このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (5859)
国際情勢 (154)
政治 (1818)
防衛 (3101)
外交 (10)
芸能 (230)
スポーツ (86)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (32)
その他 (32)
アクセス数
総アクセス数: 1522514
今日のアクセス: 422
昨日のアクセス: 1890
RSS
カレンダー
<<2017年01月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
極悪人の中の極悪人であるルーズベルト大統領とスターリン書記長が作ったヤルタ協定の破棄を!!
[政治]
2017年1月9日 0時0分の記事

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


第二次世界大戦後の冷戦は、二次大戦末期の「ヤルタ協定」「ポツダム会談」で決定され、70年に渡って世界を支配してきた、と言っても良いでしょう。
しかし、旧ソ連は崩壊し、米国では「既存の体制」である既得権益層が大統領から排除され、トランプ氏が大統領に就任します。

そのような中で、ヤルタ協定そのものが米ソだけの決定であったことが暴露されました。
1月8日15時00分に産経ニュースが「【ヤルタ密約】チャーチルの署名は不本意だった…「米ソが頭越しで決定した」「合意後に昼食会で知らされた」」の題で次のように伝えました。
『【ロンドン=岡部伸】旧ソ連とロシアが北方四島領有の根拠としてきた「ヤルタ密約」について、英国のチャーチル首相が「米ソ首脳が頭越しで決定した。両国との結束を乱したくなかった」と、不本意ながら署名したことを示唆する個人書簡が英国立公文書館で見つかった。チャーチル首相が密約の有効性に疑問を抱いていたことをうかがわせる。

 書簡(PREM11/432)は1953年2月22日付で、チャーチル首相からイーデン外相に宛てたもの。

 この中でチャーチル首相はヤルタ密約について、ルーズベルト米大統領とソ連のスターリン首相が「直接取り決めた」とし、「全ての事項がすでに(米ソで)合意された後に昼食会で知らされた」「私たちは(取り決めに)全く参加しなかった」と主張。英国の頭越しに米ソ間で結ばれたと強調している。

 一方で、密約に署名した45年2月の時点では、連合国は欧州ではヒトラーのドイツとの戦いで最終局面を迎え、対日戦線でも結論が見通せなかったため、米ソ両国との「結束を乱したくなかった」と述べ、融和を優先したと釈明している。

 イーデン外相はこの2日前の53年2月20日付でチャーチル首相宛てに書簡を送っており、今回見つかった首相の書簡はこれに対する返信と位置づけられる。


外相の書簡は、アイゼンハワー米大統領が53年2月の演説などを通じ、共産主義による民衆の「奴隷化」を招く秘密協定は全て破棄する方針を打ち出したことを伝えている。これを受けて出された書簡でチャーチル首相は、「ヤルタで起きたことは詳(つまび)らかにすべきだ」との見解を示している。

 チャーチル首相は、「米国務長官だったステティニアス氏ですら、(密約に関して)相談されなかった」との見方を書簡に記しており、大戦中のルーズベルト米大統領が独断でスターリン首相の要求に応じたと考えていることを示している。
               


 ■ヤルタ密約 1945(昭和20)年2月4日から11日まで、クリミア半島ヤルタで米国のルーズベルト大統領、英国のチャーチル首相、ソ連のスターリン首相による連合国3カ国首脳会談が開かれた。ルーズベルト大統領はソ連による千島列島と南樺太の領有権を認めることを条件に、スターリン首相に日ソ中立条約を破棄しての対日参戦を促した。会談では、ドイツ降伏後2カ月または3カ月でソ連が対日参戦することが秘密協定としてまとめられた。また、国際連合創設を協議し、ドイツと中・東欧での米ソの利害を調整することで大戦後の国際秩序を規定。東西冷戦幕開けのきっかけにもなった。』

つまり、ヤルタ協定では日本の領土分割などは勝手に米ソの間だけで決定した訳です。
尚、米国は戦後、「1956年に共和党アイゼンハワー政権は「(ソ連による北方領土占有を含む)ヤルタ協定はルーズベルト個人の文書であり、米国政府の公式文書ではなく無効である」との米国務省公式声明を発出している。また、アメリカ合衆国上院は、1951年のサンフランシスコ講和条約批准を承認する際、決議において「この承認は合衆国としてヤルタ協定に含まれているソ連に有利な規定の承認を意味しない」との宣言を行っている」ので、無効化されています。

つまり、旧ソ連、ロシアは領土占領の根拠すら持っていないのです!!
それを認めたルーズベルト大統領は、スターリン書記長と共に極悪人中の極悪人なのです!!


極悪人の中の極悪人であるルーズベルト大統領とスターリン書記長が作ったヤルタ協定の破棄を!!

この点について、日本の安倍首相と米国のトランプ次期大統領の指導力と解決力に期待します!!


ヤルタ協定の会談にて、ルーズベルト大統領(中央)と、その右にスターリン書記長、左にはチャーチル首相
出典:ウィキペディア


2016年11月17日、NYのトランプタワーにて安倍首相(左)と会談するトランプ次期大統領(右)
出典:首相官邸HP
ヤルタ会談の密約打破に向けても、お二人の指導力に期待!!


下のブログランキングに参加しています。ご支援のクリックをお願い申し上げます。



極悪人の中の極悪人であるルーズベルト大統領とスターリン書記長が作ったヤルタ協定の破棄を!!

この点について、日本の安倍首相と米国のトランプ次期大統領の指導力と解決力に期待します!!



と思う方は以下をクリック!!


防衛・軍事 ブログランキングへ

人気ブログランキングへ

くる天 人気ブログランキング

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:



◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/shinseinihon_int/372372
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
06/17 00:00 岸田文雄首相はウクライナ支援に積極的に関与で外交成果!!
06/16 00:00 6月20日告示の東京都知事選挙は小池氏出馬で早くも波乱
06/15 00:00 ロシアのSu−57ステルス戦闘機がドローン攻撃で損傷!!
06/14 00:00 今年の夏はラニーニャ現象発生で猛暑か!?警戒を!!
06/13 00:00 今年は梅雨入り前に真夏の暑さ、例年通りには行かない!!
06/12 00:00 日本は地道な研究開発や改良が得意、これらで世界一に!!
06/11 00:00 今や防衛から宇宙までコスト対効果を高める事は必須!!
06/10 00:00 水原一平被告が有罪答弁、大谷翔平の元側近を言う資格無し
06/09 00:00 日本の高い意識や精神性は世界一、露中朝韓など比較にならぬ
06/08 00:00 イーロン・マスク氏率いるSpaceX巨大宇宙船が帰還に成功!!
最近のコメント
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(田中_jack)
斉藤由貴さんの奔放さと格の違いに学ぶ点はある!!(京都鍼灸院)
毎日睡眠や寝起きがしっかり出来る事は極めて重要です!!(山椒)
AIを悪用したらSNS等であっという間に、悪事千里を走る(ペット火葬京都)
硫黄島などの火山活動活発化は激変の兆候か!?(和歌山グランピング)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(田中_jack)
100年に一度の災害や出来事は毎年起きると自覚を!!(初めてお金借りる)
ウクライナとベラルーシのやり方は日本も教訓にすべき!!()
あなたも就寝中に起きる「こむら返り」対策は必須!!(借金返済できない)
現行の日本国憲法は「おめでたい」どころか制定時の時点で既に国際法違反で死文化、自主憲法制定を急げ!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved