このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
第三部 2話【涙の再会・・・・】
[ハラベエさんの犬星☆猫星(第三部)]
2012年10月21日 0時22分の記事

ハラベエさんの犬星☆猫星
=BEEとハラベエの愛の物語= 作・原  兵 衛 

第三部 2話【涙の再会・・・・】
UPしましたー(*´∀`*)ノ

今回のお知らせイラストは
【シーズーのイラスト】
です是非見てくださいね♪

【PR】占いシステムの開発なら経験と実績があります。


ハラベエさんの犬星☆猫星の第一部〜三部の
リンクを作りました。
使ってくださいね(*´∀`*)ノ♪

☆【第0部】【1P

☆【第一部】【1P】【2P】【3P】【4P】【5P】【6P】【7P】【8P】【9P】【10P】【11P】【12P

☆【第二部】【1P】【2P】【3P】【4P】【5P】【6P】【7P】【8P】【9P】【10P】【11P】【12P】【13P

☆【第三部】【1P2P3P】【4P】【5P】【6P



ハラベエさんの犬星☆猫星
=BEEとハラベエの愛の物語= 作・原  兵 衛 

第三部 2話【涙の再会・・・・】


「B……BEEか?」
聴くまでもありません。
ハラベエさんの前に立っているのは、紛れもないBEEでした。
ちんちんのポーズで身じろぎもせず、ハラベエさんを見つめる大きな目には、溢れんばかりの涙です。
「BEE!」
ハラベエさんは、BEEを抱きあげ抱き締めました。
BEEも、ハラベエさんの顔を嘗め回し、二人の涙と唾液でべとべとでした。
やがて、一時の興奮状態から落ち着きを取り戻したハラベエさんが、BEEを優しく撫でさすっていると、リンが遠慮がちに声をかけてきました。
『感激的なご対面に水を差すようで恐れ入りますが、ここら辺りで改めてご紹介を……』
「はい、判りました」
と、BEEを下ろすハラベエさん。
向かい合わせになる二人。
『あなたに関する情報は、HPTのメンバーは全て知悉しておりますので省略させていただきます』
「は、はい」
『HPTことハラベエ・プロジェクト・チーム、サブリーダー……、地球名BEE!』
ファンファーレの替わりでしょうか、黒い仔たちのコーラスが荘厳にひびきわたります。
威儀を正して、ハラベエさんに歩み寄り徐に挙手、敬礼すると、
『お父さん、宜しくお願いします』
 と、記念すべき第一声を発しました。
 いい間で、忍び込んでくるコーラスが、ハラベエさんの感激をいやが上にも増幅します。 
将に、ハラベエさんにとって記念すべき、BEEの第一声が、脳内の会話装置によって、伝達されたのです。
 いささかの違和感もなく、BEEの言葉は、ハラベエさんに吸い込まれていきました……言葉として聞こえてくるでもなく、文字で見えるでもないのに、明瞭に相手発言の内容を、汲み取る技術はショウちゃんとの間で重ねてきた会話の中で、十分に習熟して居るハラベエさんにしてみれば、難しい作業ではありません。
 しかし、以前二人の間で交わしていた会話は、断片的にハラベエさんが発する指令乃至命令形の短い言葉と、BEEの唸り声や吠える声あるいは噛む舐める……そして尻尾で表現するするリアクションでした。
 それだけでも。十分だった二人の間の意思疎通の手段として、新たに会話が加わるのです。
(BEE!)と抱き締めて、胸に堪っていた想いを一気に爆発させるつもりのハラベエさん……爆発したのは、同じ言葉の羅列でした。
(BEE!……BEE!……BEE!……BEE!……BEE!)
 と、抱き締める腕から漸く逃れたBEE、
『お父さん!……BEEばっかりじゃないか……他に云うことはないの?』
 (いっぱいある……BEEは?)
『あるとも』
 (云ってごらん)
『はい』と、胸に飛び込んで、
『お父さん!……お父さん!……お父さん!……お父さん!……お父さん!』
(BEEも、お父さんばっかりじゃないか)
『いけねえ』
 しとど涙に濡れながら……大笑いする二人でした。
リンを初めとする居合わせたメンバー、微笑む者、涙をにじませる者、様々ですがみなそれぞれに温もりを感じていたようです。
 リンが、その場の全員に生まれた、微妙な雰囲気を、タイミングよくとらえ本来の業務に話題を戻しました。
『リーダー、間もなく出発の時刻になります、当、HPTの今後の行動予定と行動開始に際して心得るべきことなど、チーム全員へのご訓辞を賜りたいと存じます。』
と、威儀を正して言うと、床面を指差しました。
すると、白い床面の一部がせり上がって、、後部に三段ほどの階段がついた、演壇が設えられました。
 シーズー犬のBEEの、身長体重は、メンバー全員の平均値を大幅に下回りますから、演壇が低いと、まるで谷底から命令が発せられるようで迫力に欠けます。
 そこで、全員をやや見下ろす視線で、訓辞できる高さに調節してあり、リンに促されて、演壇上に立ったBEEの辺りを睥睨する凛とした姿は……我が子ながら天晴れと、口を極めて褒めそやしたくなるほど立派なものででした。
 思わず溢れる涙を慌てて拭うハラベエさんでした。
『栄光ある、ハラベエ・プロジェクト・チームのメンバー諸君、このHPTのチームリーダーをおおせつかりました、認識番号SZB08409616地球名BEEであります……前任者に比して、まことに非力未経験ではありますが、情熱とと勇気は十二分に持ち合わせております……諸君のお力添えを頂きながら、当プロジェクトの行動目的に資する為、全力を傾注する覚悟です……宜しくお願いします』
 ハラベエさんの熱烈な拍手に誘われて、メンバーたちの拍手そして拍手。
 両手を差し伸べて制止するとBEEは続けます。
『HPTの最終目的地は、犬星の聖地とされ、有史以来未調査のまま残されているシークレットゾーンであります』
 メンバーの間を微かなざわめきが走ります。
『但し、最終目的地に直行はしない……当チームは犬星猫星連合防衛軍の一翼を担う遊軍として、惑星間の平和維持のための奔走を、その存在価値の第一義とする……つまり、この宇宙でなにか揉め事があったら、いちばん先に駆け付けると云うことだ……宇宙の救急車ともいえる』
 歓声が挙がります。
『これは、ハラベエさんに、宇宙の成り立ちから現状について、早急に学習していただく応急処置であって、その必要なしと、
ビッグ・ドッグが判断を下したとき、最終目的地に向かう』
 BEEは、敬礼で訓辞を締め括り。演台を下りました。
『お父さん、お待たせしました……そういうことです』
 (わかりました)
 と、全てお任せのハラベエさん。 
 リンの指先が、一閃しました。
 平常はリーダーの司令室に於ける定位置に、先ほどの演壇より少し小振りの、BEE専用の指揮台と、ハラベエさん用に用意された椅子が、二つ並んで白く浮かび上がりました。
 瞬時といえど離れていたくない、そんな二人の想いをおもんばかっての措置でした。
 久しぶりに会ったBEEと、手を相携えて訪れる未知の世界は、不安や恐怖といったマイナスの要素は一切無く、全てバラ色の世界と思えるほどに、ハラベエさんの精神状態は、昂揚していました。
 突然、鋭い電子音が鳴り響き、白い船内全体に、様々な色彩の照明が明滅しました。
緊張し、四肢がこわばるハラベエさんに、BEEが話しかけます。
『心配ないよ……緊急時以外の連絡事項は、今のように、電子音でのモールス信号と、照明の明滅で伝えるシステムなんだ』
(何?……モールス信号)
 最新科学の粋を集めた筈の宇宙船に、モールス信号?

ハラベエさんの犬星☆猫星の第一部〜三部の
リンクを作りました。
使ってくださいね(*´∀`*)ノ♪

☆【第0部】【1P

☆【第一部】【1P】【2P】【3P】【4P】【5P】【6P】【7P】【8P】【9P】【10P】【11P】【12P

☆【第二部】【1P】【2P】【3P】【4P】【5P】【6P】【7P】【8P】【9P】【10P】【11P】【12P】【13P

☆【第三部】【1P2P3P】【4P】【5P】【6P



→ハラベエさん徒然草ヘ〜




ランキング参加中
ポチっとお願いします〜(*´д`*)ノ
くる天 人気ブログランキング

にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへにほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ シーズーへ




フルーツメール











このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
http://kuruten.jp/blog/tb/oguniworld/225310
くる天
プロフィール
〜OGUNI・WORLD〜-ブロくる
ハラベエ さん
〜OGUNI・WORLD〜
地域:大阪府
性別:男性
ジャンル:趣味 漫画・小説
ブログの説明:
〜ハラベエさんの☆犬星・猫星☆〜
シーズの愛犬BEEとハラベエを取り巻く生き物たちとの、
出会いと別れを描いた感動、ファンタスティック・ノベルです。

☆【小説】ハラベエ

☆【イラスト&編集】aiana
アクセス数
総アクセス数: 64322
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 4
カテゴリ
全て (86)
ハラベエさんの犬星☆猫星(第一部) (13)
ハラベエさんの犬星☆猫星(第二部) (13)
ハラベエさんの犬星☆猫星(第三部) (14)
ハラベエさんの犬星☆猫星(第四部) (8)
ハラベエの徒然草 (5)
イラスト (15)
お知らせ (7)
お気に入り動画 (0)
写真色々 (9)
ランキングバナー
ランキング参加中です、 ポチッとお願いしま〜す(≧∇≦)ノ
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ
にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
最近のコメント
第四部 8話【ハラベエの学生時代3】(つねさん)
第二部 6話【ショウちゃんとの再会。】(ガンガンガン速)
第二部 6話【ショウちゃんとの再会。】(ハラベエ)
第二部 6話【ショウちゃんとの再会。】(ガンガンガン速)
ハラベエつれづれ草 ? 1(ぽん太)
最近の記事
08/11 01:53 第四部 8話【ハラベエの学生時代3】
08/01 04:16 第四部 7話【ハラベエの学生時代2】
06/01 05:08 第四部 6話【ハラベエの学生時代】
05/13 22:15 第四部 5話【ハラベエ プロの門を叩く?】
05/03 01:35 第四部 4話【チビクロ】
リンク

ミヤコ蝶々記念館
本田ステージプロデュース
動画検索サイトWoopie
バナー置き場



Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved