このブログのトップへ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
第四部 6話【ハラベエの学生時代】
[ハラベエさんの犬星☆猫星(第四部)]
2013年6月1日 5時8分の記事

ハラベエさんの犬星☆猫星
=BEEとハラベエの愛の物語= 作・原  兵 衛 
第四部連載開始!
第四部 6話【ハラベエの学生時代】
UPしましたー見てね(。・ ω<)ゞ♪

☆今回のお知らせイラストは
【メイクイーン】(´∀`)ノ


【PR】システム構築、ソフトウェア開発はイーステムにお任せ下さい


☆【第0部】
1P

☆【第一部】
1P】【2P】【3P】【4P】【5P】【6P】【7P】【8P】【9P】【10P】【11P】【12P

☆【第二部】
1P】【2P】【3P】【4P】【5P】【6P】【7P】【8P】【9P】【10P】【11P】【12P】【13P

☆【第三部】
1P】【2P】【3P】【4P】【5P】【6P】【7P】【8P】【9P】【10P】【11P
12P



ハラベエさんの犬星☆猫星
=BEEとハラベエの愛の物語= 作・原  兵 衛 

第四部 6話【ハラベエの学生時代】


『バッズ・アンド・ボウ』に始まって氾濫したカタカナの歌。
『テネシー・ワルツ』『泪のワルツ』『イフ』『ツーヤング』『モナリザ』
『プリテンド』『ジングルベル』『ホワイトクリスマス』
何となく、原語で口ずさめる歌は、枚挙に暇がありません。
『ファイブペニー』『ジョニイギター』『黄色いリボン』『二人でお茶を』
『ドリーム』
いろいろ出てきます。
題名が出て来ずに、詞をおぼろげに覚えている歌もあります。
『オー マイラブ マイダーリン……』『シャドウスフォル オンザプレイリー……』『アンカー ザ ウエイマイボーイ……』『オーマイライフル マイポニイ アンミー……』『ザ スカイ ウォズ ブルー……』
まだまだこんなものではありません……どうして今頃こんなものががと思われる歌が、突如口からを飛び出して吃驚することがあります。
まだ脳細胞に活力があった頃記憶したものは、歌に限らず、丸暗記した勅語や名言集なども、年を経た今も鮮明に想起しますが、どうやら許容量があるらしく、ある時期から急激に記憶力が減退するようです。
覚えている歌を流暢に唄ってみせ、得意げになつているが次の瞬間、つい先日の出来事についての質問にしどろもどろになるのが、日常茶飯事です。
辛うじて、カタカナの記憶は健在と思っていますが、これも年々歳々別れの時が迫っているようです。
本人には無断で、記憶の奴めは、バイバイと手を振って、遠ざっかていくようです。
引き止めようのない辛さ寂しさは、恰も去り往く愛しい彼の後ろ姿を見送る乙女の心境ですね……口惜しいッ!
演劇活動、ジャズへの傾倒のみの高校生活が終わりを告げ、受験の季節がやってきました。
卒業生が九割を占める進学生の一人となって、受験勉強に励みましたが、勉強不足を露呈して、一夜漬けでは無理、しかも志望校が……薬剤師の父元看護婦の母の切なる希望の医学部……とあって、当然のように不合格でした。
唯一、医学部以外に受験した早稲田の演劇科、かろうじて第二次の面接まで進みましたが、試験官に、英語の成績が悪いのを指摘されました。
『肝心の日本語さえ、満足できないのに、英語までは……』
 と、居直ったのがマイナスだったのでしょうか、ペケ。
 浪人生活に入り、春先から夏にかけて、当時国立秋田病院から、羽後本荘(現由利本荘市)の秋田療養所に赴任していた父の官舎で過ごしました。
 その頃兄は、中央大学法学部を卒業して、秋田裁判所の書記見習いのような仕事しながら、司法試験に備えていましたが、ハラベエさんと違って努力型、学生時代のバイトの無理が祟ってのことでしょうか、肺結核を発症して、父が勤務する秋田療養所に入所していました。
 暢気なハラベエさんも、一家の空気の停滞に発奮して、来春の受験に備えるため、上京して予備校にはいることにしました。
 漸くその気になったかと喜んだ父は、しるべを頼って、寄宿先を用意してくれました。
 寄宿先一 父が可愛がっていた若いプロパー、地方出張で留守が多い、東中野の二間続きのアパートの一室……広さもあり快適だったが、留守がちとはいえ一週間に一度は帰宅、その際必ず恋人を連れてくるので、襖越しの気配を避けて、その都度外出する生活に耐えかねて退散。
 寄宿先二 明治乳業の重役の世話で、吉祥寺の販売店の二階。次いでのことにバイトもと欲張ったのが間違い、牛乳配達に出たのはいいが、牛乳瓶を落とし慌てて拾おうとして、割れた瓶の鋭い破片で親指を傷つけ、怖れおののいて三日で退散。
 寄宿先三 オロナインでおなじみの大塚製薬の工場長さんかなにかの邸宅。
大森にあったそのお屋敷の新入社員の寮の一室だったが、毎日規則正しい生活をしている同居者たちの眼には、同じ年頃の男がぶらぶらしているのが目障りだったのでしょう、白い眼と友達の出来ぬ生活から、一週間足らずで逃げ出しました。
 これ以上父にも相談できず、頼ったのは高校の先輩のクマさんでした。
 えごたと濁る練馬区江古田ではなく、えこだの中野区の江古田です。
 西武線の沼袋下車、商店街を北上して、四つ角を東に折れると、道の北側に横山さんという文房具店がありました。  
その横山さんの八畳に四畳の次の間付きの離れに、クマサンは千葉さんと二人で間借りしていました。
話しをするとクマサンは快諾、というより大歓迎でした。
部屋は三人で住むには十分でしたし、家賃の割り前が減るからです。
早速ハラベエさんは転がり込みましたが、居心地は抜群でした。間もなく、大家の横山さんの長男が、三人の部屋を夕方のひととき整頓して学習塾を開くことになり、三人を講師として雇い、僅かながら講師料が出るようになりました。
こうして、クマサンは大学に通いながら……千葉さんは二年連続の浪人でハラベエさんと、机を並べて受験勉強、予備校には行かず塾の講師を続けましたが、法大生と浪人二人の講師陣ではいかにも手薄、一年で消滅しました。
部屋を整頓する必要がなくなると散らかし放題、ゴミの山の中での生活でした。
三人の生活はそれぞれの家元から仕送りに支えられていましたが、当時の学生にとってはまあまあの金額でした。
しかし、あれば、ありったけ遣ってしまう無鉄砲な若い者の集団です、三人への仕送りが、適当な日にちをおいて別々に届くので安心感もあったのでしょう、結構贅沢な外食が続き、自炊するにしても、食材を豪華に買い込んだものでした。
勿論長続きはしません、月に三度は必ず訪れて三人が『氷河期』と、称していた時期には、質屋通いをし、馴染みになると学生相手に優しくしてくれる主人に甘えて、時計などは当然のように、学ランから布団毛布そして革靴に至るまで質草にしたものです。
そうこうしている内、三人が麻雀を覚え、あっという間にのめり込み、沼袋から一駅先の野方の住宅街にあるしもた屋風の雀荘に通い、連日近所のおじさん小母さん相手に、連戦連勝しました。
なんせ、三人の内一人でも勝てばトントン、二人浮けば儲けになりますし、それが毎日続くのですから、深夜江古田まで儲けた金を数えながら歩いて帰る
道々、『らっきー』『ゴーフオーブローク!』と怒鳴ったり、『俺たち 麻雀 ジャイアンツ』と、その頃常勝軍団だった巨人軍になぞらえたり、何故もっと早くこの手に気がつかなかったのかと、本気で後悔したものです。
でも、こんなことが長続きするものではありません。
当初は、三人それぞれ時間を変えて入店したものです。
三人がぐるだと思われないよう、無関係を装っていましたが、インチキを働くまでもない相手が多かったので、まともに戦い勝ち続けました。
そこで、つい気を許し、あえて隠す必要はないと、思ったのが浅はかでした。
三人が友達と知って、他の客の見る目が変わり、やがて三人は、奥の一間に誘われました。
その部屋には先客が居ました。
毎日、日に一度は店に顔を出し、店主と会釈を交わすと、常連客たちと一言二言世間話をして去って行く。
ハラベエさんたちのような素人から見ても、それと判る用心棒の中年男です。
男は、いつもは目立たぬようにしているモンモン(刺青)を、殊更に目立つようたくし上げた袖、ゆるめた襟元から覗かせて、肘枕で寝そべっています。
そして、一言。
『……指がねえと不便だぜ』
と、呟いて、懐中の、一見それと判る匕首の白鞘を撫でさすっています。
まるで安物のやくざ映画の一シーンといったところですが、三人は将にパニック状態、やたらに『すいません』『ご免なさい』を連発、這々の体で、辛うじて持ち出せた靴を手に、裸足で雀荘から逃げ出しました。
肝を冷やしましたが懲りる連中ではありません。
クマさんの大学の周辺から神田界隈の、学生街の雀荘を主戦場に、まあまあの稼いだものです。
一人の時もありましたが、三人揃ってが主で、時によっては同じ卓になることもありましたが、二人トータルで+の可能性があるので、二人の内一人がトップになるよう工夫しました。
麻雀に無縁の方にはちんぷんかんぷんな話題ですが続けます。
『リー or リーチだ or リーチ』
テンパイしてリーチをかける時、上記の三種類の発声を使い分けて、仲間が振り込まないように、あるいは振り込ませるようにサインを出すのです。
自分がその時トップなら、他のメンバーからロンした方が、+が上積みされるし、他のメンバーがトップ候補の場合は、仲間が振り込んで逆転トップを狙うのです。
『リー』はマンズ,『リーチだ』はピンズ、『リーチ』がソーズ。
加えて、リーチの牌を、前の捨て牌の上部にはみ出すように並べたら、147の筋・きちんと並べたら258,下部にはみださせたら369です。
他の牌に触れずに置いたら、風牌。
こんなイカサマというにはいかにも初歩的な方法が、意外にも功を奏し、少額ながら、三人トータルでほぼ連日+でした。
その他、指の関節や、身体の一部指し示してテンパイを報せるなど、いろいろ工夫しましたし、あぶれて見物に廻った時など、仲間との対局者のテンパイを報せるなど、イカサマは多岐にわたりましたが、実行したのはリーチの際のサインぐらいのものでした。
それにしても、麻雀にのめり込んだ受験生、将来は見えてます。
千葉さんは、それでも従来の志望を変えることなく三度不合格。
ハラベエさんは、医学部など以ての外、先年不合格だった早稲田ははなっから諦めて、というより……一回断られたところなんか、今度はこっちがお断り、とばっかりに無視。
結局明治大学の演劇科に入ったものの、授業料を5年間納め続けたのに、0単位で中退となり……まあ、今回はこの辺にしておきましょう。

 
ランキング参加中
ポチっとお願いします〜(*´д`*)ノ

くる天 人気ブログランキング



にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへにほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ シーズーへ



フルーツメール




















 

このブログへのチップ   0pts.   [チップとは]

[このブログのチップを見る]
[チップをあげる]

このブログの評価
評価はまだありません。

[このブログの評価を見る]
[この記事を評価する]

◆この記事へのコメント
コメントはありません。

◆コメントを書く

お名前:

URL:

メールアドレス:(このアドレスが直接知られることはありません)

コメント:




◆この記事へのトラックバック
トラックバックはありません。
トラックバックURL
https://kuruten.jp/blog/tb/oguniworld/255513
くる天
プロフィール
〜OGUNI・WORLD〜-ブロくる
ハラベエ さん
〜OGUNI・WORLD〜
地域:大阪府
性別:男性
ジャンル:趣味 漫画・小説
ブログの説明:
〜ハラベエさんの☆犬星・猫星☆〜
シーズの愛犬BEEとハラベエを取り巻く生き物たちとの、
出会いと別れを描いた感動、ファンタスティック・ノベルです。

☆【小説】ハラベエ

☆【イラスト&編集】aiana
アクセス数
総アクセス数: 65167
今日のアクセス: 1
昨日のアクセス: 6
カテゴリ
全て (86)
ハラベエさんの犬星☆猫星(第一部) (13)
ハラベエさんの犬星☆猫星(第二部) (13)
ハラベエさんの犬星☆猫星(第三部) (14)
ハラベエさんの犬星☆猫星(第四部) (8)
ハラベエの徒然草 (5)
イラスト (15)
お知らせ (7)
お気に入り動画 (0)
写真色々 (9)
ランキングバナー
ランキング参加中です、 ポチッとお願いしま〜す(≧∇≦)ノ
にほんブログ村 小説ブログ ファンタジー小説へにほんブログ村 イラストブログ 動物イラストへ
にほんブログ村 犬ブログへにほんブログ村 犬ブログ シーズーへ
最近のコメント
第四部 8話【ハラベエの学生時代3】(つねさん)
第二部 6話【ショウちゃんとの再会。】(ガンガンガン速)
第二部 6話【ショウちゃんとの再会。】(ハラベエ)
第二部 6話【ショウちゃんとの再会。】(ガンガンガン速)
ハラベエつれづれ草 ? 1(ぽん太)
最近の記事
08/11 01:53 第四部 8話【ハラベエの学生時代3】
08/01 04:16 第四部 7話【ハラベエの学生時代2】
06/01 05:08 第四部 6話【ハラベエの学生時代】
05/13 22:15 第四部 5話【ハラベエ プロの門を叩く?】
05/03 01:35 第四部 4話【チビクロ】
リンク

ミヤコ蝶々記念館
本田ステージプロデュース
動画検索サイトWoopie
バナー置き場



Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved