ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (5387)
『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊) (41)
『政権交代−小沢一郎最後の戦い』(2007年7月12日刊) (54)
米国在住の個人投資家satoko女史 (100)
『小沢一郎総理大臣待望論』(1994年11月1日刊) (51)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (49)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 3071241
今日のアクセス: 767
昨日のアクセス: 883
RSS
カレンダー
<<2024年06月>>
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2024年6月14日 23時59分
安倍晋三は生前、コロナ禍のなか「アビガン外交」を世界中に展開していた。だいたい国交のある国々にタダ同然で配っていた。「これはすごいですよ」と全世界に約200万箱配っていたという
 
安倍晋三は生前、コロナ禍のなか「アビガン外交」を世界中に展開していた。だいたい国交のある国々にタダ同然で配っていた。「これはすごいですよ」と全世界に約200万箱配っていたという

◆〔特別情報1〕
 これは国際政治に精通する情報通からの特別情報である。
 安倍晋三は生前、コロナ禍のなか「アビガン外交」を世界中に展開していた。だいたい国交のある国々にタダ同然で配っていた。モンゴルは500箱もらったということだ。アフリカや中東にも配っていた。「これはすごいですよ」と全世界に約200万箱配っていた。もちろん、一般国民に行き渡るものではなく、各国の要人たちに向けて配っていた。サウジアラビアの王族たちは、安倍が配ったアビガンで皆助かったといわれている。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2024年6月13日 23時59分
DS側は、必死で核戦争を始めようとしている。西側諸国にあるロシアの資産3000億ドルを没収するという米国の提案に、ロシアはロシア国内にある西側の資産2800億ドル没収で対抗するが、報復はそれにとどまら
 
DS側は、必死で核戦争を始めようとしている。西側諸国にあるロシアの資産3000億ドルを没収するという米国の提案に、ロシアはロシア国内にある西側の資産2800億ドル没収で対抗するが、報復はそれにとどまらない(satoko女史)

◆〔特別情報1〕
 これは、在米30年超の個人投資家satoko女史からのトップ情報である。
 この1週間も、世の中がひっくり返るような出来事が毎日続いた。それも、正義は死んでいなかった、悪い事をすれば罰せられる、という当たり前のことばかりで、普通の人たちもやっと目が覚めてきた。トランプの選挙運動にロシアが介入したと大騒ぎした諜報機関だが、証人になった51人がウソの証言をしていたことがバレた。FBIの長官代行をやったマケイブは、「FBIの職員は、トランプが大統領になったら国外に逃げた方がいいのではないかと、家族と話し合っている」とテレビで語った。それ位、FBI、CIAなどの政府機関の評判が地に落ちている。そして、それは政府機関にとどまらない。ウォール・ストリートの金融機関の幹部も、夏休みをとって、そのままドロンしようと計画している人が何人もいるという噂だ。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:米国在住の個人投資家satoko女史] [コメント (0)]



2024年6月12日 23時59分
立憲に離党届を提出した蓮舫は「東京はもっとよくなる」と言い、出馬表明をした小池は「確認団体」としての政治団体『東京をもっと!よくする会』を設立。似た表現ながら、微妙に違う深層心理とは
 
立憲に離党届を提出した蓮舫は「東京はもっとよくなる」と言い、出馬表明をした小池は「確認団体」としての政治団体『東京をもっと!よくする会』を設立。似た表現ながら、微妙に違う深層心理とは

◆〔特別情報1〕
 小池百合子知事が12日、ようやく3期目をかけた都知事選出馬表明をした。当初、定例議会が始まる5月29日議会本会議での所信表明演説のなか、出馬表明をする段取りだったはずが、2日前の27日に蓮舫が突如として出馬表明、これに意表を突かれた形で、急遽戦略を練り直さざるを得なくなった。結局、議会後の小池知事の定例会見の度に、今日こそ出馬表明か、まだか、いや出馬しないのではないかと、連日のようにやきもきとマスコミが追っかけて報道することとなり、これも引き延ばし戦略の計算にあったことだろう。そして定例議会最終日、小池は議長から許可をもらい、議会檀上で出馬表明をした。
 小池自身は表向き、政党の推薦は受けず無所属で戦う。ただし、自民党の東京都連は支援の方法としては、選挙期間中に政治活動が認められる「確認団体」を通じて支援をすることを検討していた。
 そして出馬を表明した12日、共同通信は「小池都知事側が政治団体設立」という見出しをつけて、小池を支援するための「確認団体」について次のように報道した。
「東京都の小池百合子知事側が、政治団体『東京をもっと!よくする会』を設立したことが12日、分かった。都知事選立候補に伴い、政党に準じた選挙運動が可能な『確認団体』として届け出る。自民や公明の都議らが参加するとみられる」
 ところで、「東京をもっと!よくする会」というフレーズ、この報道が出る前によく似たフレーズを耳にしている。一足先に出馬を表明していた蓮舫が、立憲民主党に離党届を提出した後の会見の場で、記者からの質問の最後に「都政への抱負」を聞かれ、次のように語っていた。
「東京はもっとよくなります。もっともっとよくなります。子供たちの学びも、働いている人たちのやりがいも、人生の先輩方の安心も、もっともっとアップデートすることができると思っていますので、私のこれまでの20年間の国会議員としての経験、政府に入っていたときの経験、そういうものも含めて全力で臨んでいけると思っています」
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2024年6月11日 23時55分
国際金融センターと宇宙産業の集積地として、世界一の富裕国を誇る「小さな大国」ルクセンブルク・ギヨーム皇太子が「ルクセンブルク経済ミッション」を率いて来日。両国の親善関係一段と深まる
 
国際金融センターと宇宙産業の集積地として、世界一の富裕国を誇る「小さな大国」ルクセンブルク・ギヨーム皇太子が「ルクセンブルク経済ミッション」を率いて来日。両国の親善関係一段と深まる

◆〔特別情報1〕
 NHKは11日、「天皇陛下 ルクセンブルク皇太子と皇居で会見」という見出しをつけて、次のように報道した。
「天皇陛下は、実務訪問賓客として日本を訪れているルクセンブルクの皇太子と皇居で会見されました。天皇陛下は、10日、来日したルクセンブルクの皇太子と皇居にあるお住まいでおよそ20分にわたって会見されました。(中略)このあと、皇后さまと長女の愛子さまも加わって、さらに30分あまり懇談されました」
 その後、ギヨーム・ルクセンブルク大公国皇太子殿下は、岸田首相と会談を行った。外務省が発表した会談の概要は次のとおりである。
1 冒頭、岸田総理大臣から、皇室と大公家の親密な関係は、良好な二国間関係の礎であり、ギヨーム皇太子殿下が率いる今回のルクセンブルク経済ミッションの訪日を歓迎し、ミッションの訪日により、宇宙分野やスタートアップをはじめとする日・ルクセンブルク両国の経済関係が、一層強化されることを期待する旨述べました。これに対して、ギヨーム皇太子殿下から、今回経済ミッションを率いて10年ぶりに訪日できたことをうれしく思う、両国の親善関係を一層発展させていきたい旨が表明されました。
2 岸田総理大臣とギヨーム皇太子殿下は、両国間で、宇宙やスタートアップ分野で協力を後押ししていくことを確認しました。また、両者は、明年の大阪・関西万博にも触れつつ、今後両国のビジネス協力を含む二国間関係を一層強化していくことで一致しました。また、地域情勢についても意見交換を行い、国際社会の様々な課題について両国で緊密に連携していくことで一致しました。
 さらに夜には、秋篠宮ご夫妻が、東京・港区の赤坂御用地にあるお住まいにギヨーム皇太子を招いて夕食会を開き、次女の佳子さまと長男の悠仁さまも出席されたということだ。
 米グローバル・ファイナンス誌が196か国・地域を対象とした「世界で最も裕福な国・地域ランキング2023」を発表したなかで、ルクセンブルクは1位のアイルランドに次ぐ2位の裕福な国であり、さらに世界に先駆けて、宇宙資源事業に30年以上投資を続け推進してきた、宇宙産業先進国である。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)] [コメント (0)]



2024年6月10日 23時54分
総理再登板の動きを見せてきた菅前首相だが、実は目くらましだった。菅が総裁選に担ぐ本命は、故・安倍晋三が実母から託されてきた「あの人」であった。二階元幹事長の復帰で「総裁レース」は大きく動き始めた
 
総理再登板の動きを見せてきた菅前首相だが、実は目くらましだった。菅が総裁選に担ぐ本命は、故・安倍晋三が実母から託されてきた「あの人」であった。二階元幹事長の復帰で「総裁レース」は大きく動き始めた

◆〔特別情報1〕
 毎日新聞は6日、「菅元首相、閣僚経験の「HKT」と会食 総裁選に向け“号砲”か」という見出しをつけて、次のように報道した。
「自民党の菅義偉元首相は6日、東京都内のすし店で、萩生田光一前政調会長、加藤勝信元官房長官、武田良太元総務相、小泉進次郎元環境相と会食した。岸田政権の内閣支持率が低迷を続ける中で、約3カ月後に迫った党総裁選への対応などについて協議したとみられる。萩生田、加藤、武田の3氏は定期的に会食するなど連携しており、3氏の頭文字を取って「HKT」と呼ばれている。小泉氏を含め、いずれも菅政権で閣僚を務めており、菅氏と距離が近い。5氏は3月1日にも会食している」
 また翌7日には神奈川新聞が、「総裁選へ始動? 解散見送りで菅前首相、「HKT」会合に地方大会行脚…後輩市議は退陣論で政局波乱の雰囲気」という見出しをつけて、次のように報じている。
「岸田文雄首相(自民党総裁)が秋の総裁選前の衆院解散・総選挙を見送る見通しとなったことを受け、菅義偉前首相(衆院神奈川2区)が動き始めた。6日夜には『ポスト岸田』候補として取り沙汰される加藤勝信元官房長官、小泉進次郎元環境相(11区)らと会合。月内には鹿児島、千葉の党県連大会に出席しあいさつする予定だ。4日には横浜市議の後輩でもある佐藤茂市連会長が公然と岸田退陣論を発するなど、政局波乱の雰囲気が漂い始めた」
 活発に動き始めた菅前首相について、自民党旧二階派(志帥会)の重鎮から話を聞いた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
07/19 23:59 7月15日前後に何かある、それはトランプ暗殺未遂事件だった。米国の政界は大きく舵を切った。トランプが大統領になる道筋ができた。バイデンがコロナなら、習近平は脳梗塞らしい。金融制度崩壊は中国発かもしれな
07/19 22:10 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
07/19 05:27 石丸伸二がなぜ政策を語らないのか。なぜ、具体的な政策を語らずにあれだけの票を集めたのか。その理由を突き詰めていくと、15年前の政権交代における「マニフェスト違反」にいきつくという
07/18 05:30 それにしてもトランプは運がいい。あの時、ほんの一瞬、横を向いていなかったら銃撃は後頭部を突き抜けていた。これは神の仕業、御加護だ。あれほどの奇跡はない。神をも味方につけたトランプは、もはや「無敵」だ
07/16 23:59 メディアに叩かれまくっている石丸伸二。しかし、他の論客の多くが「論破」を目指しているのに対して、石丸が目指しているのは「論破」ではなく、日本国民の「覚醒」「気づき」、そしてその先にある日本の「大改革」
07/15 23:59 トランプ銃撃未遂事件。8年前は共和党泡沫候補だったトランプが「真のヒーロー」の姿を世界に見せてしまった瞬間だった。既に米国は、トランプを次期大統領扱いしているという
07/14 16:35 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第6章 田中角栄直伝・選挙必勝のセオリー 最大の敵は自民党である ホップ・ステップ・ジャンプの戦い
07/13 17:46 【拙著】『総理大臣 小沢一郎』(2007年11月10日刊)  第6章 田中角栄直伝・選挙必勝のセオリー 最大の敵は自民党である  「まず、私自身が変わります」
07/13 04:09 海外渡航中の岸田は、日本にいる時とはまるで別人のように、にこやかな笑顔を見せている。一方、首脳の留守中の日本の政界は、与野党ともにガタつき、20日前後に大激震が起きるともっぱらの噂だ
07/12 02:48 トランプはテレビ討論会の後、バイデンに対しゴルフ対決を提案。大統領選の撤退要求が続くバイデンは、他の民主党候補者に大統領の座を譲るくらいなら、まだトランプに明け渡したほうがいいと思っている
最近のコメント
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(kotiyan)
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(kotiyan)
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(板垣英憲)
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(kotiyan)
麻生副総裁と茂木幹事長は、岸田首相に対して、完全に決裂をすることを決めた。政治資金規正法案の修正を巡り、維新に譲歩したことで大喧嘩となり決裂。これにより岸田は、総裁選に出られない可能性が高くなった(kotiyan)
実質的に経済が破綻している中国では、失業対策として大々的に日本への移住を推奨している。ニュース番組で連日のように「日本に行きなさい。日本に行けば生活に困らない」と国を挙げて宣伝しているという(kotiyan)
実質的に経済が破綻している中国では、失業対策として大々的に日本への移住を推奨している。ニュース番組で連日のように「日本に行きなさい。日本に行けば生活に困らない」と国を挙げて宣伝しているという(kotiyan)
米国の裏庭カリブ海、クリントン一家が支配するハイチが国家大崩壊中。4000人の脱獄勃発からすでに2週間がたち、隣のドミニカ共和国にも飛び火して、現地暴力団が勢いづく。米海兵隊送り込まれる(板垣英憲)
米国の裏庭カリブ海、クリントン一家が支配するハイチが国家大崩壊中。4000人の脱獄勃発からすでに2週間がたち、隣のドミニカ共和国にも飛び火して、現地暴力団が勢いづく。米海兵隊送り込まれる(kotiyan)
良し悪しは別にして「秩序」という意味でいえば、米ソの対立、2大陣営の対立のときにはそれなりの秩序があった。それは完全になくなり、それに代わる役割の「新しい秩序」と「新しい理念」を構築しなければいけない(植物性乳酸菌と果物が大好き)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved