ブロくるトップ こんにちは、ゲストさん  - ログイン  - ヘルプ  - このブログを閉じる 
2022年12月1日 22時42分
金平 茂紀さんについてとても良い記事
 
以下の記事は、ジャーナリストの金平茂紀さんが国会内で開かれたシンポジウム『公共放送NHKはどうあるべきか』に出席し、NHKをはじめとしたメディアの危機を訴えたことを報じています。金平さんはこのシンポジウムで、市民のために市民が運営するNHKが、アベスガ時代以来、官邸の言いなりになっている状況を憂い、問題視する発言をしています。まったくその通りでしょう。

・ 『金平茂紀氏がロシア侵攻で撤退したNHKなど日本のメディアを嘆く「恥を知れ」』(2022年9月1日 東スポ)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年11月30日 22時30分
ザ・フナイ 2023年1月号の巻頭対談に掲載されました
 
舩井総研の舩井勝仁さんとの対談が『ザ・フナイ 2023年1月号』の巻頭に掲載されました。テーマは『2023年はどんな世界になるか』で内外情勢について、忌憚なくお話しをさせて頂きました。

『ザ・フナイ 2023年1月号』
[続きを読む]
[カテゴリ:ザ・フナイ] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年11月30日 22時21分
自民党とは犯罪者集団なのか?
 
自民党の長野県議が妻殺害容疑で逮捕という信じられないニュース。自民党の政治家の劣化が極めて激しくなっていますが、殺人まで侵す現職議員というのは、さすがに唖然とします。この事件、逮捕までどうして1年もかかったのか、とても不思議に思います。


・ 『《W不倫でトラブルか?》「女癖の悪さは誰も否定できない」妻殺害容疑で逮捕の長野県議(48)が夜の街で見せていた“別の顔”「事件後も何事もなかったかのように…」』(2022年11月30日 文春オンライン)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年11月13日 23時54分
自民党の国民に対する不誠実が目立つ
 
法相の葉梨氏が辞任しましたが、わざとやっているのかと言うほどのお粗末ぶりです。自民党の劣化が激しい。

・ 『足をテーブルに乗せて…辞任意向の葉梨法相「ヒドすぎる評判」』(2022年11月11日 フライデー)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年11月5日 23時39分
北朝鮮のミサイルの意味
 
北朝鮮がさかんにミサイルなどを飛ばしています。そのことについて少し書きましょう。

・ 『“北朝鮮 きょう午前 黄海に向け弾道ミサイル4発発射” 韓国軍』(2022年11月5日 NHK)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年10月30日 22時33分
ペロシ邸襲撃という事件の本質は世界情勢を考えないとわからない
 
ペロシ米連邦下院議長の自宅が襲撃を受けたと報じられています。ペロシについては私がこれまで『戦争屋』と評してきました。無論、その評価は変ることはありません。そして、今回の犯人はトランプ支持者。リベラルでハツラツとした女性で、反トランプの旗頭であるペロシ下院議長が、『狂ったトランプ(支持者)』に襲撃された。トランプ(支持者)とはなんて暴力的で無法者なのか、クリーンなリベラルの米民主党は狂ったトランプのいつも被害にあっているということが、この事件のメッセージです。このニュースを観て、11月8日の中間選挙は、すでに言われているように、民主党がそうとう劣勢なのだと改めて思いました。

・ 『男がペロシ下院議長宅を襲撃、夫に重傷 トランプ氏の不正主張支持、中間選挙に影響も』(2022年10月29日 産経新聞)

・ 『ペロシ米下院議長の夫、自宅で襲われ重傷 狙いは議長か』(2022年10月29日 BBC)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年10月17日 23時4分
政治とは国民にとって良い結果が出ることがすべて
 
以下の記事のように、キシダ政権が統一教会について宗教法人法に規定されている『質問権』行使の調査を指示したと報じられています。キシダ政権がいよいよ動き始めたと期待感を持たれた報道やコメントが見られます。確かにそうかもしれませんが、本当のことは最後までみないとわからないと考えます。

・ 『旧統一教会問題をめぐり岸田首相が「質問権」行使の調査を指示』(2022年10月17日 NHK)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年10月15日 23時55分
国家権力・政権党との繋がりが最大の問題点
 
以下の記事のように、キシダ政権が統一教会についての解散命令請求は『慎重にすべき』と閣議決定したことに批判が噴出しています。それはそうでしょう。キシダ政権は統一教会と関係を切ることはまったく考えていないと考えます。本当に関係を断ち切ると考えているのなら、村上誠一郎さんよりも萩生田やヤマギワをまず更迭するでしょう。キシダ政権、キシダ自民党体制の本音はこの一件で明らかと考え、だからこそこのような『閣議決定』をするのです。

・ 『紀藤正樹弁護士「最終判断は裁判所」旧統一教会の解散命令請求は「慎重にすべき」との政府答弁書に私見』(2022年10月14日 中日スポーツ)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年10月10日 23時39分
ウソで塗り固めた結果、ウソのない滅亡という現実に直面しているこの皮肉 その1
 
各分野のノーベル賞が発表されています。そして、ノーベル経済学賞には元FRB議長のバーナンキが選ばれたということが、報じられています。

・ 『ノーベル経済学賞に元FRB議長・バーナンキ氏ら3人 金融危機の仕組み解明 元中銀トップ、異例の受賞』(2022年10月10日 日本経済新聞)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]




2022年10月4日 23時26分
『米国の同盟相手は「北朝鮮」』By ハリス、アメリカの副大統領
 
以下の記事のように『米国の同盟相手は「北朝鮮」』と9月29日に韓国で高らかと述べたのは、米国副大統領のハリスです。この発言、やっと『真実』を暴露した発言かと色めき立つ部分もありますが、単なる言い間違いでしょう。ただ、この言い間違いは、この世において絶対にやってはならない言い間違えトップ10に入ることですから、ハリスという政治家としてのレベルの低さは否定できないでしょう。


・ 『米国の同盟相手は「北朝鮮」 ハリス副大統領、韓国で言い間違え』(2022年9月30日 AFP)
[続きを読む]
[カテゴリ:日本の政治] [コメント (0)] [トラックバック (0)]





  次の10件
くる天
拙著のご案内
拙著で大井幸子さんとの対談本です。内容は今まで見たことのない国際情勢と世界史の分析で、これらのことが、ザ・フナイの連載に繋がり、それらをトータルでみたとき、現在の世界情勢がはっきりとわかります。当然、現在のロシア・ウクライナ情勢もこの本無しには、理解できません。是非、ご覧ください!
本ブログについて
日本と世界の政治経済の本質を読み解く-ブロくる
片桐勇治(政治評論家) さん
日本と世界の政治経済の本質を読み解く
地域:東京都
性別:男性
ジャンル:ニュース
ブログの説明:
世界は大きく変わり、新しい時代が胎動しています。しっかりと把握していますか? この時代を読み解くには歴史を見つめ、構造を把握し、パワーの心奥を見つめ哲学を持たなくてはなりません。一緒にこの新しい時代を見つめて行きましょう! 最低週1回の更新です。
プロフィール
片桐 勇治(かたぎり ゆうじ)プロフィール
1967年生まれ。東京都出身。中央大学法学部政治学科卒。高校がミッションスクールの聖学院高校で高校・大学時代は聖書研究に没頭。
大学在学中から元航空自衛隊幹部の田村秀昭元参議院議員の秘書、以来、元防衛庁出身の鈴木正孝元参議院議員、元防衛大臣の愛知和男元衆議院議員の秘書、一貫して政界の防衛畑を歩む。
2005年から国民新党選挙対策本部事務局次長、広報部長を歴任。2010年より保守系論壇で政治評論を行う。 yujikatagiri111@yahoo.co.jp
ブログ内検索

カレンダー
<<2022年12月>>
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
カテゴリ
全て (1279)
日本の政治 (1193)
ザ・フナイ (13)
中東情勢 (4)
アジア・太平洋情勢 (2)
戦争の構造 (3)
世界の読み方 (15)
書評 (1)
勉強会・講演会のお知らせ (3)
本ブログの重要記事

注目です!

「韓国のリベラルはとてもレベルが高い」(21年2月3日)←New!
「やはりイギリスが言い始めた」(21年2月4日)←New!
「東京オリンピックは2022年に開催すべき」(20年12月31日)←New!

値千金のブログ記事:岡田晴恵特任教授、国のコロナ対応に激怒!番組出演中に声を震わす 「このままだと3月4月にピークがきます」 (20年2月25日)
○本ブログ「この緊急時にこの政権の遅さは致命的? 」(20年4月16日)
○本ブログ「アメリカ政府が認定した当然のこと」(20年4月4日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月1日)
○本ブログ「朗報と考えられることと安倍政権の犯罪的な無能と愚鈍?」(20年4月4日)
「ノーベル賞受賞者が新型コロナウイルスの早期回復(終息)を予測した理由:「我々は良くなっていく」(訳文)」(20年3月23日 ロサンゼルス・タイムズ)
最近の記事
12/01 22:42 金平 茂紀さんについてとても良い記事
11/30 22:30 ザ・フナイ 2023年1月号の巻頭対談に掲載されました
11/30 22:21 自民党とは犯罪者集団なのか?
11/13 23:54 自民党の国民に対する不誠実が目立つ
11/05 23:39 北朝鮮のミサイルの意味
10/30 22:33 ペロシ邸襲撃という事件の本質は世界情勢を考えないとわからない
10/17 23:04 政治とは国民にとって良い結果が出ることがすべて
10/15 23:55 国家権力・政権党との繋がりが最大の問題点
10/10 23:39 ウソで塗り固めた結果、ウソのない滅亡という現実に直面しているこの皮肉 その1
10/04 23:26 『米国の同盟相手は「北朝鮮」』By ハリス、アメリカの副大統領
携帯用アドレスQRコード
QRコード対応の携帯で、このコードを読み取ってください。


Copyright (c) 2006 KURUTEN All right reserved