ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2020年8月18日 9時30分
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第26期受験直前講座 〜受験の心得(極意)〜
 
         第26期受験直前講座
        〜受験の心得(極意)〜

塾生の皆様、半年間、お疲れ様でした。
当塾を主宰しています、TOITAです。

いよいよ、試験が、明後日となりました。
ここで、コツコツと受験の準備をされてきた塾生の皆
様が「航空無線通信士」の試験に合格する為の極意
をお話致します。
これからのお話は、受験勉強を怠ってしまった方へは
、次回に繋がる重要なお話になりますので、是非、最
後迄お読み下さい。
それでは、極意の四箇条です。

1.試験を必ず受ける
2.心身を万全な状態にする
3.計算問題は、途中の計算式も書く
4.試験会場は、最後迄居る



それでは、1つ1つご説明いたします。

1番は、当たり前ですね。宝くじでも買わなければ当
たりません。
「当たり前すぎて何を言っているのだろう?」とお思
いの方もいらっしゃると思いますが、一番重要な事
す。
すでに、受験準備は、万全と言う方は、良いのですが
、受験準備が充分でなく、今回は、受験を止めようと
思っている方がいらっしゃると思います。
実際に、近年、受験申請をしても受験勉強をおこたっ
た為に受験されない方が増えています。

皆様方の多くは、「無線従事者」試験を受験されるの
が、初めてになると思います。 
もし、今回は、試験を見送って、自信の付いた次回に
受験するとします。
すると、その時が初めての経験になりますので未体験
の環境下で実力が発揮できるでしょうか?
私は、大学での第1級陸上無線技術士の受験指導の時
に「先生。 今回は、 自信がないから 受験しません。
」と言う学生に対して、「 名前を書くだけでも  いい
から 受験して来なさい。」と言っています。
受験会場の 雰囲気を見て来るだけでも  次回、受験す
る時に、大いに余裕となります
出来れば、今の実力を知る為にも、出来るだけ答えを
書いてきましょう。
1問でも2問でも解けていれば、自身になります。
そして、誰が、何点取れたか等と言う発表は、ありま
せんので冷やかしのつもりで様子を観てきて下さい。
せっかく、高い受験料を払ったのですから、他の受験
生の様子を見に来た位の余裕を持って会場の様子を見
てくれば良いのです。他の受験生も皆さんと変わっり
ません。

話は、戻りますが、出来る問題には、答えを書いて来
ます。それで今の実力が分かります。

現在の実力を知る事が重要です。
現在の実力が分からなければ、合格の為の対策の取り
ようがありません。

もう一度申しますが、試験会場は、貴方一人のステー
ジです。周りの人は、エキストラと思えべ良いのです

皆様は、受験料を払っていますので、答えを書いてく
れば、今の実力を判断してくれる業者試験だと思えば
良いのです。
試験問題は、ご自分が用意した、実力を確認するため
の問題集だと思えば良いのです。他の人を気にする必
要は、何もありません。エキストラなのですから。
主役は、皆様がたお一人お一人なのです。

受験する事が、 合格証を手にする重要な第1ステップ
になります。


2番も当然な事ですが、受験の準備が万全だとしても
当日、体調が悪くて受験ができないと言う様な事があ
っては 半年間の努力が無駄になってしまいます。
試験の1日2日前にどんなに頑張っても効果は、知れ
たものです。 1日2日の頑張りですむなら1週間もミ
ッチリ勉強すれば合格出来るはずです。

試験の前日は、おいしい物でも食べてゆっくり好きな
事をしてリラックスして下さい。
この記事をお読みになった後は、参考書を開くのを止
めましょう。勉強するのであれば、ボーッとしながら
空でも見ながら、勉強したことを思い出すのも記憶を
喚起するのには、良いと思います。
それから、今年は、特に、コロナの影響を受けない様
家族以外の人と飲食をともにする事は、やめましょう



全文は、記事をお買い求めの上、お読み下さい。



[受験クラブより]

貴方の受験される航空無線通信士は、自己投資に値しな
い資格なのでしょうか?
新コロナ・ウィルスで中々外へもだ掛けられい
今だからこそ、受験勉強をしてみるのも良いの
では、ないでしょうか?


合格を手にするかどうかは、貴方次第なのです。


「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えていますか

本文には、見本部分の数倍の重要な記事が書いて
あります。
特に2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大変
重要
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、是非、本文をお読み下
さい。

[続きを読む] 都度課金記事   定期購読者は無料で読めます。
[カテゴリ:クラブ部室] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年3月7日 9時30分
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第26期春休み特別企画 〜実は、法規は、面白いその1〜
 
   TOITAの「航空無線通信士受験塾」
       春休み特別企画
    〜”実は、法規は、面白い”その1〜

2月期に受験された方。法規は、いかがでしたか?

これから受験される方は、暗記ものだから簡単だ
とお考えの事と思いますが、受験された方は、以
外と苦戦するのか「電波法規」である事を実感さ
れた事と思います。暗記が通じないのです。
これでは、手の出しようがないとお考え事と思い
ます。

この「電波法規」の受験対策について今回と次回
の2回に分けて考えてみます。

航空無線通信士の試験には、4科目ありますが英
語は、皆様が得意とされるところだと思いますの
で、当塾では、開講当時から扱っていません。
まさに、文系の方の独壇場です。
そして、電気通信術は、少し練習すれば、充分で
すのでこちらも扱っていません。
この科目だけは、暗記ものと言えます。
問題は、「無線工学」だとお思いの方が多いと思
います。
皆様にとって、「無線工学」が大変なのは、良く
わかりますが、「法規」も大変なのです。
「法規は、得意な暗記ものでしょう?」とおっし
ゃる方が多く、その為、失敗する科目なのです。


今回の記事は、全文を無償で公開しています。
[続きを読む]をクリックしてお読み下さい。

当塾は、今年の10月でまる12年になりました。
ここまで続けてこられま
したのは、皆様方のお陰と感謝して
います。
今後も、低価格で分かりやすい合格の為の講座を続けて
まいる所存ですので、宜しくお願いいたします。
「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えています
か?

本文には、見本部分の数倍の記事が書いてあります。
2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大変重
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、本文をお読み下さい。



[お知らせ]有料記事をお読み頂く為には、コンビニで 電子
マネーをお買い求めの上、 下記の URLをクリックしてポイ
ントを取得する手続きをお済ませください。
ポイントは、「くる天」様の有料ならではの 他のブログをお
読みになる為にもお使い頂けます。
なお、電子マネー「C-Check」は、2000円 から購入出来ま
す。

http://kuruten.jp/blog/help041.html
[続きを読む]
[カテゴリ:クラブ部室] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年3月6日 9時30分
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第26期春休み特別企画 〜実は、無線工学は、面白い〜
 
      TOITAの「航空無線通信士受験塾」
           春休み特別企画
      〜実は、無線工学は、面白い〜


今回は、「実は、無線工学は、面白い」と言うお話を致し
ます。
昔話で恐縮ですが、小学生の頃、東京の神田錦町にあ
ります科学教材社から出版されていました「模型とラジ
オ」と言う雑誌を購読していました。
この雑誌は、前に、調べましたら、 1984年に廃刊になっ
たそうです。この雑誌は、子供向けに模型用の角材や
板、そしてケント紙、それに模型用のモーターを使った
模型の作り方を紹介したり、ラジオや無線機の作り方を
書いた月刊雑誌でした。
小学校の頃は、雑誌を見て模型を作っていました。その
頃は、ラジオの製作については、少し、記事を目にする
だけでしたが中学に入ると無線関係のクラブがあり、入
部する事は、極、自然でした。
知的興味をそそられるものでしたので、疑問より、それ
なりの知識が身に付く事が嬉しい時期でした。
また、自分で作った免許のいらない無線機から電波が出
る事、自体、子供だった私には、とても、エキサイティ
ングな事でした。


今回の記事は、全文を無償で公開しています。
[続きを読む]をクリックしてお読み下さい。

当塾は、今年の10月でまる12年になりました。
ここまで続けてこられま
したのは、皆様方のお陰と感謝して
います。
今後も、低価格で分かりやすい合格の為の講座を続けて
まいる所存ですので、宜しくお願いいたします。
「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えています
か?

本文には、見本部分の数倍の記事が書いてあります。
2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大変重
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、本文をお読み下さい。



[お知らせ]有料記事をお読み頂く為には、コンビニで 電子
マネーをお買い求めの上、 下記の URLをクリックしてポイ
ントを取得する手続きをお済ませください。
ポイントは、「くる天」様の有料ならではの 他のブログをお
読みになる為にもお使い頂けます。
なお、電子マネー「C-Check」は、2000円 から購入出来ま
す。

http://kuruten.jp/blog/help041.html
[続きを読む]
[カテゴリ:クラブ部室] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年3月5日 9時30分
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第26期春休み特別企画 〜独学て合格を手にする〜
 
        第26期春休み特別企画
        独学て合格を手にする 

※今回の記事は、TOITAの「航空無線通信士受
験塾」の記事を転記したものです。
これ迄、独学の難しさをお話致しました。
今回の試験で上手くいったと手応えを感じた方は
それで良いのですが、上手くいかなかった方、前
回及び前々回にお話をいたしました様に上手くい
かない方が普通
であることを理解して下さい。
重要なのは、何故、不合格になったか理解出来て
ない人は、次回も同じ結果になると言う事です。
前にもお話をしたと思いますが「失敗(不合格)は、
恥では、ない。」 と言う事です。


今回の記事は、全文を無償で公開しています。
[続きを読む]をクリックしてお読み下さい。

当塾は、今年の10月でまる12年になりました。
ここまで続けてこられま
したのは、皆様方のお陰と感謝して
います。
今後も、低価格で分かりやすい合格の為の講座を続けて
まいる所存ですので、宜しくお願いいたします。
「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えています
か?

本文には、見本部分の数倍の記事が書いてあります。
2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大変重
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、本文をお読み下さい。



[お知らせ]有料記事をお読み頂く為には、コンビニで 電子
マネーをお買い求めの上、 下記の URLをクリックしてポイ
ントを取得する手続きをお済ませください。
ポイントは、「くる天」様の有料ならではの 他のブログをお
読みになる為にもお使い頂けます。
なお、電子マネー「C-Check」は、2000円 から購入出来ま
す。

http://kuruten.jp/blog/help041.html
[続きを読む]
[カテゴリ:クラブ部室] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2020年3月3日 9時30分
TOITAの「航空無線通信士受験クラブ」第26期春休み特別企画 〜達成意欲と合格の相関関係〜
 
           第26期春休み特別企画
        〜達成意欲と合格の相関関係〜

前回、独学が難し理由の中で合格する為には、

1.やる気
2.プロのコーチ

が必要と言う事は、中学や高校・大学の受験で経験
されていると思います。
こられの事をグラフにして可視化してみましたので参
考にして下さい。
なお、このグラフは、一般的な方の場合です。

横軸は、どれだけ、実現したいかと言う意欲の強さ
を表しています。
縦軸は、合格の可能性です。



今回の記事は、全文を無償で公開しています。
[続きを読む]をクリックしてお読み下さい。

当塾は、今年の10月でまる12年になりました。
ここまで続けてこられま
したのは、皆様方のお陰と感謝して
います。
今後も、低価格で分かりやすい合格の為の講座を続けて
まいる所存ですので、宜しくお願いいたします。
「時は、金なり」と言いますが、50円を有効に使えています
か?

本文には、見本部分の数倍の記事が書いてあります。
2月期の試験は、航空大学校の入学や就職にと大変重
な試験になります。
独学が難しい事は、特集記事でお話した通りです。
試験迄は、思った程、時間がありません。
時間を無駄にして後悔されない様、本文をお読み下さい。



[お知らせ]有料記事をお読み頂く為には、コンビニで 電子
マネーをお買い求めの上、 下記の URLをクリックしてポイ
ントを取得する手続きをお済ませください。
ポイントは、「くる天」様の有料ならではの 他のブログをお
読みになる為にもお使い頂けます。
なお、電子マネー「C-Check」は、2000円 から購入出来ま
す。


http://kuruten.jp/blog/help041.html




[続きを読む]
[カテゴリ:クラブ部室] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





 前の5件 次の5件

Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved