ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4382)
米国在住の個人投資家satoko女史 (25)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (101)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2352594
今日のアクセス: 15
昨日のアクセス: 724
RSS
カレンダー
<<2021年07月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年7月19日 7時0分
米国は中国と戦っても勝つことはできない。中国人の戦争の仕方は、雲霞のごとき人海戦術であり、米国は朝鮮戦争で悪夢をみている。過去の辛酸を忘れて、日本は戦いに巻き込まれていくつもりか。
 
米国は中国と戦っても勝つことはできない。中国人の戦争の仕方は、雲霞のごとき人海戦術であり、米国は朝鮮戦争で悪夢をみている。過去の辛酸を忘れて、日本は戦いに巻き込まれていくつもりか。

◆〔特別情報1〕
 中国共産党は、1921年の創立から今月で100年となり、1日午前、北京の天安門広場で大規模な祝賀式典を開いた。
 その中国は、9月には台湾侵攻を実行するといわれ、5千人から6千人の重装備した特殊部隊を台湾に上陸させるとして訓練を重ねている。既に台湾の中には、人民解放軍が姿を変えて大勢いるといわれている。
 そうしたなか、日本政府は13日の閣議で、2021年版「防衛白書」を了承した。今年版の防衛白書では、緊迫する台湾情勢について、「台湾をめぐる情勢の安定は、わが国の安全保障によってはもとより、国際社会の安定にとっても重要であり、わが国としても一層緊張感を持って注視していく必要がある」と記述した。また、令和2年版の「防衛白書」での中国を示す地図において、中国以外の国がグレーで表示され、台湾も中国の領土を示すようにピンク色で表示されていたのだが、7月13日に発表された令和3年度版「防衛白書」では、台湾は中国以外の国を示すグレーで表示されていた。ちなみに令和2年版が発表されたときの防衛大臣は河野太郎であり、父・河野洋平は中国共産党結党100周年にあたって祝電を送ったことが記憶に新しく、基本的には親中派の流れを汲んでいる。そして現在の防衛大臣は、「日華議員懇談会」の幹事長を務めてきた親台派の第一人者である岸信夫(安倍晋三の実弟)である。以下は、国際軍事情勢に精通する情報通からのトップ情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2021年7月18日 7時0分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動  第三章 ロシヤ革命と猶太 (1)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第六篇 近代のユダヤ運動  

 第三章 ロシヤ革命と猶太 (1)


露人革命に適せす……ロシア國内にユダヤ人居住区域限定の必要……那翁(ナポレオン)一世も反ユダヤ勅令を發布す……チンメルワルド會議……キンタール会議……露國に於けるユダヤ人アルベール・トーマの活躍……露國殊に波蘭(ポーランド)地方に於けるユダヤの苦難……ブンドの通告……米國のユダヤデー……イスラエル・ザングウイルの米國ユダヤヘの飛檄……米國ユダヤ、コングレスの回答……日本公債応募者シツフ再びロシア革命に尽力……革命直前の状況……革命勃発……皇帝退位……ユダヤ人トーマの満悦……ケレンスキー支持……十一月革命では新政府の官吏の八十二%が猶太人……ユダヤ人の凱歌……存続への努力……オムスク政府の崩壊とユダヤ……デーニキン軍の敗戦とユダヤ……ユダヤ言論機關の悲鳴。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年7月17日 11時19分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第六篇 近代のユダヤ運動  第二章 第一世界大戦 (6)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著

 第六篇 近代のユダヤ運動

 第二章 第一世界大戦 (6)


前回からの続き

次に千九百二十八年の初、センチュリー・マガジンと云ふ雑誌にマルカス・ラヴェージと云ふユダヤ人の寄稿で次の様な露骨な暴露をやつて居る。
「吾々は戦時に於ては愛國の義務を怠るのである、何となれば吾々は本来の性質から伝統から平和主義であるからだ。併し吾々は世界戦争の大立案設計者で、そして戦争の利益は一番余計に頂くのである(中略)
吾々は先般の世界大戦の楽屋に居た計りではなく、殆ど凡ての近世戦争の影に働いた。そしてロシア革命ばかりでなく君達の歴史にある大きな革命の影には必す吾々がゐたのだ。吾々は此くて君達の公的私的の生活に互の反目と混乱と失望とを與へて来た、今まだそれをやつて居るのであるが、恐らく何人も吾々がいつ迄それをやつて行くかを物語れないであらう」
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年7月16日 14時23分
山口県の人にとっては、総理になる願いを二度も叶えた安倍晋三は、既に終わった人。安倍の再々登板を願うより、総理候補ながら選挙区を奪われた故林義朗の息子・林芳正の総理就任を願っている。
 
山口県の人にとっては、総理になる願いを二度も叶えた安倍晋三は、既に終わった人。安倍の再々登板を願うより、総理候補ながら選挙区を奪われた故林義朗の息子・林芳正の総理就任を願っている。

◆〔特別情報1〕
 これは、自民党二階派「志帥会」の重鎮からの政界トップ情報である。
 自民党岸田派の林芳正元文部科学相(60歳・参院山口選挙区)が7月15日午前、山口県宇部市で記者会見し、次期衆院選に山口3区から立候補すると表明した。山口3区は自民党二階派の河村建夫(78歳)が11選を目指す選挙区で、保守激突は避けられない様相だ。二階俊博幹事長は、林がくら替え出馬した場合は処分を辞さないとの考えを示していた。林を除名するといった声も聞こえてくるが、それをしてはいけない。
 前回の選挙のとき、岡山3区でも保守激突の選挙区があった。岡山3区は、現職の阿部俊子の公認が決まっていたのだが、平沼赳夫が政界を引退する決意を固め、後継候補として次男の平沼正二郎を擁立することとなり、阿部俊子は公認を見送られ、阿部と平沼正二郎はいずれも無所属の出馬とさせた。結果は、阿部俊子が平沼正二郎を約3,500票差で破り、5選を果たし、自民党の追加公認を得たのだった。林の出馬表明を受けて河村は「小選挙区で勝っている現職は優先的に公認するという法則で、これまでも公認を受けてきた。今回もそういう方向だと受け止めている」と訴えたようだが、過去の前例では、必ずしも現職優先とは限らない。ただし、二階が幹事長である以上、二階派の河村建夫を公認から外すということは絶対にない。林芳正は、自ら無所属での出馬を覚悟していることを語ったように、二階は河村を公認候補として林は無所属での出馬となるだろう。となるとその場合、二階と敵対している3A(安倍・麻生・甘利)は、自民党公認二階派の岸田派の林芳正のどちらを応援することになるのか。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (1)]



2021年7月15日 16時10分
米国はタリバンとの間で、一人の兵士も残さず完全撤退するこことを約束した。ところが約650人の兵士を、米国大使館を守るために残すと言い出した。不穏の動きにタリバンは激怒、警戒感を強めている
 
米国はタリバンとの間で、一人の兵士も残さず完全撤退するこことを約束した。ところが約650人の兵士を、米国大使館を守るために残すと言い出した。不穏の動きにタリバンは激怒、警戒感を強めている

◆〔特別情報1〕
 産経新聞は7月15日、「米政権、アフガン人通訳を国外退避へ ブッシュ元大統領は米軍撤収を批判」という見出しをつけて、「バイデン米政権高官は14日、アフガニスタンの駐留米軍や米政府機関で通訳や翻訳係などとして協力したアフガン人とその家族らを7月最終週から空路で国外に退避させると明らかにした。(中略)一方、2001年の米中枢同時テロを受けて米軍によるアフガン進攻を決断したブッシュ元大統領(子)は14日、ドイツ公共放送ドイチェ・ウェレのインタビューで、バイデン政権によるアフガン駐留米軍の撤収について「信じ難いほど悪く悲惨な結果をもたらすだろう」と述べ、政権の対応を批判した。」と配信した。

 以下は中東情勢に詳しい外国人記者からのアフガニスタン情勢についてのトップ情報である。
 米軍完全撤退後のアフガニスタンはでは内戦が始まる。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




 前の5件 次の5件
最近の記事
10/22 17:46 控訴を突如取り下げ、3年の実刑判決が確定した河井克行は、人身御供。取引に応じた。刑が確定したことで、今後この事件については一切、調べられない。
10/21 17:44 「Dappi」運営企業が開示された蟻の一穴から、右傾化する自民党を支える組織がみえてきた。日本全体に根を張った巨大な自民党支援組織に対抗するには、野党共闘は必然。
10/20 17:46 側近のスパイ行為により「二階・菅ライン」は瓦解。出馬さえ危ぶまれていた菅義偉前首相と二階俊博前幹事長だったが、「もう一度がんばる」と再起をかけて出馬、巻き返しを約束したという。
10/19 17:46 安倍元首相は甘利幹事長を使って、自民党を安倍派にする改革を進めてく。この動きを阻止するには、政権交代しかない。野党共闘は「小沢マジック」発動で一気に一本化が整い、これで面白い選挙になる。
10/18 16:45 岸田内閣「影の総理」と呼ばれ、安倍・麻生をも出し抜いて一人勝ちしたかのような話も出てきている甘利幹事長だが、レッキとした安倍・麻生の手先として裏金庫を管理している。
10/17 16:50 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第六章 支那事變と欧洲大戦との関聯(関連) (1)
10/16 14:44 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  第七篇 現代のユダヤ運動 第五章 第二世界大戦の序幕(其二)欧洲大戦(7)
10/16 13:02 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
10/15 17:02 10月からの食料品の値上げが目立つなか、資材不足による品薄状態が長期化、ハイパーインフレかと思うほどハイスピードで物価が上
10/14 16:14 岸田首相の弱点は、自民党のなかでも最も平和主義的な池田勇人の流れを汲んできているうえに軍事問題については、相変わらずノー天気な状態に陥っている。防衛論議は、選挙結果にも大きな影響を及ぼす。
最近のコメント
安倍元首相は甘利幹事長を使って、自民党を安倍派にする改革を進めてく。この動きを阻止するには、政権交代しかない。野党共闘は「小沢マジック」発動で一気に一本化が整い、これで面白い選挙になる。(PoliticsCleanar)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(板垣英憲)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。(PoliticsCleanar)
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)
本当であれば、菅首相は今期限りのつもりでいた。選挙後のガラガラポンは避けられない。それを承知で菅首相は、総選挙前の総裁選も受け入れるつもりで、続投を覚悟したということだ。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved