ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
新生日本情報局-ブロくる
田中_jack さん
新生日本情報局
地域:山形県
性別:男性
ジャンル:ニュース 世界情勢
ブログの説明:
日本の新生のための情報局です。日本の素晴らしさや世界の政治・経済・軍事・外交・技術等を独自のソースや分析でお伝えします。                 P・ドラッカーの言われた「知りながら害をなさない」誠実さ、信頼をモットーにしております。  ☆定期購読月額1000円
カテゴリ
全て (4887)
国際情勢 (154)
政治 (1639)
防衛 (2421)
外交 (10)
芸能 (156)
スポーツ (50)
技術 (50)
社会問題 (189)
産業 (30)
その他 (31)
アクセス数
総アクセス数: 935455
今日のアクセス: 634
昨日のアクセス: 1102
RSS
カレンダー
<<2017年01月>>
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

ランキングバナー
2017年1月16日 9時31分
日英両国の初の空対空ミサイル共同研究が成果を挙げ終了へ、本格的な共同開発を推進せよ!!
武器輸出三原則が廃止されて以降、最初の日英両国の共同研究となった、空対空ミサイルの共同研究が成果を挙げ終了することになりました。

1月16日05時00分に産経ニュースが「世界最高水準の戦闘機ミサイル、日英の共同研究完了へ 開発実現なら米以外で初…政治決断なるか」の題で次のように伝えました。
『政府が、英国と進める戦闘機の次世代ミサイル技術の共同研究を平成29年度に完了させる方針を固めたことが15日、分かった。日英の高い技術の組み合わせで世界最高水準のミサイルを開発できるとの報告書をまとめることも判明。それを受け共同開発に移行するか政治決断が焦点で、共同開発が実現すれば米国以外では初めての事例となる。
[続きを読む]
[カテゴリ:防衛] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年1月15日 4時27分
国際関係の構築ですら人間関係の構築や信頼関係の醸成が無ければ始まらないものだ!!
トランプ次期米国大統領が大統領就任後にどんな政治を執るかで世界が騒いでいますが、騒ぎの情報発信源を見れば、その多くは「騒ぎを起こして記事を売りたい」「儲けたい」「トランプ氏を引きずり落としたい」という、極悪マスコミやその取り巻き連中の仕業に過ぎません。

トランプ氏との「人間関係の構築」に成功している安倍首相や蔡英文総統に取っては、マスコミの論調などは蚊帳の外なのです!!

それと同様に、日本とフィリピンとの関係も安倍首相の外交努力の成果により強化されました。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年1月14日 5時3分
世の中が動く時にはゴシップ記事や真偽不明の情報が沢山流れその中から大きな動きが始まる
 
次期米国大統領のトランプ氏を巡り、多くの批判や誹謗中傷が報道されてきました。
しかし、書いた人が元諜報員ならば尚更、大きな反響があります。

1月13日19時10分に産経ニュースが「【トランプ次期大統領】トランプ氏の「私生活の弱み」文書、英国でも波紋 元MI6諜報員作成で」の題で次のように伝えました。
『【ロンドン=岡部伸】ロシアがトランプ次期米大統領の私生活の弱みを握っているとする真偽不明の英文書類がネット上に公開された問題は、英国でも注目を集めている。文書を作成したとされるのが、英国秘密情報部(SIS、通称MI6)でロシアを専門とする敏腕諜報員であるためだ。
[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年1月13日 0時0分
トランプ氏当選に関しての国際情報戦の実態は民主主義の弱点や根幹に関わる理由とは??
1月11日のトランプ氏の「当選後初の記者会見」は世界中のSNSが炎上すらする大騒ぎになりました。
しかし、これはトランプ氏の素質のせいではなく、腐敗堕落したマスコミに責任があるのです。
そして、昨年の米国大統領選挙でトランプ氏が当選した事や、世界中で「トランプ現象」が発生している事は、偶然でも流行でも無く、国際情報戦の実態は民主主義の弱点や根幹に関わる事でもあります。
その理由とは??
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]



2017年1月13日 0時0分
次期米国大統領のトランプ氏が当選後初の記者会見でSNSが大炎上とは凄まじい!!
1月11日に大統領当選後に初めて記者会見を開いた次期米国大統領のトランプ氏。
その発言などでSNSが大炎上の騒ぎです。
筆者もトランプ氏関連の記事を拝読しようとしても、その記事のページに接続出来なかったり、接続してもかなりの時間が掛かったりするなど、その「炎上度」「注目度」は世界の注目の的です!!

1月12日12時55分にロイターが「世界中でソーシャルメディアが炎上 トランプ氏の初の記者会見で」の題で次のように伝えました。
『[ニューヨーク 11日 ロイター] - トランプ次期米大統領が11日、当選後初めてとなる記者会見で、メディアを厳しく批判し、ロシアとの関係改善を目指すなどとコメントしたことを受けて、ソーシャルメディアには様々なコメントが殺到した。

[続きを読む]
[カテゴリ:政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




  次の5件
フリースペース
マスコミの偏向報道や秘匿された意図や真実の情報、国家戦略など真実が見えずに苦しんでいる、あなたの助けになるお知らせです!!

「新生日本情報局」ブログでは、有料記事が1ヶ月1000円で、読み放題、見放題です。

不透明で激動の日本や世界の情勢の中で、マスコミなどが決して報道しない、非公表のマル秘レベルの内容や分析を記事に掲載しております。

あなたが読まれることで、あらゆる業界での戦略眼を持ち、頭角を現せる、一歩も二歩も先を見通せるようになります。

また、ツイッターやコメント欄などで、記事のご要望やお問い合わせを頂ければブログ記事などで対応させて頂きます。

常に問題意識を持っている方、複雑な専門用語や技術用語などで世の中が分からないとお嘆きの方、今後の見通しや展開が知りたい方、極秘事項などの真実を知り共に世の中に広めたい方、などの方々が共感できる記事が多くございます。

何卒、ご支援、ご協力の程、宜しくお願い申し上げます。

最近の記事
12/01 00:00 岸田文雄首相がオミクロン株対策に先手、新型コロナウイルスのみならず防衛等でも先手の対応を!!
11/30 00:00 新型コロナウイルスの新規変異株、オミクロン株に要警戒!!年末年始の感染対策徹底を!!
11/29 00:00 気象変動の激化で作物すら変化、政治は木下富美子元都議のように激変と激動の変化を見逃すな!!
11/28 00:00 令和3年度補正予算案で防衛省・自衛隊関係が過去最大の7738億円!!「戦略3文書」改定も必須!!
11/27 00:00 今、日本に求められている政策は防衛力の大幅強化と酒井法子さんのように世界で愛されるキャラだ!!
11/26 00:00 自称・外交の天才の文在寅大統領は嘘捏造隠蔽悪政で無責任!!政治家は自分の言動や影響に責任を持て!!
11/25 00:00 ブラックユーモアそのものの芸能界や芸能報道など要らないよ!!もっと大切な事は社会に沢山ある!!
11/24 00:00 木下富美子都議の辞職ドタバタ喜劇は日本と世界の恥晒しでこのような極左反日に同情無用!!
11/23 00:00 国際情勢は歴史でも隣国との関係悪化は当然の事!!露中朝韓に甘い幻想を持つのは止めよ!!
11/22 00:00 日本は今こそ、中朝韓などの脅威に対し政治が主導して日本の外交と安全保障体制を徹底強化せよ!!
最近のコメント
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(田中_jack)
東京で開催された日米印豪4ヶ国外相会談の成功は外交や安全保障の転換点、日本はこの機会を生かせ!!(katura)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(田中_jack)
東京新聞記者が取材先の厚生労働省を脅迫したとして謝罪、望月衣塑子記者と皆同じ極左反日反米偏向!!(alpha)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(田中_jack)
共同通信が日本への誹謗中傷捏造報道に各界から批判!!利敵の極左反日反米偏向報道を許すな!!(新聞に未来はない)
ASKAの情婦であった栩内被告が支離滅裂な法廷での発言 何考えているの??()
北朝鮮の動きを警戒する中で安倍首相がスーツ姿で廃炉作業が進む福島第一原発を視察!!()
日本や米国を貶める全ての反日反米国家や極左反日反米の亡国国賊共は地獄に堕ちる!!謝罪反省せよ!!(  )
極左反日の民進党議員らが希望の党や立憲民主党から出馬するのは国家国民無視!!落選させよう!!(田中_jack)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved