ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4195)
米国在住の個人投資家satoko女史 (16)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (49)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2193291
今日のアクセス: 912
昨日のアクセス: 693
RSS
カレンダー
<<2021年04月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2011年8月6日 21時53分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 ―3章 社会党が「野合連合」をした裏にあった台所事情―官房機密費の蜜の味を求めた社会党―議員半減で、台所が火の車になった社会党
 
もくじ

3章 社会党が"野合連合"をした裏にあった台所事情
―官房機密費の蜜の味を求めた社会党―
議員半減で、台所が火の車になった社会党


 社会党は、平成五年七月十八日の総選挙で歴史的な大敗北を喫し、衆議院議員の数が、半減し、打撃を受けた。このため、台所は、またたく間に火の車となった。というのは、社会党は、元来は労働者の政党であるという党の体質から自民党のように企業献金をアテにできないため、党の収入源を国会議員の歳費や立法調査費に依存してきたからである。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊] [コメント (0)]



2011年6月28日 18時24分
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 ―2章 田中角栄門下生たちによる骨肉の争い―自民党内の小沢一郎包囲網の暗躍―小沢一郎をつけ狙う「政治的暗殺考」たち
 

もくじ

2章 田中角栄門下生たちによる骨肉の争い
  ―自民党内の小沢一郎包囲網の暗躍

小沢一郎をつけ狙う「政治的暗殺者」たち


 亀井静香ら警察官僚出身の政治家のターゲットは、小沢一郎にも向けられていた。警察官僚出身の政治家が、警察情報をバラしはじめたら、いかに強心臓を装っているかに見える小沢一郎といえども、イチコロである。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊] [コメント (0)]



2011年4月24日 19時0分
『平成動乱 小沢一郎の野望』(板垣英憲著1993年9月25日刊)―目次
「平成動乱 小沢一郎の野望」(1993年9月25日刊)は、小沢一郎が著書「日本改造計画」を書いて、自民党を離党、新生党を結党、細川護熙政権を樹立して、意気盛んのときに出版した本です。
「日本改造計画」は、日本の新しいビジョンと進路が描かれていたので、その内容を克明に解説しながら、小沢一郎を通しての日本政治の全貌を明らかにしました。
 これまで連載してきました、「小沢一郎の野望」が小沢一郎の可能性を示したいわば「エピローグ」であるのに対して、「平成動乱 小沢一郎の野望」は、自民党離党という「行動」を裏打ちする理論、政策目標を解説する内容になっています。
 小沢一郎の高い志は、現在においても普遍です。これからいよいよ大団円に立たされる小沢一郎が、果たしてその達することができるか否かを推し量るのに極めて重要な基準となっている著書でもあります。
 小沢一郎の「日本改造計画」とともに併用して読んでいたたくと、小沢一郎の思想、政策の原風景が、より鮮明になるでありましょう。
 また、小沢一郎が政治生命を賭けた集大成「最後の戦い」に打って出る今こそ、その第一幕を振り返っていただきたい。
[続きを読む]
[カテゴリ:『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊] [コメント (0)]



2011年4月24日 18時0分
『平成動乱 小沢一郎の野望』1993年9月25日刊 新聞・テレビ報道を裏読みする12のポイント―ポイント12 野次馬・観客席
 
目次

終章 新聞・テレビ報道を裏読みする12のポイント

 ポイント12 野次馬・観客席


 日本人は、お祭りや事件・事故、火事場さわぎが三度の飯よりも大好きだ。連合政権VS自民の「権力闘争」をおもしろがって見ている。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊] [コメント (0)]



2011年4月22日 19時0分
『平成動乱 小沢一郎の野望』1993年9月25日刊 新聞・テレビ報道を裏読みする12のポイント―ポイント11 毒と毒消し
 
目次

終章 新聞・テレビ報道を裏読みする12のポイント

 ポイント11 毒と毒消し


ストーリー展開において、小沢一郎の敵である自民城の敵将たちが、そのつど毒を盛ってくることが予想される。ドラマの作者ふ沢も先刻承知している。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊] [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
04/19 11:57 東芝買収の提案は、福島原発がらみだ。今後、IAEAの協力を仰ぐにしても何にしても、ここで外資系になっていたほうが、廃炉事業を進めていきやすいという事情があり、東芝の買収話は避けられない。
04/18 11:24 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀)  第四章 シオン運動(シオニスム)
04/18 09:26 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
04/17 10:42 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀) 第三章 米國濁立革命に於けるユダヤフリーメーソンの努力
04/16 12:35 安倍前首相の再々登板の声が聞こえるなか、二階幹事長の「オリンピック中止も選択肢」発言が波紋を呼んだ。あの「嘘つき」がまたドヤ顔で出てくるかと思うと、国民もウンザリ、二階の本音も安倍に再々登板させたくな
04/15 14:06 菅首相は腹を切る覚悟で「汚染水海洋放出」を決断、その裏には、「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」の会長に就任して活動を精力的に再開している安倍晋三前首相の再々登板の動きがある。
04/14 07:00 二階幹事長は、無所属で二階派の長崎幸太郎が山梨県知事で成功しているだけに、静岡県で人気がある無所属で二階派の細野豪志を静岡県知事選に立てることは、十分有り得る。
04/13 12:10 MSA資金に関わる米国のサイナーは、時の大統領が担うこととされている。バイデン大統領にとって今回の日米首脳会談は、米国のサイナーとしてサインをする重要な任務を担うことになる。
04/12 11:49 ミャンマーの政変は、軍事クーデターということになっているけれども、実はアウンサンスーチーの身を守るためのクーデターであり、アウンサンスーチーは最初から、そしていまも国軍によって守られている。
04/11 09:59 ◆「猶太思想及運動」〈上〉四王天延孝陸軍中将著 第五篇 猶太の運動(前紀) 第ニ章 フランス革命 (2)
最近のコメント
東芝買収の提案は、福島原発がらみだ。今後、IAEAの協力を仰ぐにしても何にしても、ここで外資系になっていたほうが、廃炉事業を進めていきやすいという事情があり、東芝の買収話は避けられない。(Thors Hammer)
安倍前首相の再々登板の声が聞こえるなか、二階幹事長の「オリンピック中止も選択肢」発言が波紋を呼んだ。あの「嘘つき」がまたドヤ顔で出てくるかと思うと、国民もウンザリ、二階の本音も安倍に再々登板させたくな(Thors Hammer)
安倍前首相の再々登板の声が聞こえるなか、二階幹事長の「オリンピック中止も選択肢」発言が波紋を呼んだ。あの「嘘つき」がまたドヤ顔で出てくるかと思うと、国民もウンザリ、二階の本音も安倍に再々登板させたくな(Thors Hammer)
安倍前首相の再々登板の声が聞こえるなか、二階幹事長の「オリンピック中止も選択肢」発言が波紋を呼んだ。あの「嘘つき」がまたドヤ顔で出てくるかと思うと、国民もウンザリ、二階の本音も安倍に再々登板させたくな(Thors Hammer)
菅首相は腹を切る覚悟で「汚染水海洋放出」を決断、その裏には、「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」の会長に就任して活動を精力的に再開している安倍晋三前首相の再々登板の動きがある。(Thors Hammer)
菅首相は腹を切る覚悟で「汚染水海洋放出」を決断、その裏には、「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」の会長に就任して活動を精力的に再開している安倍晋三前首相の再々登板の動きがある。(RefleGaslyn)
菅首相は腹を切る覚悟で「汚染水海洋放出」を決断、その裏には、「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」の会長に就任して活動を精力的に再開している安倍晋三前首相の再々登板の動きがある。(RefleGaslyn)
菅首相は腹を切る覚悟で「汚染水海洋放出」を決断、その裏には、「ポストコロナの経済政策を考える議員連盟」の会長に就任して活動を精力的に再開している安倍晋三前首相の再々登板の動きがある。(RefleGaslyn)
山田前広報官は、菅首相の奥さんである真理子夫人が「この子はいい」と気に入って、広報官に任命されていたという。(RefleGaslyn)
MSA資金に関わる米国のサイナーは、時の大統領が担うこととされている。バイデン大統領にとって今回の日米首脳会談は、米国のサイナーとしてサインをする重要な任務を担うことになる。(shushuika)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved