクル」に照らし、史上最高値更新を検証。時の政権との兼ね合いを過去から分析すると、ここから本格上昇への可能性が見えてきた。ただし、政権について外せない必須条件がある。
02/22 23:59 世界的なAI技術者は「生成AI」開発拠点を日本と定めており、34年間も突破できなかった史上最高値がようやく更新された。一方、熊本・長崎の半導体新設工場は、求人募集をかけども人材は集まってきていないとい
02/21 23:31 岸田首相、「4月の訪米」は立ち消えるも、6月には日朝首脳会談に向けての訪朝が決まりつつあるという。つまり、4月の「やけくそ解散」ではなく、6月の「会期末解散」が有力ということだ。
最近のコメント
良し悪しは別にして「秩序」という意味でいえば、米ソの対立、2大陣営の対立のときにはそれなりの秩序があった。それは完全になくなり、それに代わる役割の「新しい秩序」と「新しい理念」を構築しなければいけない(植物性乳酸菌と果物が大好き)
定期購読の方法(武田憲明)
定期購読の方法(武田憲明)
定期購読の方法(板垣英憲)
定期購読の方法(武田憲明)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(板垣英憲)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(kotiyan)
岸田首相は、解散に向けて有利に働くものと想定した「旧統一教会への解散命令請求」だったが、結果は思惑を大きく外れて、支持率は最低。これも通過点に過ぎず、今後さらに、最低の数字は更新されていく。(kotiyan)
闇のことは闇の人にしかわからない。ガーシー容疑者に潜む闇の深層は、一般人にはとうてい理解できない。ガーシーの号泣が何なのかは、闇で暮らしてきた人たちにしかわからないことである。(もつ鍋)
幸福の科学グループの創立者で総裁の大川隆法氏死去。死因は明らかになっていないが、2004年には心不全で倒れて一命を取りとめており、自分で蒔いた種ながら、内部分裂の心労がたたったのではないかとみられてい(もつ鍋)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved