ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4887)
国際情勢 (154)
政治 (1639)
防衛 (2421)
外交 (10)
芸能 (156)
スポーツ (50)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 935445
今日のアクセス: 624
昨日のアクセス: 1102
RSS
カレンダー
<<2017年01月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2017年1月10日 4時38分
JAXAが世界最小ロケットを打ち上げへ、超小型衛星などの新たな需要を生み出して下さい!!
JAXAが世界最小ロケットを打ち上げることになりました。
JAXAのHPでは、2016年12月8日付けで次のように公表されています。
『SS-520-4号機実験の実施について


国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、SS-520 4号機実験について、下記のとおり実施することをお知らせします。

実験期間

平成29(2017)年1月11日(水)〜平成29(2017)年1月31日(火)(実験予備期間を含む)
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年1月9日 0時0分
極悪人の中の極悪人であるルーズベルト大統領とスターリン書記長が作ったヤルタ協定の破棄を!!
第二次世界大戦後の冷戦は、二次大戦末期の「ヤルタ協定」「ポツダム会談」で決定され、70年に渡って世界を支配してきた、と言っても良いでしょう。
しかし、旧ソ連は崩壊し、米国では「既存の体制」である既得権益層が大統領から排除され、トランプ氏が大統領に就任します。

そのような中で、ヤルタ協定そのものが米ソだけの決定であったことが暴露されました。
1月8日15時00分に産経ニュースが「【ヤルタ密約】チャーチルの署名は不本意だった…「米ソが頭越しで決定した」「合意後に昼食会で知らされた」」の題で次のように伝えました。
『【ロンドン=岡部伸】旧ソ連とロシアが北方四島領有の根拠としてきた「ヤルタ密約」について、英国のチャーチル首相が「米ソ首脳が頭越しで決定した。両国との結束を乱したくなかった」と、不本意ながら署名したことを示唆する個人書簡が英国立公文書館で見つかった。チャーチル首相が密約の有効性に疑問を抱いていたことをうかがわせる。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年1月8日 0時0分
トランプ次期米大統領の公約であるメキシコとの国境に壁を作る提案は実行出来るのか??
1月20日に第45代米国大統領に就任するトランプ氏。
早くも得意のツイッターなどを駆使した「トランプ砲」で日米の自動車会社などを「脅して」、雇用確保政策を実行しています。
トランプ次期米大統領の公約であるメキシコとの国境に壁を作る提案は実行出来るのか??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年1月8日 0時0分
韓国は捏造の従軍慰安婦で国民感情を敵に廻し日米両国などから制裁を受けたがっているようだ
 
「朱に交われば赤くなる」、「類は友を呼ぶ」、とは良く言ったものですが、逆に言えば歴史や事実、技術などに対してスパイ行為や嘘をつき通す泥棒偽技術国家、嘘つき捏造国家の韓国には、泥棒や捏造、嘘つきしかいない、という事でしょう。
それが、日韓合意すら反古にした韓国の実像なのです!!

1月7日14時50分にRecord Chinaが「日韓、再び“厳冬”の時代に、釜山少女像、日本政府の対抗措置、韓国内に衝撃走る、「超強硬対応」との報道も」の題で次のように伝えました。

『2017年1月7日、昨年末、韓国第二の都市・釜山の日本総領事館前に設置された旧日本軍の従軍慰安婦を象徴する少女像。ソウルの日本大使館前の少女像も残る中、日本政府は6日、駐韓大使の一時帰国などの対抗措置を発表した。韓国内には衝撃が走り、メディアは「超強硬対応」などと報道。日韓両国は再び“厳冬”の時代に入った。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年1月7日 0時0分
反日反米媚中政策を進め自滅の道を走る韓国の朴槿恵大統領がセウォル号沈没事故発生日すら忘却!!
 
韓国の頼みの綱であった、日韓通貨スワップ協定が、捏造の「従軍慰安婦問題」での慰安少女像が韓国釜山の日本総領事館前に設置された事への対抗処置として「協議中断」となりました。

1月6日12時40分にロイターが「日韓通貨スワップ協議中断、麻生財務相「信頼ないと安定しない」」の題で次のように伝えました。
『[東京 6日 ロイター] - 麻生太郎財務相は6日の閣議後会見で、日本政府が協議の中断を表明した日韓通貨スワップに関し、「信頼関係を作った上でやらないとなかなか安定しない」との見方を示した。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
12/01 00:00 岸田文雄首相がオミクロン株対策に先手、新型コロナウイルスのみならず防衛等でも先手の対応を!!
11/30 00:00 新型コロナウイルスの新規変異株、オミクロン株に要警戒!!年末年始の感染対策徹底を!!
11/29 00:00 気象変動の激化で作物すら変化、政治は木下富美子元都議のように激変と激動の変化を見逃すな!!
11/28 00:00 令和3年度補正予算案で防衛省・自衛隊関係が過去最大の7738億円!!「戦略3文書」改定も必須!!
11/27 00:00 今、日本に求められている政策は防衛力の大幅強化と酒井法子さんのように世界で愛されるキャラだ!!
11/26 00:00 自称・外交の天才の文在寅大統領は嘘捏造隠蔽悪政で無責任!!政治家は自分の言動や影響に責任を持て!!
11/25 00:00 ブラックユーモアそのものの芸能界や芸能報道など要らないよ!!もっと大切な事は社会に沢山ある!!
11/24 00:00 木下富美子都議の辞職ドタバタ喜劇は日本と世界の恥晒しでこのような極左反日に同情無用!!
11/23 00:00 国際情勢は歴史でも隣国との関係悪化は当然の事!!露中朝韓に甘い幻想を持つのは止めよ!!
11/22 00:00 日本は今こそ、中朝韓などの脅威に対し政治が主導して日本の外交と安全保障体制を徹底強化せよ!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved