ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
くる天
プロフィール
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局-ブロくる
板垣英憲 さん
板垣英憲(いたがきえいけん)情報局
地域:埼玉県
性別:男性
ジャンル:ニュース 政治・経済
ブログの説明:
世界の政治・軍事・経済・金融を支配するパワーエリートの動きやその底流で行われている様々な仕掛けなどを中心に、重要情報(特ダネ)をキャッチして速報する。板垣英憲の過去著書も連載します。*定期購読月額1000円
板垣英憲マスコミ事務所
http://www.a-eiken.com
カテゴリ
全て (4732)
米国在住の個人投資家satoko女史 (51)
『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) (5)
『ロックフェラーに翻弄される日本』(2007年11月20日刊) (49)
『本当は怖い漢字』から学ぶ「権力と民との怖ろしい関係」 (61)
姓名判断 (1)
『自・社連合が小沢一郎への逆襲をはじめた』1994年7月30日刊 (51)
『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著 (151)
『平成動乱 小沢一郎の野望『』1993年9月25日刊 (114)
『小沢一郎という男の野望』1992年8月15日刊 (51)
お知らせ (63)
定期購読の方法 (1)
アクセス数
総アクセス数: 2594280
今日のアクセス: 542
昨日のアクセス: 637
RSS
カレンダー
<<2022年02月>>
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728     
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。
ブログ内検索

2022年2月28日 7時0分
バイデンはプーチンに戦争の口火を切らせ、習近平はプーチンの背中を押した。ゴールドマン・ファミリーズ・グループは「ウクライナ侵攻」を想定し、「スイフト」システムを大幅に変更している。
 
バイデンはプーチンに戦争の口火を切らせ、習近平はプーチンの背中を押した。ゴールドマン・ファミリーズ・グループは「ウクライナ侵攻」を想定し、「スイフト」システムを大幅に変更している。

◆〔特別情報1〕
 これは上皇陛下の側近で、MSA資金の最終承認者である吉備太秦からのウクライナ情勢についてのトップ情報である。
 ウクライナ情勢は、想定以上に展開が早い。キエフ制圧は時間の問題だ。これは、紛れもなくロシアによる「ウクライナ侵攻」だ。戦争を回避するはずだったプーチンだが、ただの人殺しになってしまった。なんの大義名分もない。この先の展開としては、プーチンは失脚するだろう。ロシアが世界に輸出しているものは、農作物と天然ガスくらいしかない。ウクライナ侵攻により、ロシア株もルーブルも、半分以下に下がってしまった。ロシア国民の生活は、もはや成り立たない。もちろん欧米にも影響は出る。特にヨーロッパはロシアからの天然ガス供給が止まり、ロシアから農作物が入ってこないといった影響は出るけれども、しかしそれは一時的なことになる。というのも今回、ロシアがウクライナを侵攻するということを想定し、ゴールドマン・ファミリーズ・グループは、国際的な経済制裁の影響を受けないように、国際送金システム「スイフト」を大幅に変更している。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年2月27日 7時0分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  附録第三 シオンの議定書  第十五議定書 (3)
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著
 附録第三 シオンの議定書

  第十五議定書 (3)


前回からのつづき

 吾々の裁判官は五十五歳に達すれば現職を退くのである。その理由は、第一に老人は兎角先入観に捉はれ易いのと、新秩序に容易に従ひたがらない、第二には吾々の言ふことを聴く人々の人事を刷新するに役立つからである。現位置に止りたいものは何でも服従しなければならね。
 概して言へば吾々の裁判官は人を處罰し、法律を強制しなければならぬこと理解してゐる人々の中から選ぶのであって、ゴイムが現在考へてゐる様に政治の意義を無視して、自由主義の夢に任かせて歩く様なことはしない人でなければならぬ。屡々人事の異動を行ふ方式は役人の間に堅い結束の起るのを豫防し、彼等の運命の懸る政府の利盆に彼等を結び附ける。最も若い裁判官には吾々の人民相互の蔵に設ける秩序を害する虞れのある弊害を看過しない様に教育する必要がある。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2022年2月26日 17時3分
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著  附録第三 シオンの議定書  第十五議定書 (2) 
 
◆「猶太思想及運動」〈下〉四王天延孝陸軍中将著
 附録第三 シオンの議定書

  第十五議定書 (2)


前回からのつづき

 吾々の古代の長老は如何に先見の明があつたか、彼等は、重要な目的を達する為には手段にこだわったり、その目的達成の為に供する犠牲などを勘定してはならぬ、と言ふたのである。吾々は小粒の家畜たるゴイムの犠牲は勘定しなかった。吾々自身多くの犠牲を出したが、その代り吾々の民族が夢にも想はなかった地位を獲得出来た。吾々の犠牲の数は比較的には餘り多くないが之に由(よっ)て民族の破滅を免れ得たのである。
 何人も避け得られない終局は死である。であるから、新秩序の建設者たる吾々自身が死ぬよりも先づ、吾々の仕事をごたつかせる人々の死を早めてやった方が宜しい。
[続きを読む] 定期購読記事
[カテゴリ:『猶太(ユダヤ)思想乃運動』」四王天延孝著] [コメント (0)]



2022年2月25日 19時16分
ウクライナ侵攻は、一歩間違えれば世界大戦に拡大する可能性がある。先に攻撃を始めたのはウクライナ軍であり、親ロシア派を守るためにプーチンはロシア軍を進軍した。これをメディアは「ロシア侵攻」と報じた。
 
ウクライナ侵攻は、一歩間違えれば世界大戦に拡大する可能性がある。先に攻撃を始めたのはウクライナ軍であり、親ロシア派を守るためにプーチンはロシア軍を進軍した。これをメディアは「ロシア侵攻」と報じた。

◆〔特別情報1〕
 これは国際的な特殊機関と繋がっている情報通からの、ウクライナ特別情報である。
 ウクライナ侵攻は、一歩間違えれば世界大戦に拡大する可能性がある。ロシアはウクライナ東部の親ロシア派「ドネツク人民共和国」と「ルガンスク人民共和国」の独立を承認した。しかし、先にこの親ロシア派地域に軍を終結させ攻撃を始めたのはウクライナだった。親ロシア派を守るためにプーチンはロシア軍を進軍したという順序だ。これをメディアは、「ロシア侵攻」と大々的に報じた。プーチンとしては、天然ガスの得意先である西側諸国といい付き合いをしてきていたため、できればその関係を壊したくはないし、そもそもプーチンは西側諸国と戦争するほどバカではないはずだった。これにはユダヤ問題が大きく絡んでくる。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]



2022年2月24日 15時59分
トルドー大統領は緊急事態法をやめると宣言。トルドー辞任はカウントダウンに入った。カナダの自由を求める抗議運動は、世界中に広まっており、アメリカではトラック軍団もすでにカリフォルニアを出発した。
 
トルドー大統領は緊急事態法をやめると宣言。トルドー辞任はカウントダウンに入った。カナダの自由を求める抗議運動は、世界中に広まっており、アメリカではトラック軍団もすでにカリフォルニアを出発した。

◆〔特別情報1〕
 これは、在米30年超の個人投資家satoko女史からの特別情報である。
 2022年2月22日も過ぎて、世界を良い方向にひっくり返すための劇場も終盤に入った。カナダから始まった人々の覚醒は、止まることを知らず、世界各地に広まっている。抗議運動の広まり方の方が、コロナの感染力よりずっと強力だ。もっとも、世界の中でも、特に注目するのは、アメリカと、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、イギリスのいわゆる「ファイブ・アイズ」の英連邦の国々だ。エリザベス女王死亡のニュースもやっと解禁になり、これからこれらの国々の政体も変わる。カナダでの先週の緊急事態法の違法な発動から、トルドーと副首相のクリスティア・フリーランドは、政府がダボスからの命令で動いているのを証明している。先週の土曜日は普段通り、多数の人が議事堂周辺に集まった。夜は、一晩中花火で、大パーティー会場となっていた。オタワ市警の警察官は辞職、病欠、職務放棄で、一般市民を取り締まる気はない。そこで、日曜日からは、外部から得体の知れない武装警官を連れてきた。所属を示すバッジがない人たちだ。普通の警官も、遠方から待遇を良くして連れてきた(特別勤務手当や、豪華ホテルに滞在など)。オタワのことなど、全く知らない警官だ。その上に、どうやら地下の軍事基地からも特殊部隊を連れてきているらしい。そういう人たちが、市民に暴力を加えた。
[続きを読む] 定期購読記事
  [コメント (0)]




  次の5件
最近の記事
10/06 23:39 もはや個々の議員が統一教会と関係を絶つこと以前に、自民党が統一教会と縁を切らなければならない。しかし岸田総裁では出来ない。そもそも統一教会は平気で嘘をついてきた。だから嘘で乗り切れると思っている。
10/05 21:05 ロシアとウクライナの実際の戦争は終わっているという話が出始めている。結局、朝鮮戦争と同じで、現状でとりあえず線引きをして停戦ということになる。それを公に発表するタイミングは11月だという。
10/04 22:35 日本維新の会と立憲民主党の電撃ともいえる「共闘」の背景には、「菅グループ」立ち消えがある。維新と自民の強いパイプ役だった菅前首相は、もはや政局の表舞台には立てない深刻な状況にある。
10/03 21:37 岸田政権にとって、苦境のなかでの臨時国会が始まった。岸田政権を真に追いつめているのは、旧統一教会問題、国葬、物価高ではなく、アフリカ支援を約束した約4兆円が一番の火種として大問題となっている
10/02 13:00 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第1章 経済・社会を建て直す 規制緩和政策を推進する
10/01 12:10 ◆『小沢一郎の時代』(1996年2月6日刊) 第1章 経済・社会を建て直す 小沢一郎の危機意識
09/30 21:58 安倍元首相「国葬」が終わり、自民党内は総裁選になるかもしれないと騒めき始めている。統一教会問題も収束の目途が立たず、岸田政権では統一地方選挙は戦えないとの地方の声が大きくなり始めている。
09/29 20:21 金融メルトダウンの第1歩を踏み出した。これと歩調を合わせるように、ロシアのガス・パイプライン、ノルド・ストリームの1と2が爆発音2回の後にガス漏れ。今週末には中の天然ガスは空っぽになる
09/29 20:00 米国在住の個人投資家satoko女史からの過去レポート一覧
09/28 19:55 国民世論を二分するなか岸田首相の強行で行われた安倍元首相「国葬」、情感のこもった菅前首相の弔辞が、昭恵夫人ばかりかマスコミ関係者の涙まで誘い、一転「菅勉強会」立ち上げで政局突入か
最近のコメント
旧統一教会が「教会改革推進本部」設置を発表した。しかし、構造的に改革しなければならない問題は、信者から集めた献金の大半が韓国の本部に流れていること。韓国本部も、この点を最も警戒している。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
自民党は安倍銃撃で開いた空白を目掛けて、森喜朗が麻生太郎に忍び寄り、「森・麻生体制」の院政が敷かれつつある。まさに薄汚れた自民党。安倍の「国葬」の後は、自民党の「酷葬」が待ち受けている。(Lightworkers)
安倍晋三元首相は、統一教会の命令に従って、「自衛隊」明記の憲法改正草案をつくっていたという。正確には、統一教会・勝共連合がつくった改正案をそのまま自民党の改正草案にしていた。(Lightworkers)
岸田首相は、コロナ陽性になったと言っているが疑わしい。熊本の後援会長が統一教会関連団体の議長だったことが文春から出ることがわかっていたので、追及から逃げるためにコロナになった?(Lightworkers)
国葬の理由は、総理を長くやったからだけ。しかし安倍長期政権は「モリ・カケ・サクラ」疑惑にまみれた「悪政長期政権」という見方が多い。これを無視して国葬を強行すれば安倍に続く次の災いを招きかねない。(Lightworkers)
岸田政権は、いろいろと名目をつけてどんどん閣僚の数を増やしていく。当然、旧統一教会問題は、このままウヤムヤにしていくつもりだ。しかし、自民党政治が、統一教会の悪の根源といっていい。(Lightworkers)
旧統一教会と接点のある自民党議員は、教団と関係することで、党員ノルマ「1000人党員獲得」についても尽力してもらっているのではないか。自民党議員だけでなく党員の多くが教団信徒の可能性もある。(Lightworkers)
日本の統一教会では、安倍元首相との関係性について無かったものにしようと、火消しに躍起になっているというのに、韓国の統一教会のイベントでは、大々的に追悼をして、ズブズブ関係を世界に証明したも同然。(Lightworkers)
いまや米国にとって統一教会は不要な存在となり、早く潰さなければならない話になっている。統一教会と関係が深い自民も維新も崩壊し、次の政権では、仏国にあるような「反カルト法」ができるだろう。(Lightworkers)

Copyright (c) 2008 KURUTEN All right reserved