このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」平成28年2月期向け第17期講座ガイダンス
[受験クラブ事務室より]
2015年8月20日 9時30分の記事

      TOITAの「航空無線通信士受験塾」
       第17期講座を始めるに当たっての
        ガイダンス(当講座の進め方)

注・・この記事は、姉妹校のTOITAの航空無線通信士受
   験塾”の記事を転記したものです。

皆さん、今日は。8月21日より平成28年2月期の試験に向
けて約半年間にわたって皆様のお手伝いをいたします
TOITA です。
当講座では、皆様が分かりにくいとされる「無線工学」と
「法規」について分かり易い説明をしてまいります。

さて、皆様の中には、2月期の試験に向けて、今何をする
べきか?Netで色々な方の意見を見て考えられている方。
あるいは、 受験体験記を読みもう少し、 試験が近づいて
から勉強すればよいのでは、 と考えられている方など 様
々だと思います。
航空無線通信士の受験ブログを書かれている方の中には、
航空無線通信士の試験は、簡単に受かるとしていながら何
度受験しても合格出来ない方もいらっしゃいます。


続きは、[続きを読む]をクリックしてお読み下さい。
今回は、無償で全文を公開しています。

【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


      TOITAの「航空無線通信士受験塾」
       第17期講座を始めるに当たっての
        ガイダンス(当講座の進め方)

注・・この記事は、姉妹校のTOITAの航空無線通信士受
   験塾”の記事を転記したものです。

皆さん、今日は。8月21日より平成28年2月期の試験に向
けて約半年間にわたって皆様のお手伝いをいたします
TOITA です。
当講座では、皆様が分かりにくいとされる「無線工学」と
「法規」について分かり易い説明をしてまいります。

さて、皆様の中には、2月期の試験に向けて、今何をする
べきか?Netで色々な方の意見を見て考えられている方。
あるいは、 受験体験記を読みもう少し、 試験が近づいて
から勉強すればよいのでは、 と考えられている方など 様
々だと思います。
航空無線通信士の受験ブログを書かれている方の中には、
航空無線通信士の試験は、簡単に受かるとしていながら何
度受験しても合格出来ない方もいらっしゃいます。

平成19年10月に 当講座を始めてからの経験ですが受験さ
れる方の状況は、少しも変わっていません。
実際に、 1度で合格されなかった方が、2度目で合格され
る事は、極めて少なくなります。
と言うより、 一般的な、勉強方法では、 受験回数と合格
確率は、比例しないのです。むしろ反比例します。
これは、 他の無線従事者資格試験でも同様で、 無線従事
者試験の最高峰である第1級陸上無線技術士の場合では、
特に受験回数が増えるにつれ、合格する確率が”0”に近づ
き、3から4回の受験で、受験そのものを諦めてしまいま
す。 
その理由は、試験の度に 1 からやり直すと言う 勉強法の
まずさ
にあります。

(注:ここからのお話は、一般的な方のお話ですので全て
    の方に当てはまる訳では、ありません。)

□今回(8月)の試験で上手くいかなかった方
 一般的な勉強方法で、今回の試験に合格されなかった方
  は、2月期の受験に向けて初めて勉強をされる方より優
  位な立場にあります。
 なぜなら、後は、弱点を補強するだけで良いからです。

 この時期は、弱点を見出す作業を徹底的にして下さい
 (ただし、意味もわからず、過去問とその答えを暗記し
 た方は、当講座で一からの勉強のしなお必要があります
 。)
 弱点が何処にあるか分かりませんと進歩が有りません。
 事故が起きた時に、しっかりとした 原因究明(責任の
 追及とは、違います。)と対策をしませんと 同じ事故
 が再発するのと同じです。
 試験の場合は、不合格を繰り返す結果となります。
 一からやり直すのでは、無く、 弱点を見出し、 補強す
 る事です。

□2月期に初めて受験される方
 世間で言われる様な時間は、有りません。
 何故なら、航空通を受験される方の多くは、文系の方
 ですので、理系の勉強は、初めてになるかと思います
 。
 初めての勉強でどれだけの期間が有ればマスター出来
 るか想像するのは、無理な事です。

 本当に合格を目指すなら今から勉強を始めて下さい
  
 但し、1日の勉強に永く時間を掛ける必要は、ありませ
 ん。
 大切なのは、毎日少しづつの勉強を習慣付ける事です。
 試験範囲を考えますと時間は、思ったほどありません。

 今までに受験された方の中には、 受験体験記を 読んだ
 でご自分も勉強をし
たつもりになって 勉強をおろそ
 かにして不合格になる方が毎回沢山いらっしゃる 事実
 から目をそむけないで下さい。

□当講座の特徴
 1.文系の方を想定
  電気を勉強するのが初めての方を対象としています。
  航空無線通信士を含め、 無線従事者用受験参考書は、
  電気の基礎、 あるいは、 それぞれの資格で必要とさ
  れる知識に近い知識が有る事を前提としています。
  、 電気の基礎が有る方には、無線従事者の資格の中
  では、航空無線通信士は、中位の難易度 (中位の電
  気的知識が必要 )です。

  しかし、電気的な基礎を勉強されていない 文系の方
  には、難易度が、極めて高いものになります。

   
  (1)要点を抑えた説明
  受験科目のそれぞれの要点が簡素にまとまっていれ
  ば、初めて説明を受ける方でも理解し易くなるのは、
  通常の会話の中でも経験する事です。
  結論を先に話し、相手が何を言おうとしているかが
  分かれば、必然的に結論に至る経緯に関心が出てき
  て話の全体像が楽に頭に入って来ます。
  
  (2)予備知識不要
  また、当講座では、工学的知識が有る方を対象とし
  ていませんので、先に書きました 受験参考書では、
  説明さ
い文系の方が知りたい事を説明していま
  す


   (ご注意:当講座では、例えば用語で ”アンテナ”と
  言ったり ”空中線”と言ったりする様に 試験や実際
  に使用されている両方の用語を用いています。 当
  講座で使用する用語は、全て必要です。 ご自分で
  も多少は、 調べて頂く様な構成にしてあります。
  殆どの事は、受講生の方の負担を軽減する為に 当
  講座の方でご説明しますが、 受講生の方の向学心
  に基づき自主的に調べられる事が 良い結果をもた
  らします。)

 2.暗記を極力なくす
  暗記は、一時的なものです。当講座では、何よりも
  理解する事を大切にしています。理解をすれば知識
  となり永く記憶に残ります。また、応用力も付きま
  す。
  覚えるのでは、なく、当講座の記事を面白い読み物
  として読んで頂ければ、良い様に構成しています。

  長期記憶に残らない勉強法では、合格出来なかった
  時、一から勉強しなければならず、試験の度に学力
  が増す事もなく、合格に近付く事も有りません。
  上級の無線従事者試験の会場へ行きますと、 何度、
      受けも、合格出来ない方の話をよく、耳にします。

 3.”なるほど”と納得出来る
  今迄受験参考書を読んでも 分からなかった事が 納
  得出
様になります。( これが当講座の最大の特
      徴です。)
  こんな、不思議な体験を皆様もしてみて下さい。
  そして、理解出来ると、応用力が付くのも当然の
  事です。
  

 4.合格に必要な実力だけを目指します。

  当講座は、合格する事を一番に考えます。
  言い方が悪い様ですが、”受かれば良い”のです。
  あとで、実務で必要な事をご自身で更に勉強を進
  められれば良いのです。
  更に、勉強される基礎は、この講座で身に付きま
  す。
  当講座で目指す正解率は、80%です。
  70%の問題に正解出来れば、 合格です。自信が
  ある項目でも間違える事がありますので、余裕を
  見て80%の問題に答えられる実力を目指します。
  

 5.合格迄の計画

  当講座では、1回から2回の受験での合格を目指
  します。
  同じ事を勉強して2回で合格と言う意味では、有
  りません。
  ( 同じ箇所を勉強しなおす勉強法では、 出題傾向
  の変化についていけずに毎回不合格になります。)
  1回でダメでもそれまでの知識が確実なものであ
  れば後は、理解が不足した項目や次回出題が予想
  される項目だけを勉強すれば良い事になります。
  受講生の方は、1 回で合格を目指すか、2 回で合
  格を目指すかをまず初めに決めて下さい。
  なんとなく、 2回目で合格と言うのでは、 2回目
  でも 合格出来ません。
  1年間(2回の受験期間)のスケジュールで勉強す
  るのと スケジュール無しで2回受験するのとは、
  全然違います。
  1回目で「法規」、2回目で「工学」の様に科目合
  格を活用して合格を目指せば、他の2 科目と合わ
  せて各回、2科目づつ勉強すれば、 2科目 とも充
  分な実力が付いて合格が望めます。
  2 回目で合格でも合格は、合格です。 免許証に2
  度目で合格と書かれる訳では、有りません。
  何度受けても受からないのとは、雲泥の差です。
  科目合格がる資格は、それだけ難関だと言う訳で
  す。
  受かる方法をとる事が重要なのです。
  大学での第1級陸上無線技術士の指導では、3 年
  間で全受験科目に合格して 免許証を手にする事
  を目指していますので、科目合格が重なり、 毎
  回、複数名の合格者を出しています。 工学部の
  学生は、授業の為の 勉強が忙しく、無線従事者
  試験に1 回で全科目に合格を目指しましたら 負
  担が大きく 確実に合格者を出す事が困難になり
  ます。
  
□当講座の勉強の進め方
 1.試験に良く出る項目から始めます
  試験に良く出題される問題は、 合格後、実務で
  必要になる項目です。 無線通信士の「法規」で
  あれば、無線局の運用です。
  出題数の多い項目を理解すればそれだけ 合格に
  近づきます。

 2.積み上げ式勉強法
  試験に良く出題される項目から順に勉強をしま
  すので、日々合格に近づけます

 3.電磁気・電気回路は、一番最後に勉強します。
  試験が近づき、合格点を得る為に近い実力がつ
  いた所で皆様が苦手とする電磁気・電気回路の
  勉強をします。
  これは、記憶に新しい内に試験に臨もうと言う
  作戦です。


当講座の受験体験記でも紹介していますが、分かるとだんだん面
白くなります。
面白くなったらご自分でも色々と調べられる様になります。
そこで知識が増え、 更に高度な疑問が生まれたりして実力が益々
増してゆくと言う良い循環に入ります。
是非、当塾の「クロちゃんの受験体験記」をお読み下さい。
当塾の受験勉強の仕方がご理解頂けるはずです。

     -------当講座受講に当たってのご注意--------

 勉強をされる主体は、あくまでも受験される皆様方、お一人お
 一人です。
 当講座の役目は、理解しにくい「工学」と「法規」の理解のお
 手伝いです。
 理解をすると記憶として残ります。
 それでも、暗記をしなければならない事(数値等)も有ります
 が、勉強の中心は、理解だと言う事です。
 暗記する内容は、試験の1週間位前にすれば良いでしょう。
 暗記する内容は、実務についてからでも調べれば良い事です。
 

次回からは、無線工学の第1章としまして空中線と伝搬伝搬のお
話を始めます。


     --- 受験塾からの重要なお知らせ ---

皆様は、高校や大学の受験の為に塾で勉強された事と思います。
それは、独学では、無理だからです。
航空無線通信士の試験の内容は、皆様方の多くの方にとって、
今迄に勉強した事の無い分野だと思います。よって、余計に塾
が必要な訳です。
その様な理由から当塾は、2007年10月 に講座を開講しま
した。
当講座では、平成27年8月20日現在延べ342,600人の方々
に利用されて参りました。

 ・受験勉強の補強にとお考えの方
 ・参考書を読んでも今一、良く分からない方


当講座の記事が役に立つなとお思いの方は、 会員登録をお願
いします。


無線や法規の勉強をした事のない方には、 半年程度の勉強期
間がどうしても必要です。
不合格になって時間を無駄にしない様 お早めに会員登録を済
ませて下さい。


効率良く勉強する為に、まずは、以下のアドレスへ「案内希
望 K係
」と一言書いてメールして下さい。

すぐに、受講の為のご案内をお送りします。
なお、 どの様な理由で受講を希望されるかを一言書いて頂き
ますと、受験の為のアドバイスをさせて頂けます。
また、当塾がどの様なものか確かめてみたいと言う方には、
試し会員」も募集しています。
「お試し会員」をご希望の方は、メールに「お試し会員希望
K係」とお書きください。

皆様方のお一人でも多くの方が合格される為にもメールして
みませんか?



お問い合わせのメール・アドレスは、

       コチラ⇒
toita-aero@har.bbiq.jp


このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント(投稿順)
1. 市原直樹 2016年1月2日 0時58分 [返信する]
無線工学の勉強法を教えて下さい

 ■このコメントへの返信■
1. TOITA 2016年1月2日 15時5分
今日は。TOITAです。新年明けましておめでとう御座います。
さて、ご質問の件ですが、市原さんの今の状況を教えて頂けますか。
年齢とか、今までに学校でどの様な分野(理系、文系等)の勉強をされてきたか?現在、無線の勉強は、何処まで進んでいるか等です。以上の結果により勉強方法を提案させて頂きます。


 


◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/toita_1day/335044

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved