ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4470)
米国在住の個人投資家satoko女史 (31)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (129)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2415053
今日のアクセス: 499
昨日のアクセス: 718
RSS
カレンダー
<<2021年12月>>
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2021年12月5日 7時0分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  附録第二 英=猶帝國主義の秘密政治機関と見られるフリーメーソン 四、英國フリーメーソンの紋章はユダヤ式で、一ユダヤ人の考案に成る(挿圖)
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  附録第二 英=猶帝國主義の秘密政治機関と見られるフリーメーソン

 四、英國フリーメーソンの紋章はユダヤ式で、一ユダヤ人の考案に成る(挿圖)


 ユダヤとフリーメーソンの密接なる関聯(かんれん)に就て疑問が残ってゐるとしても、英國フリーメーソンの紋章を研究して見ると、その疑は消散する。今日に於ては夫等(それら)の紋章は一(いち)ユダヤ人の考察に成ることが明になった。
 千八百九十四年、九十五年の「トランスアクシヨン・オブ・ゼ・ジウイツシユ・ヒストリカル・ソサイテイ・オブ・エングランド」の第二巻に於て、有名なユダヤ人歴史家ルシアン・ウオルフと云ふユダヤ協會會長が執筆した一文が第百五十六頁にある、其の中に次の様に書いてある、
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年12月4日 7時0分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  附録第二 英=猶帝國主義の秘密政治機関と見られるフリーメーソン 三、フリーメーソンと猶太の結合
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  
 附録第二 英=猶帝國主義の秘密政治機関と見られるフリーメーソン 
 三、フリーメーソンと猶太の結合


 古式メーソンの大組合の重要代表者たるデルモツトは、フリーメーソンは猶太王ソロモンの宮殿建築当時のユダヤ技術家とそのカーバ式仕事から出発したとの説を持してゐた。即ち彼はフリーメーソンの起源はユダヤ宮殿の工作場及その建築の中にあると確信してゐた。有名な英國著述家でユダヤの友たるヒレーア・ベロツクは其著「ゼ・ジウス」の二百二十三頁に、"英國に於けるユダヤ人の地位"と云ふ表題で次の様に書いてゐる。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2021年12月3日 7時0分
米国の貴金属小売り業者は、金でも銀でも、売る在庫がなくて困っている。コロナ以前の在庫量に比べ、最近は10分の1以下。コロナ以前は貴金属など見向きもしなかった一般市民が銀貨数枚でも買おうとしている(sa
 
米国の貴金属小売り業者は、金でも銀でも、売る在庫がなくて困っている。コロナ以前の在庫量に比べ、最近は10分の1以下。コロナ以前は貴金属など見向きもしなかった一般市民が銀貨数枚でも買おうとしている(satoko女史)

◆〔特別情報1〕
 これは在米30年越の個人投資家satoko女史からの特別情報のつづきである。
 アメリカの貴金属の小売り業者は、とにかく、金でも銀でも、売る在庫がなくて困っている。コロナ以前の在庫量に比べ、最近は10分の1以下だ。コロナが始まるまでは貴金属など見向きもしなかった一般市民が、銀貨数枚でも買おうとしているし、最近はヘッジファンドなども、電話一本で「御社で持っている金貨を全部売ってくれ」と大きな金額を注文してくる。いくら大手でも、金貨全部を売ってしまうと、次の入荷があるまで、何日か金貨の在庫がゼロになる。1オンスの金貨は、新しい地金型のコインで、日本では20数万円。1オンスの銀貨なら、4千円以内で買える。世界で一般に通用する地金型コインは、金貨・銀貨ともに、アメリカ、カナダ、オーストリア、イギリス、オーストラリア、南アフリカの6か国の造幣局が作るものだ。中国のパンダコインは、以前、日本のコイン業者が、「うちでは中国のコインは信用していないので、取り扱っていない」と言っていた。古いコイン(日本ではアンティーク・コインと呼ぶみたいだ。変な呼び方だ。誰が言い始めたのだろう)になると、希少性やコインの状態により格付けがあり、一般に値段は新しい地金型より高い。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:米国在住の個人投資家satoko女史] [コメント (0)]



2021年12月2日 13時0分
BLM関連デモ3人死傷事件のカイル・リッテンハウス被告は、正義の味方に乗っ取られたクライシス・アクターだったのか?暴動を起こした暴徒は性犯罪前歴が明らかに、リッテンハウスはいい子として無罪となった。
 
BLM関連デモ3人死傷事件のカイル・リッテンハウス被告は、正義の味方に乗っ取られたクライシス・アクターだったのか?暴動を起こした暴徒は性犯罪前歴が明らかに、リッテンハウスはいい子として無罪となった。(satoko女史)

◆〔特別情報1〕
 これは在米30年越の個人投資家satoko女史からの特別情報である。
 毎日が大騒ぎだ。前回書いた、自己防衛のために暴徒二人を銃殺した「キノーシャ・キッド」カイル・リッテンハウスが、クライシス・アクターではないかという情報が出回ってきた。確かに偽旗作戦のサンディー・フックの学校の銃乱射の事件の時に、学童として登場してきたノアという名前のポチャッとした男の子と似ている。去年のキノーシャの銃殺事件もCIA、FBIあたりが、白人男性を悪者にして、銃規制・刀狩りを実施してしまおうという意図で計画したのだ。ノアを演じた男の子が少し成長して、カイル・リッテンハウスとして再登場した。ところが、この劇場が正義の味方に乗っ取られたのだ。役者はそのままで、暴動を起こした側のソロスの最終下請け人の手先である暴徒は、性犯罪などの前歴もちの正体が明らかになり、リッテンハウスはいい子として無罪となった。
【参考】「トランプ氏『祝福』、3人死傷させた白人男性が無罪 BLMデモ銃撃」朝日新聞ニューヨーク=藤原学思、中井大助、ワシントン=大島隆2021年11月20日
【参考】これから社会は困難に直面する。それが一段落するのが、2025年だ。それまでは、不便は我慢しなければならないし、その後、生き残った私たちが新しい世の中を作り直すのだ。(satoko女史)2021.11.24
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:米国在住の個人投資家satoko女史] [コメント (0)]



2021年12月1日 18時12分
立憲と国民に野党が分裂した原点、「希望の党」の失敗には、当時の連合会長・神津里季生氏が関わっていた。いまさら「連合の考え方に理解を求め、両党協力し合って」とは、あまりに虫が良すぎる。
 
立憲と国民に野党が分裂した原点、「希望の党」の失敗には、当時の連合会長・神津里季生氏が関わっていた。いまさら「連合の考え方に理解を求め、両党協力し合って」とは、あまりに虫が良すぎる。

◆〔特別情報1〕
 立憲民主党代表選挙で選出された泉新代表は、代表選挙で争った西村智奈美元厚生労働副大臣を幹事長に起用する意向を固めた。12月2日にも両院議員総会を開いて、人事の骨格を示す方針だという。代表選を終えて新しい顔になった立憲民主党に問われているのは、共産党との野党共闘をどうするのかということと、そして同時に、連合との距離をどうするか、いわば党としての立ち位置に注目が向けられている。そうしたなか、11月28日のBSテレ東の番組に出演した連合の芳野友子会長の発言が波紋を呼んでいる。芳野友子会長は、共産党との野党共闘について「あり得ないと言い続けていきたい」と述べ、立憲の新代表に対しては「連合の考え方に理解をいただきたい」と強調。さらに「立憲民主党、国民民主党、連合が協力し合って戦える関係をつくっていきたい」と発言した。
 しかし、そもそも、立憲民主党が誕生したいきさつ、つまり今日の立憲と国民に野党が分裂したキッカケには、当時の連合会長・神津里季生氏が関わっている。神津会長の後任である芳野会長が、その事実を知らないとは言わせない。野党を分裂させておきながら、今になって「連合の考え方に理解を求め、両党協力し合って」とは、あまりに虫が良すぎる。
 以下、野党ベテラン議員側近からの特別情報である。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
01/18 18:41 公明党はいま、自民党に対してブラフをかましている。しかし、立場は自民のほうが強い。結局、公明は折れる。池田名誉会長が決定した自公連立を、公明の側から離れるということは、絶対にない。
01/17 11:40 ウクライナ情勢が緊迫してきた。中国が「一帯一路」の関係でウクライナ問題に介入し、強引にロシアと一緒に攻めようとしている。このままいくと、2月の北京オリンピック直後に軍事衝突が起きる。
01/16 07:00 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  附録第三 シオンの議定書 第七議定書
01/15 15:44 ◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  附録第三 シオンの議定書 第六議定書 
01/15 15:44 ◆「猶太思想及運動」〈上〉〜第二次世界大戦をなぜ「ユダヤ戦争」と呼ぶか(四王天延孝陸軍中将著 昭和6年7月5日初刊 ※復刻版・板垣英憲監修2016年7月31日刊―目次
01/14 20:30 国民民主党と都民ファーストが合流。上田新党も合流の可能性。菅が立ち上げる派閥は100人規模になるといわれ、立憲も含め大同団結すれば、自民党はひっくり返って、日本は二大政党制になっていく。
01/13 20:30 皇位継承問題は既に、「女性天皇」の方向で決まっている。そこには驚愕の理由がある。この問題で安倍が表に出てくることは、日本にとって何のメリットもない。だから、潰さなければならない。
01/12 12:13 南極の謎が近々明らかにされる。ダボスのクラウス・シュワブと、元IMF・現欧州中央銀行のクリスティーヌ・ラギャルドが、南極に皆既日食を見に行き、ご主人様を変えておとなしく帰っていった。(satoko女史
01/11 11:39 アイルランドのダブリンではフリーメーソン中央ロッジが放火された。ダボス会議創設者のクラウス・シュワブ教授は脅迫状をもらって、1月ダボス会議キャンセル。洗脳で眠っていた人たちの覚醒も、もう少しだ。(sa
01/11 11:31 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
最近のコメント
皇位継承問題は既に、「女性天皇」の方向で決まっている。そこには驚愕の理由がある。この問題で安倍が表に出てくることは、日本にとって何のメリットもない。だから、潰さなければならない。(PoliticsCleanar)
今回の選挙、岩手3区は創価学会が凄まじい動員をかけた。何もない静かな町のホテルがどこも満室だった。しかし小沢陣営の街宣も負けてなかった。鳴りやまない小沢コールの熱気はものすごかった。(shushuika)
安倍元首相は甘利幹事長を使って、自民党を安倍派にする改革を進めてく。この動きを阻止するには、政権交代しかない。野党共闘は「小沢マジック」発動で一気に一本化が整い、これで面白い選挙になる。(PoliticsCleanar)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(板垣英憲)
山本太郎の満を持しての東京8区出馬宣言で、野党共闘に本腰を入れてこなかった野党第一党党首・枝野幸男の調整能力のなさと、やる気のなさが露呈。杉並区の特性を考えれば、もはや「内ゲバ」をしている時間はない。(りくま)
米英豪軍事同盟「AUKUS」は、完全に米国と英国のゴリ押し。英国ロスチャイルドと仏国ロスチャイルドの仲が悪く、仏国が外された。FRBを押さえている英ロスチャイルドに仏ロスチャイルドは勝てない。(PoliticsCleanar)
菅首相は、二階幹事長交代を決めたところから、どうにもならなくなった。幹事長交代を告げられた二階はもちろん、安倍からも、麻生からも解散を止められてしまい、菅首相には道がなくなってしまった。(PoliticsCleanar)
横浜市長選の自民敗北に自民党は青ざめており、これで9月解散はなくなった。自民党は、コロナ緊急事態を理由に選挙を出来るだけ先延ばしにすると言い出している。そして二階幹事長の去就も囁かれ始めた。(PoliticsCleanar)
インドのモディ首相はアフガニスタンのガニ大統領と気脈を通じて、カンダハルにインド総領事館をつくり、そこからインド工作員をパキスタンに侵入させ、タリバンの仕業に見せかけた工作テロを起こしていた。(PoliticsCleanar)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved